内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 5:1‐26

5  そして,イスラエル長子ルベン+ら ― 彼長子+あっが,その長いす汚しことより+,長子権利イスラエルヨセフ+与えられで,彼長子権利系図記録ならなかっある。  ユダ+は,その兄弟たち勝っなり,指導なるから出るある+,長子権利ヨセフものあっからある+。―  イスラエル長子ルベンハノク+パル+,ヘツロンカルミ+あった。  ヨエルそのシェマヤ,そのゴグ,そのシムイ,  そのミカ,そのレアヤ,そのバアル,  そのアッシリアティルガトピルネセル+捕らえ流刑処しベエラで,彼ルベンあった。  また兄弟たちは,その子孫基づく系図+記録ある彼ら氏族したがえば,頭エイエル,それゼカリヤ,  そしてヨエル+シェマアザズベラで ― 彼アロエル+住み,ネボ+バアルメオン+まで及んた。  それどころは,東は,ユーフラテス+ほとり荒野入るところまで住んだ。ギレアデ+彼ら畜類数多く殖えからある。 10  そして,サウル時代に,彼らハグル戦い行ない+,[ハグル人]は彼ら倒れた。そこで彼らギレアデ地方一帯*その天幕住んだ。 11  彼ら前方ガド+は,バシャン+住んサレカ+まで及んだ。 12  ヨエルで,二シャファム,そしてバシャンヤナイシャファト。 13  そして,彼ら父祖たち属する彼ら兄弟たちミカエル,メシュラム,シェバ,ヨライ,ヤカン,ジア,エベルあった。 14  これらアビハイルで,[順次さかのぼって,アビハイルは]フリ子,ヤロアハ子,ギレアデ子,ミカエル子,エシシャイ子,ヤフド子,ブズ子。 15  グニ子,アブディエルアヒ彼ら父祖たち頭。 16  そして,彼らギレアデ+バシャン+それ依存する町々+と,シャロンすべて牧草に,その末端まで住み着いた。 17  彼ら皆,ユダヨタム+時代イスラエルヤラベアム*+時代系図記録た。 18  ルベンら,ガド人,マナセ部族ついは,勇敢+あっこれらたち,盾携え,弓引き*,戦い訓練受けたちうち,従軍する四万四千七百六十+ 19  そして彼らハグル+と,エトル+,ナフィシュ+,ノダブ戦い行なうようなった。 20  ときに,彼ら助けられこれ当たっで,ハグルおよびこれ皆,彼ら渡さた。それ彼ら戦い援助呼び求めからあり+,彼らが[]に信頼で,[]は彼らため願い聞き入れられある+ 21  そして彼らついにその畜類+を,そのらくだ五万,羊二十五万,ろば二千,人*十万+捕らえた。 22  この戦いは[まことの]よるものだっため,打ち殺さ倒れ多かっからある+。そして,彼ら流刑までこの人々代わっ住み着い+ 23  マナセ部族+は,この住んで,バシャン+からバアルヘルモン+,セニル+,ヘルモン+まで及んだ。彼ら数多く殖えた。 24  そして,これら彼ら父祖たちたちあった。すなわち,エフェル,イシュイ,エリエル,アズリエル,エレミヤ,ホダウヤ,ヤフディエル。勇敢あるあっ人々,名ある人々*,彼ら父祖たちたちあった。 25  ところが,彼らその父祖たち対し忠実ことするようなり,彼らから滅ぼし尽くさそのもろもろ神々+不倫交わり+持つようなった。 26  それゆえ,イスラエルアッシリア+プル+霊,すなわちアッシリアティルガトピルネセル+かき立てられ+,彼ルベンガドマナセ部族たち捕らえ流刑処し+,彼らハラハ+ハボルハラゴザン連れ行き,[そのまま]今日至っいる*

脚注

字義,「東全体」。
すなわち,ヤラベアム世。二 14:16‐29参照。
字義,「弓踏み」,すなわち多く場合,弓真ん中しっかり据えることよって。
字義,「そして人間)の魂」。ヘ語,ウェネフェシュ アーダーム; ラ語,エト アニマース ホミヌム
字義,「名(複)の人々」。
七十訳バグスター,シリ訳,ウル訳は,ここ5終わっいる。マソ本,七十訳41まで続く。