内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 4:1‐43

4  ユダペレツ+,ヘツロン+,それカルミ+,フル+,ショバル+あった。  ショバルレアヤ+は,ヤハトなり,代わっヤハトアフマイラハドなった。これらツォルア+氏族あった。  そして,これらエタム+の[子ら]であった。すなわち,エズレル+,イシュマ,イドバシュ,(そして彼ら姉妹ハツェレルポニいった。)  またゲドル+ペヌエル,フシャエゼル。これらベツレヘム+エフラタ長子フル+あった。  そして,テコア+アシュフル+妻,ヘルアナアラた。  やがてナアラアフザム,ヘフェル,テメニ,ハアハシュタリ産んだ。これらナアラあった。  そして,ヘルアツェレト,イツハル*,それエトナンあった。  コツは,アヌブ,ツォベバ,それハルムアハルヘル氏族なった。  そして,ヤベツ+兄弟たちより尊ば+。彼ヤベツ呼んで,「わたし苦しんこの産みまし+」と言っは,彼あった。 10  そして,ヤベツイスラエル呼ん+,「あなた間違いなく祝福+,実際領地広げくださり+,み手+本当あり,あなた本当に[私を]災いから保護+,それ損なわないようくださるなら+,―」と言うようなった。そこで求めことを[遂げ]させられ+ 11  シュハ兄弟ケルブ*は,メヒルなった。この[メヒル]はエシュトンあった。 12  代わって,エシュトンベトラファ,パセアハ,それイルナハシュテヒナなった。これらレカ人々あった。 13  また,ケナズ+オテニエル+セラヤで,オテニエルハタトあった。 14  メオノタイは,オフラなった。セラヤは,ゲハラシム*ヨアブなった。彼ら職人+なっある。 15  そして,エフネ+カレブ+イル,エラ,それナアムで,エラケナズあった。 16  そして,エハレルエルジフジファ,ティレヤアサルエルあった。 17  そして,エズラエテル,メレド,エフェル,ヤロンあった。彼女ミリアム,シャマイ,それエシュテモア+イシュバハ宿した。 18  彼ユダヤは,ゲドルエレド,ソコヘベル,ザノアハエクティエル産んだ。そして,これらメレドめとった,ファラオビトヤあった。 19  そして,ナハム姉妹ある,ホディヤガルムケイラ+マアカトエシュテモアあった。 20  また,シモンアムノンリナ,ベンハナンティロンあった。そして,イシュイゾヘトベンゾヘトあった。 21  ユダシェラ+レカエル,マレシャラダ,アシュベア上等織物+織る氏族, 22  モアブたち+所有なっ*,ヨキム,コゼバ人々,ヨアシュ,サラフ,それヤシュビレヘムあった。そして,この言説古い伝承+よるものある。 23  彼ら陶器+で,ネタイムゲデラ住民あった。彼らは[王]の仕事に,そこ住ん+ 24  シメオンネムエル+ヤミン+,ヤリブ,ゼラハ,シャウル+ 25  [シャウル]のシャルム,そのミブサム,そのミシュマあった。 26  そして,ミシュマそのハムエル,そのザクル,そのシムイあった。 27  そして,シムイ十六息子あっが,彼兄弟たち多く息子なかった。また,彼ら氏族どれも,ユダ+ほど多くなかった。 28  そして,彼らベエルシェバ+,モラダ+,ハツァルシュアル+に, 29  またビルハ+,エツェム+,トラド+ 30  またベトエル+,ホルマ+,チクラグ+ 31  それベトマルカボト,ハツァルスシム+,ベトビルイ,シャアライム+住み続けた。これらダビデ治めるとき至るまで彼ら都市あった。 32  そして,彼ら集落エタムアイン,リモン,トケン,アシャン+五つ都市あった。 33  そして,これら都市周囲あっすべて彼ら集落バアル+まで及んだ。これら彼ら住みかで,彼らため系図記録あった。 34  そして,メショバブ,ヤムレク,アマジヤヨシャ, 35  そしてヨエル,アシエルセラヤヨシブヤエヒウ, 36  またエルヨエナイ,ヤアコバ,エショハヤ,アサヤ,アディエル,エシミエル,ベナヤ, 37  およびシェマヤシムリエダヤアッロンシフイジザ。 38  これら名前たち彼ら氏族+,彼ら父祖たちは,おびしく増えた。 39  そこで,彼らその群れため放牧捜し求めて,ゲドル入り道,谷まで行った。 40  やがて彼ら肥え良い放牧見つけ+。そのかなり広く*,騒動なく+,安らかあった。以前そこ住んたちハムだっからある+ 41  それで,これら[その]名記さたちユダヒゼキヤ*+時代行って,ハム天幕*と,そこで見いださメウニム討ち倒し+,これら滅びためささげ+今日至っいる。彼らこれら人々代わっ住むようなった。そこ彼ら群れため放牧+あっからある。 42  そして彼らうち,イシュイペラトヤ,ネアルヤ,レファヤ,ウジエル先頭セイル+行った,シメオン一部者,五百た。 43  そして彼らアマレク+逃れ残り討ち倒し,今日至るまでそこ住み続けた。

脚注

「イツハル」,マソ本,ウル訳; マソ本欄外,「とツォハル」。
「ケルブ」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「カレブ」。
「職人谷」の意。
または,「モアブ支配た」。
「かなり広くて」。字義,「両側(すべて側)が広くて」,つまり,広々て。
二 20:10脚注参照。
「ハム天幕」,訂正よる; マソ本,「彼ら天幕」。