内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第一 27:1‐34

27  イスラエル​の​子​ら​に​つい​て​は,その​数​に​よれ​ば,父方​の​+家​の​頭​たち,千​人​隊​と​百​人​隊​+の​長​たち+,および​一​年​の​すべて​の​月​を​通じ​て​月​ごと​に​入っ​たり​出​たり​する​者​たち​の​組​に​つい​て​の​すべて​の​事柄​で​王​に​奉仕​し​た​+彼ら​の​つかさ​人​に​つい​て​は,各々​の​組​は​二万四千​人​で​あっ​た。  第​一​の​月​の​第​一​の​組​を​つかさどっ​た​の​は​ザブディエル​の​子​ヤショブアム​+で​あり,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。  奉仕​の​分団​の​すべて​の​長​の​頭​で​ある​ペレツ​+の​子​ら​の​ある​者​は​第​一​の​月​を​担当​し​た。  そして,第​二​の​月​の​組​を​つかさどっ​た​の​は​その​組​を​率いる​アホアハ​人​+ドダイ​+で​あり,ミクロト​が​指揮​者​で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。  第​三​の​月​の​ため​の​第​三​の​奉仕​の​分団​の​長​は​祭司​長​エホヤダ​+の​子​ベナヤ​+で​あり,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。  この​ベナヤ​+は​あの​三十​人​+の​力​ある​者​の​ひとり​で,三十​人​を​つかさどっ​て​い​た。その​組[を​つかさどっ​た​の]は​その​子​アミザバド​で​あっ​た。  第​四​の​月​の​ため​の​第​四[の​長]は​ヨアブ​の​兄弟​+アサエル​+で,その​子​ゼバドヤ​が​これ​を​継ぎ,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。  第​五​の​月​の​ため​の​第​五​の​長​は​イズラハ​人​シャムフト​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。  第​六​の​月​の​ため​の​第​六[の​長]は​テコア​人​+イケシュ​+の​子​イラ​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 10  第​七​の​月​の​ため​の​第​七[の​長]は​エフライム​の​子​ら​の​出​の​ペロン​人​+ヘレツ​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 11  第​八​の​月​の​ため​の​第​八[の​長]は​ゼラハ​人​+に​属する​フシャ​人​シベカイ​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 12  第​九​の​月​の​ため​の​第​九[の​長]は​ベニヤミン​人​に​属する​アナトテ​人​+アビ​・​エゼル​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 13  第​十​の​月​の​ため​の​第​十[の​長]は​ゼラハ​人​+に​属する​ネトファ​人​マハライ​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 14  第​十一​の​月​の​ため​の​第​十一[の​長]は​エフライム​+の​子​ら​の​出​の​ピルアトン​人​ベナヤ​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 15  第​十二​の​月​の​ため​の​第​十二[の​長]は​オテニエル​に​属する​ネトファ​人​ヘルダイ​+で,その​組​に​は​二万四千​人​い​た。 16  そして,イスラエル​の​各​部族​+を​つかさどっ​た​の​は,ルベン​人​で​は,ジクリ​の​子​エリエゼル​が​指揮​者​で​あっ​た。シメオン​人​で​は​マアカ​の​子​シェファトヤ。 17  レビ​で​は​ケムエル​の​子​ハシャブヤ。アロン​で​は​ザドク+ 18  ユダ​で​は​ダビデ​の​兄弟​+の​一​人​エリフ+。イッサカル​で​は​ミカエル​の​子​オムリ。 19  ゼブルン​で​は​オバデヤ​の​子​イシュマヤ。ナフタリ​で​は​アズリエル​の​子​エリモト。 20  エフライム​の​子​ら​で​は​アザズヤ​の​子​ホシェア。マナセ​の​半​部族​で​は​ペダヤ​の​子​ヨエル。 21  ギレアデ​の​マナセ​の​半​部族​で​は​ゼカリヤ​の​子​イド。ベニヤミン​で​は​アブネル​+の​子​ヤアシエル。 22  ダン​で​は​エロハム​の​子​アザルエル。これら​は​イスラエル​の​各​部族​の​君​たち​+で​あっ​た。 23  ところで,ダビデ​は​二十歳​以下​の​者​の​数​は​調べ​なかっ​た。エホバ​が​イスラエル​を​天​の​星​の​よう​に​多く​する​と​約束​さ​れ​た​から​で​ある+ 24  ツェルヤ​の​子​ヨアブ​+は​数え​始め​た​が,し​終え​なかっ​た+。この​ため,憤り​+が​イスラエル​に​臨み,その​数​は​ダビデ​​の​時代​の​事績​の​記録​に​は​載ら​なかっ​た。 25  そして,王​の​宝物​倉​+を​つかさどっ​た​の​は​アディエル​の​子​アズマベト​で​あっ​た。また,野​+や,諸​都市​+や​村々​や,もろもろ​の​塔​に​ある​宝物​倉​を​つかさどっ​た​の​は​ウジヤ​の​子​ヨナタン​*で​あっ​た。 26  また,野​の​仕事​+を​し​て,土地​の​耕作​に​当たっ​た​者​を​つかさどっ​た​の​は,ケルブ​の​子​エズリ​で​あっ​た。 27  そして,ぶどう​園+を​つかさどっ​た​の​は​ラマ​人​シムイ​で​あっ​た。ぶどう​酒​の​貯蔵​品​の​ため​ぶどう​園​に​ある​もの​を​つかさどっ​た​の​は​シフム​人​ザブディ​で​あっ​た。 28  そして,シェフェラ​*+に​ある​オリーブ​畑​と​エジプト​いちじく​+の​木​を​つかさどっ​た​の​は​ゲデル​人​バアル​・​ハナン​で​あっ​た。油​+の​貯蔵​品​を​つかさどっ​た​の​は​ヨアシュ​で​あっ​た。 29  そして,シャロン​+で​草​を​食べる​牛​の​群れ​を​つかさどっ​た​の​は​シャロン​人​シトライ​で​あっ​た。低地​平原​の​牛​の​群れ​を​つかさどっ​た​の​は​アドライ​の​子​シャファト​で​あっ​た。 30  また,らくだ​+を​つかさどっ​た​の​は​イシュマエル​人+オビル​で​あっ​た。雌ろば​を​つかさどっ​た​の​は​メロノト​人​エフデヤ​で​あっ​た。 31  それ​に,羊​の​群れ​を​つかさどっ​た​の​は​ハグリ​人​ヤジズ​で​あっ​た。これら​は​皆,ダビデ​​に​属する​財産​の​つかさ​で​あっ​た。 32  そして,ダビデ​の​おい​*ヨナタン​+は​顧問​官​で,理解​力​の​ある​人​+で​あり,彼​は​また​書記​官​で​も​あっ​た。ハクモニ​+の​子​エヒエル​は​王​の​子​ら​+と​共​に​い​た。 33  そして,アヒトフェル​+は​王​の​顧問​官​+で​あっ​た。アルキ​人​+フシャイ​+は​王​の​友​+で​あっ​た。 34  そして,アヒトフェル​を​継い​だ​の​は​ベナヤ​+の​子​エホヤダ​と​アビヤタル​+で​あり,ヨアブ​+は​王​の​軍​の​長​で​あっ​た。

脚注

ヘ語,エホーナーターン。
または,「低地」。
「おい」。ヘ語,ドード,普通,「おじ」の​こと​だ​が,ここ​で​は「おじ​の​子; おい」を​指す。20:7; サム​二 21:21と​比較。