アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 24:1-31

24  さて,アロンの子らには彼らの組があった。アロンの子らはナダブ+とアビフ+,エレアザル+とイタマル+であった。  ところで,ナダブとアビフ+はその父に先立って死に+,彼らには子がなかったので,エレアザル+とイタマルが祭司を務めていた。  それからダビデと,エレアザルの子らの出のザドク+,およびイタマルの子らの出のアヒメレク+は彼らの奉仕の職務のために彼らの組を設けた+  しかし,エレアザルの子らのほうがイタマルの子らよりも頭たる者が多かった。そこで彼らはこれを,エレアザルの子らで,[その]*父方の家の頭たち十六人と,イタマルの子らで,その父方の家の[頭たち]八人に分けた。  さらに,彼らはこれらの者をそれらの者と共に,くじ+によって分けた。聖なる場所のつかさたち+,および[まことの]のつかさたちはエレアザルの子らからも,イタマルの子らからも出なければならなかったからである。  それから,レビ人の出の書記官+,ネタヌエルの子シェマヤは王と君たち,祭司ザドク+とアビヤタル+の子アヒメレク+,および祭司とレビ人+の父の頭たちの前で,これを書き記した。エレアザル+のために一つの父方の家が取られ,イタマル+のためにも一つが取られた*  それから,くじが出た。すなわち,第一はエホヤリブ+に。第二はエダヤに,  第三はハリムに,第四はセオリムに,  第五はマルキヤに,第六はミヤミンに, 10  第七はハコツに,第八はアビヤ+に, 11  第九はエシュアに,第十はシェカヌヤに, 12  第十一はエルヤシブに,第十二はヤキムに, 13  第十三はフパに,第十四はエシェブアブに, 14  第十五はビルガに,第十六はイメルに, 15  第十七はヘジルに,第十八はハピツェツに, 16  第十九はペタフヤに,第二十はエヘズケルに, 17  第二十一はヤキンに,第二十二はガムルに, 18  第二十三はデラヤに,第二十四はマアズヤに[出た]。 19  これは彼らの父祖アロンの手によるその正当な権利にしたがって+エホバの家に入る,彼らの奉仕+のための職務+であった。イスラエルのエホバが彼に命じられた通りである。 20  そして,残ったレビの子らについては,アムラム+の子らのうちではシュバエルがいた。シュバエル+の子らのうちではエフデヤ。 21  レハブヤ+については,レハブヤの子らのうちではその頭イシヤ。 22  イツハル人+のうちではシェロモト+。シェロモトの子らのうちではヤハト。 23  そして,[ヘブロン+の]子らは,その頭はエリヤ*+,二番目[の子]はアマルヤ,三番目[の子]はヤハジエル,四番目[の子]はエカムアム。 24  ウジエルの子らはミカ。ミカ+の子らのうちではシャミル。 25  ミカの兄弟はイシヤであった。イシヤの子らのうちではゼカリヤ。 26  メラリ+の子らはマフリ+とムシ+であった。ヤアジヤ*の子らはベノ。 27  メラリの子ら。すなわちヤアジヤからはベノ,ショハム,ザクル,イブリ。 28  マフリからはエレアザルで,彼には子がなかった+ 29  キシュについては,キシュの子らはエラフメエルであった。 30  それに,ムシの子らはマフリ+,エデル,エリモト+であった。 これらはその父方の+家によるレビ人の子らであった。 31  そして彼らもまた,その兄弟たちであるアロンの子らがしたのと全く同じように,王ダビデとザドクとアヒメレク,および祭司とレビ人の父方の家の頭たちの前でくじを引いた+。父方の家に関しては+,頭たる者もその弟と全く同じであった。

脚注

「その(彼らの)」,シリ訳および五つのヘブライ語写本。
「エレアザルのために父方の家が一つずつ,イタマルのためにも一つずつ」,七十訳。
「ヘブロンの子らは,その頭はエリヤ」,七十訳および23:19
「ヤアジヤ」,マソ本; 七十訳,「ウジヤ」。