内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 23:1‐32

23  そしてダビデは,年老い+,その満たしで,そのソロモン+イスラエルた。  それからイスラエルすべて+,祭司+,レビ+集めた。  そこで,レビ三十以上数えられ+,そのは,ひとりずつ,強健ひとりずつ[数えて],三万八千あった。  これらうち,エホバ仕事つかさどる監督務める二万四千た。つかさ+裁き人+六千人,  門衛+四千人,「わたし賛美するため造った」[とダビデ言った]楽器+エホバ賛美する+四千人。  それからダビデ彼ら+に,レビ+に,すなわちゲルション,コハト,およびメラリ分けた。  ゲルションは,ラダンシムイ。  ラダンたるエヒエル+,ゼタム,ヨエル+あった。  シムイシェロモト,ハジエル,ハランあった。これらラダンたちあった。 10  また,シムイヤハト,ジナ*,それエウシュベリアあった。これらシムイあった。 11  そして,ヤハトで,ジザそのあった。エウシュベリアは,子多く持たなかっで,一つ正式部類父方+なった。 12  コハト+アムラム,イツハル+,ヘブロン+,それウジエル+あった。 13  アムラムアロン+モーセ+あった。しかし,アロン至聖所+神聖ものするため*取り分けられ+。彼その定めないまでエホバ犠牲+立ち上らせ,[]に仕え+,定めないまでそのみ名よっ祝福述べる+ためある。 14  [まことの]*モーセ+ついいえば,そのは,レビ+部族引き続き[名を]呼ばた。 15  モーセゲルショム+エリエゼル+あった。 16  ゲルショムシェブエル*+あった。 17  そして,エリエゼルレハブヤ+あった。エリエゼルほかなかっが,レハブヤ確か非常多くなった。 18  イツハル+たるシェロミト+あった。 19  ヘブロンエリヤ,二目[の子]はアマルヤ,三目[の子]はヤハジエル,それ目[の子]はエカムアム+あった。 20  ウジエル+ミカ,二目[の子]はイシヤあった。 21  メラリ+マフリムシ+あった。マフリエレアザル+キシュあった。 22  しかしエレアザル死んだ。彼息子なく,娘だけあった。そこで,その兄弟たちあるキシュ彼女たちを[妻+]めとった。 23  ムシマフリ,エデル,エレモト+あった。 24  これらそのたちよるレビ+,つまりその任命ごとに,ひとり*ずつ,その入れられいる,父たちあって,二十歳以上+で,エホバ奉仕ため仕事するたち+あった。 25  ダビデこう言っからある。「イスラエルエホバその休まられ+。定めないまでエルサレム住まわれる+ 26  そしてまた,レビ幕屋も,またその奉仕ためどんな器具運ぶ必要ない+」。 27  ダビデ最後言葉+よって,これら二十歳以上レビあっからある。 28  彼ら役目アロン+用いられ*,中庭+こと,食堂+こと,あらゆるなるもの浄めること+関するエホバ奉仕,および[まことの]奉仕仕事することあった。 29  それに,重ねパン+,穀物捧げ物ため上等麦粉+,無酵母+薄焼きパン+,焼き板[で焼い菓子+],混ぜ合わせ+練り粉,およびすべて分量大きさ計量つかさどること+ 30  朝ごと+立っ+エホバ感謝+,これ賛美+,夕べ同じようすること。 31  また,安息+,新月+,祭り時期+に,それら関する定めしたがって合わせて,絶えエホバに,すべてエホバ焼燔犠牲ささげること。 32  そして彼ら会見天幕見張り+と,聖なる場所見張り+と,エホバ奉仕する彼ら兄弟たちあるアロン見張り当たっ+

脚注

「ジナ」,マソ本; 七十訳,ウル訳,一つヘブライ写本,および11,「ジザ」。
神聖ものするなるものみなす; 神聖もの扱う)ために」。ヘ語,レハクディーショー; ギ語,トゥー ハギアステーナイ
「[まことの]」。ヘ語,イーシュ ハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
「彼もと帰った; 神捕らわれ人」の意; 24:20では「シュバエル」。モーセゲルショムまたは子孫指しいる解される。
字義,「頭蓋骨」。
字義,「子に[あり]」。