アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 22:1-19

22  そこで,ダビデは言った,「これこそ,[まことの]エホバ*の家+だ。これこそ,イスラエルのための焼燔の捧げ物のための祭壇+だ」。  さて,ダビデはイスラエルの地にいる外人居留者*+を集めるようにと言い,それから彼らを[まことの]の家を建てるのに用いる四角に切った石+を切り出す石工+に任じた。  そして,門の扉に用いるくぎや留め金のための鉄をダビデはおびただしく用意し,また銅も量りきれないほどおびただしく[用意した+]。  また,杉材+も数えきれないほど[用意した]。シドン人+とティルス人+がダビデのもとに杉材をおびただしく持って来たからである。  そこでダビデは言った,「我が子ソロモンは若くて,か弱い+。しかも,エホバのために建てられる家は全地に対し,麗しい栄誉+の点で*並外れて壮大なもの+となるべきである。それで,わたしは彼のために用意をしておこう」。こうして,ダビデは死ぬ前に+おびただしく用意をした。  その上,彼はその子ソロモンを呼んだ。イスラエルのエホバのために家を建てるよう彼に命じるためであった。  そこでダビデはその子ソロモンに言った,「わたしとしては,我がエホバのみ名+のために家を建てることが心に掛かっていた+  しかし,エホバの言葉がわたしに臨んで言った,『あなたはおびただしく血を流し+,大きな戦いをしてきた+。あなたがわたしの名のために家を建てることはない+。あなたはわたしの前で地にたくさんの血*を流したからである。  見よ,あなたに男の子+が生まれる。彼は,穏やかな人*となり,わたしは必ずその周囲のすべての敵から彼を守って休ませる+。彼の名はソロモン*+と呼ばれ,わたしは彼の時代にイスラエルに平和+と平穏を与えるからである。 10  彼がわたしの名のために家を建て+,彼はわたしにとって子となり+,わたしは彼にとって父となる+。そして,わたしは必ずイスラエルの上に彼の王権の座+を定めのない時までも堅く立てる』。 11  「そこで,我が子よ,エホバがあなたと共にいてくださり,あなたについて語られた通り,あなたが成功を収め,あなたのエホバの家を建てるように+ 12  ただ,エホバがあなたに思慮深さと理解力を賜わり+,あなたにイスラエルに関するおきてを与えて,あなたのエホバの律法を守らせてくださるように+ 13  もし,エホバがイスラエルに関してモーセに命じられた+規定+と司法上の定め+をあなたが守り行なうなら,そのときあなたは成功を収める+。勇気を出し,強くあれ+。恐れてはならず+,おびえてもならない+ 14  それで,見よ,悩みのうちにあって+,わたしはエホバの家のために金十万タラント*+,銀百万*タラント*を用意した。銅+と鉄+は,おびただしくあるため量りきれない。また,材木と石も用意したが,これらにあなたがもっと加えることになる。 15  そして,あなたのもとには仕事をする者,すなわち石工,石+や木の細工師が大勢おり,すべて各種の仕事に熟練した者+である。 16  金,銀,それに銅や鉄は数えきれない+。立ち上がって,行ないなさい+。エホバがあなたと共におられるように+」。 17  次いでダビデは,イスラエルのすべての君たちに,その子ソロモンを助けるよう,こう命じた。 18  「あなた方のエホバはあなた方と共におられ+,周りの至る所であなた方を休ませてくださったではありませんか+。[]はこの地の住民をわたしの手に渡され,この地はエホバの前+とその民の前に服させられたからです。 19  今,あなた方の心と魂を向けて+,あなた方のエホバを尋ね+,立ち上がって,[まことの]エホバ+の聖なる所を建て+,エホバのみ名+のために建てられた家にエホバの契約の箱+と[まことの]の聖なる器具を運び入れなさい」。

脚注

「[まことの]神エホバ」。ヘ語,エフワー ハーエローヒーム; この表現が最初に出て来る箇所。創 2:4,「神」の脚注参照。
「外人居留者」。または,「とう留者」。ヘ語,ハッゲーリーム; 七十訳,ウル訳(ラ語,プロセーリュティー),「改宗者」。
「麗しい栄誉の点で」。字義,「名の点で,また美しさの点で」,二詞一意の表現法。創 3:16の脚注と比較。
字義,「多くの血」。
字義,「平静(穏やかさ)の人」。
「平和を好む」の意。
金1トロイオンス350(米)㌦として約385億3,500万㌦に相当。
字義,「一千,幾千」。
銀1トロイオンス7(米)㌦として約77億700万㌦に相当。