内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 20:1‐8

20  そして,年改まる時期なり+,王たち打っ出るころ+,ヨアブ戦闘部隊率い+,アンモン荒廃せ,さらに行って,ラバ+攻め囲んある。しかしダビデエルサレムとどまった。こうヨアブラバ討ち+,これ倒壊た。  しかし,ダビデマルカム*そのから取り去っ+。それ重さタラント*あること分かった。また,それ宝石あっ*。そして,それダビデ置かた。それに,彼運び出しその都市分捕り非常多かっ+  そして,そのを,彼連れて,石のこぎりや,鉄鋭利道具や,斧[を使う仕事+]に*従事+。ダビデアンモンすべて都市対しこのようするあった。ついに,ダビデすべてエルサレム帰った。  そして,その後,ゲゼル+フィリスティア+戦い起こるようなっある。そのとき,フシャシベカイ+レファイム*+から生またちうちシパイ*討ち倒しで,彼ら屈服られた。  そして,またフィリスティア戦いあっが,ヤイルエルハナン+ギトゴリアテ*+兄弟ラフミ討ち倒した。その機織り巻き棒ようあっ+  それから,またガト+戦いあっが,そのとき,手ずつ,二十四ある+,異常大きさ+た。彼また,レファイム+*生まあった。  そして,彼イスラエル嘲弄+。ついに,ダビデ兄弟シムア+ヨナタン*討ち倒した。  これらガト+レファイム+生またちあっが,彼らダビデと,そのたち倒れる至っ+

脚注

「彼らモルコル」,七十訳; ウル訳,「メルコム」。サム二 12:30,「マルカム」の脚注参照。
付録8イ参照。
または,「それひとつ宝石あった」。
「斧[を使う仕事]に」,サム二 12:31一致わずか訂正よる。マソ本,「石のこぎり[を使う仕事]に」。
レファイム」。BHK(ヘ語),ハーレファーイーム; ウル訳,「ラファイム」; 七十訳,「巨人たち」。
サム二 21:18では「サフ」。
または,「ガトゴリアテ」。
字義,「ラファに」。ヘ語,レハーラーファー。ここいる巨人種族全体表わすもの解釈れる。
字義,「エホナタン」。