アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 20:1-8

20  そして,年が改まる時期となり+,王たちが打って出るころ+,ヨアブは軍の戦闘部隊を率いて+,アンモンの子らの地を荒廃させ,さらに行って,ラバ+を攻め囲んだのである。しかしダビデはエルサレムにとどまっていた。こうしてヨアブはラバを討ち+,これを倒壊させた。  しかし,ダビデはマルカム*の冠をその頭から取り去った+。それは重さが金一タラント*であることが分かった。また,それには宝石があった*。そして,それはダビデの頭に置かれた。それに,彼が運び出したその都市の分捕り物は非常に多かった+  そして,その中にいた民を,彼は連れて来て,石のこぎりや,鉄の鋭利な道具や,斧[を使う仕事+]に*従事させた+。ダビデはアンモンの子らのすべての都市に対してこのようにするのであった。ついに,ダビデと民のすべてはエルサレムに帰った。  そして,その後,ゲゼル+でフィリスティア人+との戦いが起こるようになったのである。そのとき,フシャ人シベカイ+がレファイム*+から生まれた者たちのうちのシパイ*を討ち倒したので,彼らは屈服させられた。  そして,またフィリスティア人との戦いがあったが,ヤイルの子エルハナン+はギト人ゴリアテ*+の兄弟ラフミを討ち倒した。その槍の柄は機織り工の巻き棒のようであった+  それから,またガト+で戦いがあったが,そのとき,手の指と足の指が六本ずつ,二十四本ある+,異常な大きさの男+がいた。彼もまた,レファイム+*生まれた者であった。  そして,彼はイスラエルを嘲弄していた+。ついに,ダビデの兄弟シムア+の子ヨナタン*が彼を討ち倒した。  これらはガト+でレファイム+に生まれた者たちであったが,彼らはダビデの手と,その僕たちの手に倒れるに至った+

脚注

「彼らの王モルコル」,七十訳; ウル訳,「メルコム」。サム二 12:30,「マルカム」の脚注参照。
付録8イ参照。
または,「それにはひとつの宝石があった」。
「斧[を使う仕事]に」,サム二 12:31と一致させたわずかな訂正による。マソ本,「石のこぎり[を使う仕事]に」。
レファイム」。BHK(ヘ語),ハーレファーイーム; ウル訳,「ラファイム」; 七十訳,「巨人たち」。
サム二 21:18では「サフ」。
または,「ガトのゴリアテ」。
字義,「ラファに」。ヘ語,レハーラーファー。ここに出ている父の名は巨人の種族全体を表わすものと解釈される。
字義,「エホナタン」。