アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 2:1-55

2  これらはイスラエル+の子らであった。すなわち,ルベン+,シメオン+,レビ+,そしてユダ+,イッサカル+とゼブルン+  ダン+,ヨセフ+,そしてベニヤミン+,ナフタリ+,ガド+,それにアシェル+  ユダの子らはエル+,オナン+,シェラ+であった。この三人はカナン人の女,シュアの娘から彼に生まれた。そして,ユダの長子エルはエホバの目に悪くなったので,[]は彼を殺された+  そして,彼にペレツ+とゼラハを生んだのは,彼の嫁タマル+であった。ユダの子らは全部で五人であった。  ペレツの子らはヘツロンとハムル+であった。  そして,ゼラハ+の子らはジムリ,エタン,ヘマン,カルコル,ダラ+であった。全部で五人いた。  そして,カルミ+の子らはイスラエルをのけ者にならせた*+アカル*で,彼は滅びのためにささげられたものに関して不忠実な行ないをした+  また,エタン+の子らはアザリヤであった。  また,ヘツロン+に生まれたその子らはエラフメエル+,ラム+,ケルバイ*であった。 10  ラムは,アミナダブ+の父となった。代わって,アミナダブはユダの子らの長ナフション+の父となった。 11  代わって,ナフションはサルマ+の父となった。代わって,サルマはボアズ+の父となった。 12  代わって,ボアズはオベデ+の父となった。代わって,オベデはエッサイ+の父となった。 13  代わって,エッサイはその長子エリアブ+と,二番目[の子]アビナダブ+と,三番目[の子]シムア+と, 14  四番目[の子]ネタヌエル,五番目[の子]ラダイ, 15  六番目[の子]オツェム,七番目[の子]ダビデ+の父となった。 16  そして彼らの姉妹はツェルヤとアビガイル+で,ツェルヤの子らはアビシャイ+,ヨアブ+,アサエル+の三人であった。 17  アビガイルは,アマサ+を産んだ。アマサの父はイシュマエル人エテル+であった。 18  ヘツロン+の子カレブ*は,妻アズバと,エリオトによって子らの父となった。これらが彼女の子であった。すなわち,エシェル,ショバブ,アルドン。 19  やがてアズバは死んだ。それでカレブはエフラト+をめとった。彼女はやがて彼にフル+を産んだ。 20  代わって,フルはウリ+の父となった。代わって,ウリはベザレル+の父となった。 21  そして,後にヘツロンはギレアデ+の父マキル+の娘と関係を持った。ところで彼は,六十歳のときに彼女をめとったが,彼女は彼にセグブを産んだ。 22  代わって,セグブはヤイル+の父となった。[ヤイル]はギレアデの地に二十三の都市+を持っていた。 23  その後,ゲシュル+とシリア+は彼らから,ケナト+とそれに依存する町々*と共に,ハボト・ヤイル+など,六十の都市を取った。これらはみなギレアデの父マキルの子であった。 24  そして,ヘツロン+がカレブ・エフラタで死んで後,アビヤはヘツロンの妻であったが,彼女は彼にテコア+の父アシュフルを産んだ。 25  そして,ヘツロンの長子エラフメエル+の子らは長子ラム+,ブナ,オレン,オツェム,アヒヤ*であった。 26  また,エラフメエルにはもうひとりの妻があって,その名はアタラといった。彼女はオナムの母であった。 27  そして,エラフメエルの長子ラム+の子らはマアツ,ヤミン,エケルであった。 28  また,オナム+の子らはシャマイとヤダであった。そして,シャマイの子らはナダブとアビシュルであった。 29  そして,アビシュルの妻の名はアビハイルといって,彼女はやがて彼にアフバンとモリドを産んだ。 30  また,ナダブ+の子らはセレドとアパイムであった。ただ,セレドは子がないままで死んだ。 31  また,アパイムの子らはイシュイであった。そして,イシュイの子らはシェシャン+であった。シェシャンの子らは,アフライ。 32  また,シャマイの兄弟ヤダの子らはエテルとヨナタンであった。ただ,エテルは子がないままで死んだ。 33  そして,ヨナタンの子らはペレトとザザであった。これらはエラフメエルの子らとなった。 34  そして,シェシャン+には息子はいなかったが,娘たちがいた。さて,シェシャンにはその名をヤルハというエジプト人の僕+がいた。 35  そこで,シェシャンは彼の娘をその僕ヤルハに妻として与えたので,彼女はやがて彼にアタイを産んだ。 36  代わって,アタイはナタンの父となった。代わって,ナタンはザバド+の父となった。 37  代わって,ザバドはエフラルの父となった。代わって,エフラルはオベデの父となった。 38  代わって,オベデはエヒウの父となった。代わって,エヒウはアザリヤの父となった。 39  代わって,アザリヤはヘレツの父となった。代わって,ヘレツはエルアサの父となった。 40  代わって,エルアサはシスマイの父となった。代わって,シスマイはシャルムの父となった。 41  代わって,シャルムはエカムヤの父となった。代わって,エカムヤはエリシャマの父となった。 42  そして,エラフメエルの兄弟カレブ*+の子らは長子メシャで,彼はジフの父であった。ヘブロンの父マレシャの子ら。 43  また,ヘブロンの子らはコラ,タプアハ,レケム,シェマであった。 44  代わって,シェマはヨルケアムの父ラハムの父となった。代わって,レケムはシャマイの父となった。 45  そして,シャマイの子はマオンであり,マオンはベト・ツル+の父であった。 46  カレブのそばめエファは,ハラン,モツァ,ガゼズを産んだ。ハランは,ガゼズの父となった。 47  また,ヤフダイの子らはレゲム,ヨタム,ゲシャン,ペレト,エファ,シャアフであった。 48  カレブのそばめマアカは,シェベルとティルハナを産んだ。 49  やがて,彼女はマドマナ+の父シャアフ,マクベナの父シェワ,それにギブア+の父を産んだ。また,カレブ+の娘はアクサ+であった。 50  これらはカレブの子らとなった。 エフラタ+の長子フル+の子ら。すなわち,キルヤト・エアリム+の父ショバル+ 51  ベツレヘム+の父サルマ,ベト・ガデルの父ハレフ。 52  そして,キルヤト・エアリムの父ショバル+にも子らがあった。すなわち,ハロエ,メヌホトの半分。 53  そして,キルヤト・エアリムの諸氏族はイトル人+,プテ人,シュマ人,ミシュラ人であった。これらの中から,ツォルア人+とエシュタオル人+が出たのである。 54  サルマの子らはベツレヘム+とネトファ人+,アトロト・ベト・ヨアブと,マナハト人の半分,ツォルイ人であった。 55  そして,ヤベツ+に住んでいた書記の諸氏族はティルア人,シムアト人,スカト人であった。これらはレカブ+の家の父ハムマトから出たケニ人+である。

脚注

または,「(に)悩みをもたらす者」。ヘ語,オーケール。アーカールというこの人物の名にかけた一種の言葉のしゃれ。
「悩み; 悩ませる者」の意。ヘ語,アーカール; ヨシュ 7:1,18では「アカン」。
代一 2章18,19,42節では「カレブ」。
2章9節では「ケルバイ」。
「それに依存する町々」。字義,「彼女の娘たち」。
「オツェム,アヒヤ」,マソ本; 七十訳,「その兄弟アソム」; ウル訳,「アソムとアヒア」。
2章9節では「ケルバイ」。