内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 17:1‐27

17  そして,ダビデ住むようなるすぐ+,ダビデ預言ナタン+言った,「今やわたし住んいる+,エホバ契約+天幕ある+」。  するとナタンダビデた,「すべてあなたあること行ないなさい+。[まことの]あなたおられるですから+」。  そして,その言葉+ナタン臨んで,こう言っある。  「行て,わたしダビデこう言うように。『エホバこのよう言わた。「わたし住む建てるあなたない+  わたしは,イスラエルれ上っより今日至るまで住んことなく+,天幕から天幕に,一つ幕屋+から[別幕屋+]いからある。  わたしイスラエル歩き回っ+中,わたしわたし牧するよう命じイスラエル裁き人も,『なぜあなた方わたし建てなかっか』と,一言語っあろ+」』。  「それ,あなたわたしダビデこのよう言うだ。『万軍エホバこのよう言わた。「わたしあなた牧草から,羊群れ追うところから取っ+,わたしイスラエル指導+た。  それわたしは,あなたどこ行こも,あなたおり+,あなたからあなたすべて断ち滅ぼし+,必ずあなたために,地上いる大いなるたち+よう作るあろ+  そして,わたしず,わたしイスラエルため一つ場所定め,彼ら植え+,彼らまさしくそのいる住まい,もはや動揺することない。不義+が,初めように,再び彼ら疲れ果てさせることない+ 10  それわたしが,わたしイスラエル指揮するよう裁き人+立てころからことある。そして,わたし必ずあなたすべて低くするあろ+。そして,わたしあなた告げる,『また,一つ*エホバあなたため建てるあろ+』。 11  「『「そして,あなた満ちて[あなたが]あなた父祖たちに[なるために]行くとき+,わたし必ず,あなた息子なるあなたあなた起こし+,わたし本当その王権堅く立てるあろ+ 12  彼こそわたし建てるある+。わたし必ず王座定めないまで堅く立てるあろ+ 13  わたしなり+,彼わたしなる+。わたしある親切*を,わたしあなたから除いよう+,彼から除かないあろ+ 14  そして,わたしわたしわたし王権うち+定めないまで立たせる+。彼王座+は,定めないまで永続するものなる」』」。 15  これらすべてと,このすべてしたがって,そのようナタンダビデ話し+ 16  その,ダビデ入って,エホバ座っ+言った,「エホバよ,私何者でしょ+。私でしょ+。あなたここまで導かれる+ 17  +,これあなたまるで取る足りないものです+,それでもあなたこのつい遠い将来時代わたる[こと]までれるです+。エホバよ,あなた優位ある機会照らし+くださいました。 18  この誉れ与えくださることついて,ダビデこのあなた申し上げる*ことできましょ+。あなたこのよくご存じです+ 19  エホバよ,このために,またご自分したがって+,あなたすべて大いなる偉業知らせることより+,これら大いなることすべて行なわました。 20  エホバよ,あなたようありませ+,私たち聞いすべてこと関して,あなたほか*ありませ+ 21  また,地ほかどんな国民あなたイスラエルようでしょ+。[まことの]行って,このご自分ため一つ請け戻さまし+。あなたエジプトから請け戻しくださっあなたから,国々追い出すことより+,ご自分ため大いなる偉業+畏怖起こさせることかかわる名声博されるためでした。 22  こうて,あなたご自イスラエル定めないまであなたされまし+,エホバよ,あなた彼らならまし+ 23  それ,エホバよ,あなたこのその関し語ら言葉定めないまで信頼できるものありますように。お話しくださっ通り行なっください。 24  そして,あなたみ名+定めないまで信頼できるものあって,大いなるものなり+,『イスラエル+,万軍エホバ+イスラエルため+』と言わますように。このダビデあなた永続するものありますよう+ 25  私,あなたこのに,僕建てる目的啓示*です+。ですから,このあなたみ前祈る機会見いだしました。 26  それ,エホバよ,あなたこそ[まことの]あらます+。あなたこのついこの良いこと約束くださいます+ 27  それ,あなたそれ引き受けて,この祝福し,み前定めないまで続くようくださいますよう+。エホバよ,あなた祝福くださっで,それ定めないまで祝福いるからです+」。

脚注

「一つ家」,すなわち,王家系,王朝。
または,「わたし忠節愛」。
「申し上げる」。字義,「加える」。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ラ語,デウス。
「あなたこのに……啓示た」。字義,「あなたが……この覆い除かた」。