内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 16:1‐43

16  こうて,彼は[まことの]運び入れ+,ダビデそのため張っ天幕安置+。それから,彼らは[まことの]*焼燔捧げ物共与犠牲ささげはじめ+  ダビデは,焼捧げ物+共与犠牲+ささげ終えると,さらにエホバよっ+祝福+  さらに,彼すべてイスラエルに,男も,各々丸いパン個,なつめやし菓子個,干しぶどう菓子分け与え+  それから,彼レビ+あるたち奉仕+*エホバ立てて,イスラエルエホバ思い起こす+に,感謝+,賛美する+ようた。  頭アサフ+,彼次ぐゼカリヤ,[それに]エイエル,シェミラモト,エヒエル,マタテヤ,エリアブ,ベナヤ,オベデエドム,エイエル+で,彼ら楽器や,たて琴+携え,アサフ+シンバル高らか打ち鳴らし+  祭ベナヤヤハジエルラッパ携え+,いつも[まことの]契約た。  ダビデが,アサフ+そのたち通しエホバ感謝するため+,初めて寄与+そのそのあった。   「エホバ+,そのみ名呼び求め+その行ないもろもろ知らせ+   []に向かっ歌い+,[]に向かっ調べ奏でよ+そのすべてくすしい働き思い留めよ+ 10  そのなる+み名あなた方誇りせよ+エホバ求めるたち歓ぶよう+ 11  エホバそのみ力尋ね求め+絶えそのみ顔求め+ 12  []の行なわくすしい働き思い起こせ+その奇跡*と,み口司法定め+を。 13  そのイスラエル子孫*+その選ばたち+,ヤコブよ。 14  このわたしたちエホバある+。その司法定め全地ある+ 15  その定めない至るまで+そのお命じなっみ言葉千代至るまで覚えよ+ 16  その[契約]を[]はアブラハム結び+その誓いことばイサクに[お与えなっ+]。 17  そして,その[ことば]をヤコブする規定+イスラエル対する定めなく存続する契約立て+ 18  こうた。『わたしカナンあなた+あなた方相続割り当て分与えるあろ+』。 19  [それは]あなた方少なく+それ非常少なく,しかもその[地]で外人居留あっときことある+ 20  そして,彼国民から国民+一つ王国からほか歩き回っ+ 21  []はだれ彼らからだまし取ること許さ+かえって彼らためたち戒め+ 22  [こうた。]『あなた方わたし油そそがたち*触れならない。わたし預言たち悪いことならない+』。 23  地すべてたちよ,エホバ向かっ歌え+からと,[]のもたらす救い告げ知らせ+ 24  諸国民その栄光を,もろもろすべてそのくすしい働き語り告げよ。 25  エホバいなる方,大いに賛美れるべき+[ほかの]すべて神々*勝っ恐れられるべきからある+ 26  もろもろ神々みな価値*からある+エホバは,天造ら+ 27  尊光輝そのみ前あり+喜びその場所ある+ 28  もろもろ諸族よ,エホバ帰せよ,栄光エホバ帰せ+ 29  そのみ名栄光エホバ帰せ+供え物携えて,そのみ前入れ+なる飾り物着けエホバかがめ+ 30  地すべて[の者]よ,[]のゆえに激しい痛み覚えよ!また,産出*堅く立てられいる。決してそれよろめかされることない+ 31  天歓び,地喜び満ちよ+国民言え,『エホバなら+!』と。 32  海そこ満ちるもの鳴りとどろけ+そのあるすべてもの歓喜せよ+ 33  それに,森林木々エホバゆえに喜び満ち叫び上げよ+[]は裁くためられから+ 34  エホバせよ。[]は善良から+そのある親切*定めないまで及ぶから+ 35  それで,言え,『わたしたち救いよ,わたしたち救っください+国民からわたしたち集め,わたしたち救い出しください+あなたなるみ名感謝+,あなた賛美歓喜語るためです+ 36  イスラエルエホバ定めないから定めないまでほめたたえられますよう+』」。 それから,すべては,「アーメン!」と言って,エホバ賛美すること[に加わっ*+]。 37  それで,彼そこ,すなわちエホバ契約アサフ+その兄弟たちとどめき,毎日必要するところしたがって+,絶え仕え+ 38  オベデエドムそのたち六十八で,エドトンオベデエドムホサ門衛た。 39  そして,祭ザドク+その兄弟ある祭司たちギベオン+ある高き所エホバ幕屋おらせ, 40  焼捧げ物を,朝絶えず,また,すべてエホバイスラエル命じ課せられその律法記さいることために,焼燔捧げ物祭壇エホバささげさせ+ 41  そしてヘマン+,エドトン,その他,名よっ指定た,えり抜きたち+置き,エホバ感謝+。「そのある親切定めないまで及ぶ+」からある。 42  すなわち,彼ヘマン+エドトン+おり,ラッパ+シンバルと[まことの]楽器鳴り響かた。エドトン+た。 43  こう皆,各々自分帰っ行っ+。そこでダビデ自分祝福するため戻っ行った。

脚注

「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム; ギ語,テウー; シリ訳,「エホバ箱」。
「奉仕者(従者)とて」。ヘ語,メショルティーム; 6:32脚注比較。
または,「その不思議」; もしくは,「その印」。
字義,「胤」。
「わたし油そそがたちに」。ヘ語,ビムシーハーイ; ギ語,クリストーン; シ語,ラムシーハイ; ラ語,クリストース
「神々」,ヘ語,エローヒーム。
「無価値神」,ヘ語,エリーリーム; 七十訳,ウル訳,「偶像」; シリ訳,「像」。
「産出地」。ヘ語,テーヴェール; ギ語,ゲー; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地の。
または,「その忠節愛」。
または,「そして,すべては,『アーメン!』と言え。彼らエホバ賛美なけれならない」。ウル訳,「そして,すべて言え,『アーメン!』,またエホバ賛歌」。