アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 14:1-17

14  次いで,ティルス+の王ヒラム+はダビデのもとに使者を,そして彼に家を建てるため+杉材+,城壁の建築者,木の細工師を送ってよこした。  そしてダビデは,エホバが彼をイスラエルの王として堅く立てられたことを知るようになった+。彼の王権がその民イスラエルのゆえに大いに高められたからである+  次いで,ダビデはエルサレムでさらに妻たちをめとり+,ダビデはさらに息子や娘たちの父となった+  そして,これらはエルサレムで彼のものとなった子供たちの名である。すなわち,シャムア+とショバブ+,ナタン+とソロモン+  イブハル+,エリシュア,エルペレト+  ノガハ,ネフェグ+,ヤフィア,  エリシャマ+,ベエルヤダ,エリフェレト+  ときに,フィリスティア人は,ダビデが全イスラエルの王として油そそがれたことを聞いた+。そこでフィリスティア人は皆,ダビデを捜し求めて上って来た+。ダビデはそれを聞くと,彼らに向かって*出て行った。  すると,フィリスティア人のほうは,入って来て,レファイムの低地平原+に侵入してきた。 10  そこで,ダビデはに伺って+,こう言いだした。「私はフィリスティア人に向かって攻め上りましょうか。あなたは必ず彼らを私の手に渡してくださるでしょうか」。するとエホバは彼に言われた,「上って行け。そうすれば,わたしは必ず彼らをあなたの手に渡す」。 11  それで,ダビデはバアル・ペラツィム+に上って行き,そこで彼らを討ち倒した。そうしてダビデは言った,「[まことの]は,水による破れ目のように,わたしの手によってわたしの敵を打ち破られた」。それゆえに,人々はその場所+の名をバアル・ペラツィムと呼んだ。 12  そこで,彼らはそこに自分たちの神々*を捨てた+。それでダビデは[命令を]下したので,それらは火で焼かれた+ 13  その後,フィリスティア人はもう一度低地平原+に侵入した。 14  そこで,ダビデは再びに伺ったところ+,[まことの]は今度は彼にこう言われた。「あなたは彼らを追って上って行ってはならない。彼らに直接向かわずに回って行き,あなたはバカの茂み*の前で彼らのところに行くように+ 15  そして,バカの茂みのてっぺんで行進の音が聞こえたなら+,そのとき,あなたは戦いに出て行くように+。それは,[まことの]がフィリスティア人の陣営[の者]を討ち倒すため,あなたより先に出ている+からである」。 16  それで,ダビデは[まことの]が彼に命じられた通りにし+,彼らはギベオン+からゲゼル+までフィリスティア人の陣営[の者]を討ち倒した。 17  こうして,ダビデの名声*+は全地に及びはじめ,エホバもすべての国の民に彼に対する恐怖をもたらされた+

脚注

字義,「彼らの前に」。創 10:9,「敵対する」の脚注と比較。
「自分たちの神々」,マソ本(ヘ語,エローヘーヘム),七十訳,ウル訳。
バカの茂み」。ヘ語,ハッベカーイーム; 七十訳,ウル訳,「なしの木」。
字義,「名」。