アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 12:1-40

12  そして,これらはダビデがキシュの子サウル+のゆえに,まだ制約を受けていたとき,チクラグ+にいる彼のもとに来た者たちである。彼らは力のある者たち+,戦いで助けた者たちのうちにあり,  弓で武装しており,石+や弓++を取って右手も左手+も使う者たちであった。彼らはサウルの兄弟たちの出,ベニヤミンの出であった。  その頭はアヒエゼル,それにヨアシュ,彼らはギベア人+シェマアの子。エジエルとペレト,彼らはアズマベト+の子。そしてベラカとアナトテ人+エヒウ。  また,ギベオン人+イシュマヤ,彼は三十人+のうちの力ある者で,その三十人をつかさどる者。それに,エレミヤ,ヤハジエル,ヨハナン,ゲデラト人+ヨザバド,  エルウザイ,エリモト,ベアルヤ,シェマルヤ,ハリフ人シェファトヤ,  エルカナ,イシヤ,アザルエル,ヨエゼル,ヤショブアム,これらはコラ人+  ゲドルのエロハムの子らであるヨエラとゼバドヤである。  また,自ら離れて,荒野の近寄り難い所+でダビデの側に付いたガド人のある者たちがいた。勇敢で,力のある者たち,戦いのための軍人で,大盾と小槍を備えており+,その顔はライオンの顔で+,速さの点では山々の上のガゼルのようであった+  エゼルはその頭,二番目はオバデヤ,三番目はエリアブ, 10  四番目はミシュマナ,五番目はエレミヤ* 11  六番目はアタイ,七番目はエリエル, 12  八番目はヨハナン,九番目はエルザバド, 13  十番目はエレミヤ*,十一番目はマクバナイ。 14  これらはガド+の子らの出で,軍の頭たちであった。その最も小さい者も百人に匹敵し,最も大いなる者は千人に匹敵した+ 15  これらはヨルダンがそのどこの岸でもあふれていた+第一の月にこれを渡った者たち+であり,彼らはそのとき,低地平原の者たちを皆,東に西に追い払った。 16  さらに,ベニヤミンとユダの子らのある者たちが近寄り難い所+に,ダビデのところにまでやって来た。 17  そこで,ダビデは彼らの前に出て行き,彼らに答えて言った,「もし,あなた方がわたしを助けようとして,平和のために+わたしのもとに来たのなら,わたしの心はあなた方と一致するでしょう+。しかしもし,わたしのたなごころに不当なことがないのに,わたしを裏切ってわたしの敵対者に渡すためなら+,わたしたちの父祖の+がご覧になって,正してくださるように+」。 18  ときに,霊+が三十人の頭アマサイを包んだ* 「ダビデよ,[わたしたちは]あなたのもの,エッサイの子よ,[わたしたちは]あなたと共にいる+ 平安,平安があなたのものであるように。あなたを助ける者に平安があるように。 あなたのはあなたを助けられたから+」。 そこで,ダビデは彼らを受け入れ,部隊の頭たちの中に立てた+ 19  また,ダビデがフィリスティア人+と共に戦いのためサウルを攻めに来たとき,彼のもとに脱走した*,マナセの何人かの者がいた。ただし,彼*は[フィリスティア人]を助けなかった。それはフィリスティア人の枢軸領主+たちが協議の上で彼を去らせて,「彼は我々の首をかけて,その主*サウルのもとに脱走するのだ+」と言ったからである。 20  彼がチクラグ+に来たとき,マナセからアドナハ,ヨザバド,エディアエル,ミカエル,ヨザバド,エリフ,チルタイが彼のもとに脱走して来た。彼らはマナセに属する千人隊の頭+であった。 21  そして,彼らは,略奪隊に当たってダビデの助けとなった+。彼らは皆,勇気ある,力のある者たち+であり,軍の長であったからである。 22  日に日に,人々はダビデを助けるため彼のもとに来て+,ついに大陣営+の陣営+のようになったのである。 23  そして,これらはエホバの命令どおり+,サウルの王権+をダビデに引き渡そうと,ヘブロン+にいる彼のもとに来た,戦のために装備を整えた者たちの数であった。 24  ユダの子らで,大盾と小槍を携える者は六千八百人で,戦のために装備を整えた者であった。 25  シメオンの子らからは,軍務に就く,勇気ある,力のある者は七千百人であった。 26  レビ人の子らから四千六百人。 27  そして,エホヤダはアロン+の[子らの]*指導者+で,彼と共に三千七百人の者がいた。 28  また,ザドク+は若者,勇気の点で力のある者で,その父祖たちの家,二十二人の長たち。 29  そして,サウル+の兄弟たち,ベニヤミン+の子らから三千人。そのころまで,彼らの大多数はサウルの家を厳重に見張っていた。 30  また,エフライムの子らから二万八百人。勇気ある,力のある者+,彼らの父祖たちの家ごとの,名のある人々*であった。 31  そして,マナセ+の半部族から,ダビデを王にしようとしてやって来た,名によって指定された者一万八千人。 32  そして,イッサカル+の子らからは,イスラエルが何をすべきかを知るよう+,時代をわきまえる知識+のある,彼らの頭たる者たち二百人。その兄弟たちは皆,彼らの命令にしたがった。 33  ゼブルン+からは,従軍する者で,あらゆる戦いの武器を携えて戦闘隊形を整える者五万人。[ダビデのもとに]群がり集まる点で*彼らは二心ではなかった。 34  そして,ナフタリ+からは,千人の長たち。彼らと共に,大盾と槍を持つ者三万七千人。 35  そして,ダン人からは,戦闘隊形を整える者二万八千六百人。 36  また,アシェル+からは,戦闘隊形を整えるために従軍する者四万人。 37  そして,ヨルダンの向こう側+,ルベン人,ガド人,マナセの半部族からは,あらゆる戦の武器を携える者十二万人。 38  これらの者はみな戦人で,戦列に群がり集まる者であり,ダビデを全イスラエルの王にしようとして,全き心+でヘブロンにやって来た。また,イスラエルの残っている者も皆,ダビデを王にする点で一つ心であった+ 39  そして,彼らはそこにダビデと共に三日とどまって,食べたり飲んだりした+。彼らの兄弟たちが彼らのために用意をしていたからである。 40  それにまた,彼らに近い者たちも,イッサカル+,ゼブルン+,ナフタリ+に至るまで,ろば+,らくだ,らば,牛に載せて食物*を,すなわち麦粉の食べ物+,押し固めたいちじくの菓子+,干しぶどうの菓子+,ぶどう酒+,油+,牛+,羊+をおびただしく運んで来た。イスラエルに歓び+があったからである。

脚注

「エレミヤ」。ヘ語,イルメヤー。
「エレミヤ」。ヘ語,イルメヤーフー。
字義,「衣のように包んだ」。
字義,「倒れ[て去っ]た」。
「彼」,七十訳アレ写,ラ,ウル訳; マソ本,七十訳シナ写,バチ写,「彼ら」。
「その」。ヘ語,アドーナーウ。アードーンの複数形で,卓越を表わす。
または,「[家の]」; 七十訳,「子らの」。マソ本は省いている。
字義,「名(複)の人々」。
「ダビデを助ける点で」,七十訳。
「食物」。字義,「パン」。