アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 1:1-54

1  アダム+ セツ+ エノシュ+   ケナン+ マハラレル+ ヤレド+   エノク+ メトセラ+ レメク+   ノア+ セム+,ハム+,それにヤペテ+  ヤペテの子らはゴメル,マゴグ+,マダイ+,ヤワン+,トバル,メシェク+,ティラス+であった。  そして,ゴメルの子らはアシュケナズ+,リファト*+,トガルマ+であった。  また,ヤワンの子らはエリシャ+とタルシシュ*+,キッテム+とロダニム*+であった。  ハムの子らはクシュ+とミツライム+,プト+とカナン+であった。  そして,クシュの子らはセバ+,ハビラ,サブタ+,ラアマ+,サブテカ+であった。 また,ラアマの子らはシェバとデダン+であった。 10  そして,クシュは,ニムロデの父となった+。地上で最初に力のある者となったのは彼であった+ 11  ミツライムは,ルディム+,アナミム,レハビム,ナフトヒム+ 12  パトルシム+,カスルヒム+(この中からフィリスティア人+が出た),カフトリム+の父となった。 13  カナンは,その長子シドン+,ヘト+ 14  エブス人+,アモリ人+,ギルガシ人+ 15  ヒビ人+,アルキ人,シニ人+ 16  アルワド人+,ツェマル人+,ハマト人+の父となった。 17  セム+の子らはエラム+,アシュル+,アルパクシャド+,ルド+,アラム, それにウツ*,フル,ゲテル,マシュ*+であった。 18  アルパクシャドは,シェラハ+の父となり,シェラハは,エベル+の父となった。 19  そして,エベルには二人の子が生まれた。一人の名はペレグ*+といった。彼の時代に地*が分けられたからである。その兄弟の名はヨクタンといった。 20  ヨクタンは,アルモダド,シェレフ,ハツァルマベト,エラハ+ 21  ハドラム,ウザル,ディクラ+ 22  オバル*,アビマエル,シェバ+ 23  オフィル+,ハビラ+,ヨバブ+の父となった。これらはみなヨクタンの子らであった。 24  セム+ アルパクシャド+ シェラハ+ 25  エベル+ ペレグ+ レウ+ 26  セレグ+ ナホル+ テラ+ 27  アブラム+,すなわちアブラハム+ 28  アブラハムの子らはイサク+とイシュマエル+であった。 29  これは彼らの家系である。すなわち,イシュマエルの長子ネバヨト+,ケダル+,アドベエル,ミブサム+ 30  ミシュマ,ドマ+,マサ,ハダド+,テマ, 31  エトル,ナフィシュ,ケドマ+。これらはイシュマエルの子らであった。 32  アブラハムのそばめ+ケトラ+の子らについていえば,彼女はジムラン,ヨクシャン,メダン+,ミディアン+,イシュバク+,シュアハ+を産んだ。 そして,ヨクシャンの子らはシェバとデダン+であった。 33  また,ミディアンの子らはエファ+,エフェル,ハノク,アビダ,エルダア+であった。 これらはみなケトラの子らであった。 34  そして,アブラハムはイサク+の父となった。イサクの子らはエサウ+とイスラエル+であった。 35  エサウの子らはエリパズ,レウエル+,エウシュ,ヤラム,コラ+であった。 36  エリパズの子らはテマン+とオマル,ツェフォ*とガタム,ケナズ+,ティムナ+,アマレク+であった。 37  レウエルの子らはナハト,ゼラハ,シャマ,それにミザ+であった。 38  そして,セイル+の子らはロタン,ショバル,ヂベオン,アナ+,ディション,エツェル,ディシャン+であった。 39  また,ロタンの子らはホリとホマム*であった。それに,ロタンの姉妹はティムナ+であった。 40  ショバルの子らはアルワン*,マナハト,エバル,シェフォ*とオナム+であった。 そして,ヂベオンの子らはアヤとアナ+であった。 41  アナの子らはディション+であった。 そして,ディションの子らはヘムダン*,エシュバン,イトラン,ケラン+であった。 42  エツェル+の子らはビルハン,ザアワン,アカン*+であった。 ディシャン*の子らはウツとアラン+であった。 43  ところで,これらはイスラエルの子らを王+が治める以前にエドム+の地で治めた王たちである。すなわち,ベオルの子ベラ。その都市の名はディヌハバ+といった。 44  やがてベラは死んで,ボツラ+出身のゼラハ+の子ヨバブが彼に代わって治めるようになった。 45  やがてヨバブは死んで,テマン人+の地の出身のフシャム+が彼に代わって治めるようになった。 46  やがてフシャムは死んで,モアブの野でミディアン+を撃ち破った,ベダドの子ハダド+が彼に代わって治めるようになった。そして,その都市の名はアビト+といった。 47  やがてハダドは死んで,マスレカ+出身のサムラが彼に代わって治めるようになった。 48  やがてサムラは死んで,のほとりのレホボト+出身のシャウルが彼に代わって治めるようになった。 49  やがてシャウルは死んで,アクボル+の子バアル・ハナンが彼に代わって治めるようになった。 50  やがてバアル・ハナンは死んで,ハダド*が彼に代わって治めるようになった。その都市の名はパウ*であり,彼の妻の名はメヘタブエルといって,メザハブ+の娘マトレドの娘であった。 51  やがてハダドも死んだ。 そして,エドムの首長たちは首長ティムナ,首長アルワ*,首長エテト+ 52  首長オホリバマ,首長エラ,首長ピノン+ 53  首長ケナズ,首長テマン,首長ミブツァル+ 54  首長マグディエル,首長イラム+であった。これはエドムの首長たち+であった。

脚注

「リファト」,七十訳,ウル訳,約30のヘブライ語写本,および創 10:3; マソ本,「ディファト」。
「タルシシュ」,七十訳,ウル訳,および創 10:4; マソ本,「タルシシャ」。
「ロダニム」,マソ本,七十訳; シリ訳,ウル訳,多くのヘブライ語写本,および創 10:4,「ドダニム」。
「それにウツ」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳アレ写,ヘブライ語写本ケニコット175,および創 10:23,「そして,アラムの子らは,ウツ」。
「マシュ」,シリ訳,六つのヘブライ語写本,および創 10:23; マソ本,「メシェク」; 七十訳アレ写,ウル訳,「モソク」。
「分離; 流れ」の意。
または,「地の民」。
「オバル」,シリ訳,19のヘブライ語写本,および創 10:28; マソ本,ウル訳,「エバル」。
「ツェフォ」,約30のヘブライ語写本および創 36:11; マソ本,「ツェフィ」。
「ホマム」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳および創 36:22,「ヘマム」。
「アルワン」,多くのヘブライ語写本および創 36:23; マソ本,ウル訳,「アルヤン」。
「シェフォ」,幾つかのヘブライ語写本および創 36:23; マソ本,ウル訳,「シェフィ」。
「ヘムダン」,七十訳アレ写,多くのヘブライ語写本,および創 36:26; マソ本,シリ訳,「ハムラン」; ウル訳,「ハムラム」。
「(そして)アカン」,七十訳アレ写,22のヘブライ語写本,および創 36:27; マソ本,「ヤアカン」。
「ディシャン」,ウル訳および創 36:28; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「ディション」。
「ハダド」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; 創 36:39では「ハダル」。
「パウ」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,多くのヘブライ語写本,および創 36:39; マソ本,「パイ」。
「アルワ」,マソ本欄外,タル,ウル訳,多くのヘブライ語写本,および創 36:40; マソ本,「アルヤ」。