内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

啓示 9:1‐21

9  また,第み使いラッパ+吹いた。すると,わたしから落ち+た。底知れ深み+かぎ+*与えられた。  そして,彼*底知れ深み開けると,大きな+よう+そのから立ち上り,そのよっ太陽が,また空気暗くなっ+  そして,そのからいなご+地上た。それら権威与えられた。地さそり+持つ同じ権威ある。  そして,地草木を,またどんなものも,どんな樹木も[損なわないように],ただ,額証印+ない人々だけ損なうよう告げられた。  そして,その[いなご]には,彼ら殺すことなく,彼らか月あいだ責め苦遭わせること+許さた。彼ら加えられるその責め苦は,さそり+襲うとき責め苦ようあった。  そのは,人々求める+,決してそれ見いだせないあろう。また,死にたい思っも,死彼らから逃げゆく。  そして,いなご姿戦闘備え+。頭よう思えるものが[あり],顔人間+ようあっが,  女ようあっ+。そして,歯ライオンの[歯]のようあり+  また,鉄胸当てよう胸当て+着けた。そして,彼らは,多く引かれる兵車+戦闘+走り行くようで[あった]。 10  また,彼らと,さそり+あり,そのに,人か月あいだ痛める*彼ら権威ある。 11  彼らいる。すなわち,底知れ深み使いある+。ヘブライアバドン*あり,ギリシャは,アポルオン*いうある+ 12  一つ災い過ぎた。見よ,これらこと*なお二つ災い+来る。 13  そして,第み使い+ラッパ吹い+。すると,ある黄金祭壇+から出る*一つ+が, 14  ラッパ持つみ使いこう言う聞こえた。「大川ユーフラテス+ところつながいる+み使い+ほどきなさい」。 15  すると,そのみ使いほどかた。彼らは,人々三分殺すため,その時刻ため用意ある。 16  そして,騎兵*二万あった。わたし彼ら聞いた。 17  そして,わたしと,それ乗っいるたち様子こうあった。彼らは,火ようと,ヒヤシンスようと,硫黄よう黄色胸当て着けた。馬ライオンようあり+,そのから硫黄+た。 18  これら三つ災厄よっ人々三分殺さた。そのから硫黄ためある。 19  これら権威そのそのあるからある。その+あり,それよっ損なうある。 20  しかし,これら災厄よっ殺さなかっ残り人々自分悔い改め+,悪霊たち+,また+できた,見ること聞くこと歩くことできない+偶像対する崇拝やめようなかった。 21  また,殺人+,心霊行ない*+,淫行,盗み悔い改めなかった。

脚注

または,「それに」。
または,「それが」。
字義,「人に……不義扱いする」。
「アバドン」。または,「滅び」。エ17,18,22(ヘ語),アヴァッドーン。ヨブ 26:6; 詩 88:11,「場所で」; 箴 15:11,「場所」の脚注比較。
「アポルオン」。または,「滅ぼす者」。ギ語,アポッリュオーン。ウル訳は,「また,ラテンで,彼は,絶滅せる者(エクステルミナーンス)というある」という文末付け加えいる。マタ 7:13脚注参照。
または,「以下こと後」。
「角から出る」,パピ写47,シナ写c,アレ写,古ラ訳写本,シリ訳; ウル訳,「四つから出る」。
または,「騎手の」。
「心霊行ない」。または,「呪術」。字義,「麻薬」。ギ語,ファルマコーン。