アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

啓示 8:1-13

8  また,彼+が第七の封印+を開いた時,約半時間のあいだ天に静寂が起こった。  そしてわたしは,の前に立つ七人のみ使い+を見た。そして,七つのラッパが彼らに与えられた。  それから,別のみ使いが到着して祭壇+のところに立った。黄金の香炉を携えていた。そして,み座の前にある黄金の祭壇の上ですべての聖なる者たちの祈りと共にささげるため,多量の香+が彼に与えられた。  そして,香の煙が,聖なる者たちの祈り+と共に,そのみ使いの手からのみ前に上った。  しかし,み使いはすぐに香炉を取り,それに祭壇の火+をいくらか満たして地に投げつけた+。すると,雷+が生じ,声と稲妻+と地震+が[起こった]。  そして,七つ+のラッパ+を持つ七人のみ使いがそれを吹く準備をした。  そして,第一の者がラッパを吹いた。すると,血の混じった,雹と火+が生じ,それが地に投げつけられた。すると,地の三分の一が焼きつくされ+,樹木の三分の一が焼きつくされ,緑の草木+のすべてが焼きつくされた。  また,第二のみ使いがラッパを吹いた。すると,火で燃える大きな山+のようなものが海+に投げ込まれた。すると,海の三分の一が血になった+  そして,海にいる,魂*を持つ被造物の三分の一が死に+,船の三分の一が難破した。 10  また,第三のみ使いがラッパを吹いた。すると,ともしびのように燃える大きな星が天から落ちた+。それは川の三分の一と水のわき出るところ+とに落ちた。 11  そして,その星の名は“苦よもぎ*”という。すると,水の三分の一は苦よもぎに変わり,多くの人*がその水のために死んだ。それが苦くされた+ためである。 12  また,第四のみ使いがラッパを吹いた。すると,太陽の三分の一が強打され*,月の三分の一と星の三分の一が[強打された]。それは,それらの三分の一が暗くされ+,昼がその三分の一にわたって光明を持たず+,夜も同じようになるためであった。 13  またわたしが見ると,中天*+を飛ぶ一羽の鷲+が大声でこう言うのが聞こえた。「災い,災い,地に住む者たちには災いだ+! ラッパ+を吹こうとしている三人のみ使いの吹き鳴らす残りのラッパの音のゆえに」。

脚注

または,「命」。ギ語,プシュカス; ラ語,アニマース。
または,「アブサン」。
または,「人類の中の多くの者」。
または,「食され」。
または,「天頂; 頭上真上」。