内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

啓示 7:1-17

7  この後わたしは,四人のみ使い+が地の四隅*に立ち,地の四方の風+をしっかり押さえて,地にも海にも,またどの木+にも風が吹かないようにしているのを見た。  また,別のみ使いが日の昇る[方角]から+,生けるの証印を携えて+上って行くのを見た。彼は,地と海を損なうことを許された四人のみ使いに大声で叫んで  こう言った。「わたしたちが,わたしたちのの奴隷たちの額に証印を押してしまうまでは+,地も海も木も損なってはならない*+」。  そしてわたしは,証印を押された者たちの数を聞いたが,それは十四万四千+であり,イスラエル+の子らのすべての部族+の者たちが証印を押された。  ユダ+の部族の中から一万二千人が証印を押され, ルベン+の部族の中から一万二千人, ガド*+の部族の中から一万二千人,  アシェル+の部族の中から一万二千人, ナフタリ+の部族の中から一万二千人, マナセ+の部族の中から一万二千人,  シメオン*+の部族の中から一万二千人, レビ+の部族の中から一万二千人, イッサカル+の部族の中から一万二千人,  ゼブルン+の部族の中から一万二千人, ヨセフ+の部族の中から一万二千人, ベニヤミン+の部族の中から一万二千人が証印を押された+  これらのことの後,わたしが見ると,見よ,すべての国民*+と部族と民+と国語+の中から来た,だれも数えつくすことのできない大群衆+が,白くて長い衣を着て+,み座+の前と子羊の前に立っていた。彼らの手には,やしの枝+があった。 10  そして大声でこう叫びつづける。「救い*は,み座に座っておられる+わたしたちの+と,子羊とに[よります+]」。 11  そして,すべてのみ使いたち+は,み座と長老たち*+と四つの生き物+の周りに立っていたが,彼らはみ座の前にひれ伏し,を崇拝して+ 12  こう言った。「アーメン*! 祝福と栄光と知恵と感謝と誉れと力+と強さが,わたしたちのに限りなく永久に[ありますように]。アーメン+」。 13  すると,長老+の一人がこれに応じてわたしに言った,「白くて長い衣を着たこれらの者+,これはだれか,またどこから来たのか」。 14  それでわたしはすぐ彼に言った,「わたしの主よ,あなたが知っておられます」。すると彼はわたしに言った,「これは大患難+から出て来る者たちで,彼らは自分の長い衣を子羊の血+で洗って白くした+ 15  それゆえにのみ座の前+にいるのである。そして,その神殿*で昼も夜も[]に神聖な奉仕をささげている*+。また,み座に座っておられる+は彼らの上にご自分の天幕+を広げられるであろう。 16  彼らはもはや飢えることも渇くこともなく,太陽が彼らの上に照りつけることも,どんな炎熱に[冒されること]もない+ 17  み座の真ん中におられる子羊+が,彼らを牧し+,命の水+の泉に彼らを導かれるからである。そしては彼らの目からすべての涙をぬぐい去られるであろう+」。

脚注

または,「四つの部分; 四つの果て」。
字義,「木にも不義の扱いをすべきではない」。
「ガド」。シナ写は省いている。
「シメオン」。シナ写は省いている。
ギ語,エトヌース,「民族」; ラ語,ゲンティブス,「異邦諸民」; エ17,18(ヘ語),ハッゴーイム,「諸国民ゴイム)」。
救い」。ギ語,ヘー ソーテーリア; ラ語,サルース; エ17,18,22(ヘ語),ハエシューアー
ギ語,プレスビュテローン。
「アーメン」。エフ写は省いている。
または,「神の住まい(住居)」。ギ語,ナオーイ; ラ語,テンプロー; エ17,18,22(ヘ語),ベヘーカーロー,「彼の宮殿神殿)で」。
「神聖な奉仕をささげている」。ギ語,ラトレウウーシン。エ22(ヘ語),ウェオーヴェディーム,「そして彼らは仕えている崇拝している)」。出 3:12の脚注と比較。