内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

啓示 22:1-21

22  また彼は,水晶のように澄みきった,命の水の川をわたしに見せてくれた+。それは子羊+とのみ座から出て,  その大通りの中央を流れていた。そして,川のこちら側と向こう側には,月ごとに実を生じ,実を十二回生み出す+,命の木*+が[あった]。そして,その木の葉は諸国民をいやすためのもの[であった+]。  そして,もはや何ののろいもない++子羊とのみ座+が[その都市]*の中にあり,その奴隷たちは[]に神聖な奉仕をささげる*のである+  彼らは[]の顔を見+,そのみ名が彼らの額にあるであろう+  また,夜はもうない+。それで彼らはともしびの光を必要とせず,太陽の光も[持た]ない。エホバ*が彼らに光を与える+からである。そして彼らは限りなく永久に王として支配するであろう+  また彼はわたしに言った,「これらの言葉は信頼できる真実なものである+。すなわち,預言者たちの霊感の表現+*であるエホバ*+,ほどなくして必ず起きる事柄をご自分の奴隷たちに示すため,そのみ使いを遣わされたのである+  そして,見よ,わたしは速やかに来る+。この巻き物の預言の言葉を守り行なう者は幸いである+」。  さて,わたしヨハネは,これらのことを聞き,また見た者である。そしてわたしは,聞いたり見たりすることを[終えた]時,これらのことをわたしに示してくれていたみ使いの足もとにひれ伏して崇拝しようとした+  しかし,彼はわたしに言う,「気をつけなさい! そうしてはなりません! わたしは,あなた,また預言者であるあなたの兄弟たち+,そしてこの巻き物の言葉を守り行なっている者たちの仲間の奴隷にすぎません。を崇拝しなさい+」。 10  彼はまたわたしにこう言う。「この巻き物の預言の言葉を封じては*ならない。定められた時が近いからである+ 11  不義を行なっている者,その者はいよいよ不義を行なうように+。不潔な者はいよいよ不潔になるように+。しかし,義なる+者はいよいよ義を行ない,聖なる者はいよいよ聖なる[者]となるように+ 12  「『見よ,わたしは速やかに来る+。そして,わたしが与える報い+はわたしと共にある。各々にその業のままに報いるためである+ 13  わたしはアルファでありオメガであり*+,最初であり最後であり+,初めであり終わりである。 14  自分の長い衣を洗って+,命の木*+に[行く]権限を自分のものとし,その門+から都市の中に入れるようになる者たちは幸いである。 15  その外にいるのは,犬+,心霊術を行なう者*+,淫行の者+,殺人をする者,偶像を礼拝する者,また,すべて偽りを好んでそれを行ないつづける者+である』。 16  「『わたしイエスは自分の使いを遣わし,諸会衆のためにこれらのことについてあなた方に証しした。わたしはダビデの根+また子孫+であり,輝く明けの星+である』」。 17  そして,霊*+と花嫁+は,「来なさい!」と言いつづける。そして,だれでも聞く者は,「来なさい+!」と言いなさい。そして,だれでも渇いている者は来なさい+。だれでも望む者は命の水を価なくして受けなさい+ 18  「わたしは,すべてこの巻き物の預言の言葉を聞く者に証しする。これらのことに付け加える+者がいれば,はこの巻き物に書かれている災厄+をその者に加えるであろう。 19  また,この預言の巻き物の言葉から何かを取り去る者がいれば,は,命の木+から,また聖なる都市+の中から,すなわち,この巻き物に書かれているものから彼の分を取り去られるであろう。 20  「これらのことについて証しされる方が言われる,『しかり,わたしは速やかに来る+』」。 「アーメン! イエスよ,来てください」。 21  イエス・キリスト*の過分のご親切が聖なる者たちと共に[ありますように+]*

脚注

「木」。または,「森」。ギ語,クシュロン(単)。総称用いられいる。
または,「それ」,女性形。すなわち,都市指す。
「神聖奉仕ささげる」。ギ語,ラトレウスーシン。出 3:12脚注参照。
付録1ニ参照。
「霊感表現の」。または,「霊たちの」。ギ語,トーン プネウマトーン; ラ語,スピーリトゥウム。
付録1ニ参照。
または,「秘めおいは」。
または,「わたしAありZあり」。1:8,「オメガある」の脚注参照。
2脚注参照。
「心霊行なう者」。または,「呪術者」。字義,「麻薬使用者」。ギ語,ファルマコイ。
または,「霊感ことば」。
「キリスト」,ウル訳,シリ訳; シナ写アレ写省いいる。
「聖なるたちに。アーメン!」,シナ写; シリ訳,「すべてなるたちに。アーメン!」; ウル訳,「あなた方すべてに。アーメン!」; アレ写,ウル訳,「すべてに」。