アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

啓示 20:1-15

20  それからわたしは,ひとりのみ使いが底知れぬ深みのかぎ+と大きな鎖を手にして天から下って来るのを見た。  そして彼は,悪魔+またサタン+である龍+,すなわち初めからの蛇+を捕らえて,千年のあいだ縛った。  そして彼を底知れぬ深み+に投げ込み,[それを]閉じて彼の上から封印し,千年が終わるまでもはや諸国民を惑わすことができないようにした。これらのことの後,彼はしばらくのあいだ解き放されるはずである+  またわたしは,[数々の]座+を見た。それに座している者たちがおり,裁きをする力が彼らに与えられた+。実に,イエスについて行なった証しのため,またについて語ったために*斧で処刑された者たち,また,野獣+もその像+をも崇拝せず,額と手に印を受けなかった者たち+の魂を見たのである。そして彼らは生き返り,キリストと共に千年*のあいだ王として支配した+  (残りの死人+は千年が終わるまで生き返らなかった*+。)これは第一の+復活*である。  第一の復活にあずかる者は幸いな者+,聖なる者+である。これらの者に対して第二の死+は何の権威も持たず+,彼らはおよびキリストの祭司+となり,千年のあいだ彼と共に王として支配する+  さて,千年が終わると,サタンはすぐにその獄から解き放される。  彼は出て行って,地の四隅*の諸国民,ゴグとマゴグを惑わし,彼らを戦争のために集めるであろう。それらの者の数は海の砂のようである+  そして,彼らは地いっぱいに広がって進み,聖なる者たちの宿営*+と愛されている都市+を取り囲んだ。しかし,天から火が下って彼らをむさぼり食った+ 10  そして,彼らを惑わしていた*悪魔+は火と硫黄との湖に投げ込まれた。そこは野獣+と偽預言者の両方が[すでにいる+]ところであった。そして彼らは昼も夜も限りなく永久に責め苦に遭うのである。 11  またわたしは,大きな白い座とそれに座っておられる方とを見た+。その方の前から*地と天が逃げ去り+,それらのための場所は見いだされなかった。 12  そしてわたしは,死んだ者たちが,大なる者も小なる者も+,そのみ座の前に立っているのを見た。そして,[数々の]巻き物*が開かれた。しかし,別の巻き物が開かれた。それは命の巻き物+である。そして,死んだ者たちはそれらの巻き物に書かれている事柄により,その行ないにしたがって裁かれた+ 13  そして,海はその中の死者を出し,死とハデス*もその中の死者+を出し,彼らはそれぞれ自分の行ないにしたがって裁かれた+ 14  そして,死+とハデスは火の湖に投げ込まれた。火+の湖*,これは第二の死+を表わしている* 15  また,だれでも,命の書に書かれていない者+は,火の湖に投げ込まれた+

脚注

字義,「イエスの証しにより,また神の言葉により」。
「千年」。ギ語,キリア エテー。楽園<パラダイス>の地に住む人類に対するキリストの文字通りの千年統治を信じる人々を指す英語“chiliast”(千年王国信奉者)の語源; ラ語,ミーッレ アンニース,「千年期<ミレニアム>」。
「残りの死人は……生き返らなかった」,アレ写,ウル訳; シナ写とシリ訳は省いている。
「復活」。ギ語,アナスタシス,「起き上がらせること; 立ち上がること」(「上へ」を意味するアナと「立つこと」を意味するスタシスから); ラ語,レスッレクティオ。
または,「四つの部分; 四つの果て」。7:1と比較。
「宿営」。または,「戦線にある軍隊」。字義,「陣営」。
字義,「誤らせていた」。
または,「その方の顔から」。
字義,「小さな書」(複)。ギ語,ビブリア。
「ハデス」。ギ語,ハーイデース; ウル訳(ラ語),インフェルス; ウル訳(ラ語),インフェルヌス; シリ訳,エ7,8,11‐14,16‐18,22,「シェオル」。付録4ロ参照。
付録4ハ参照。
または,「第二の死である」。