内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

啓示 19:1‐21

19  これらこと後,わたし群衆大きなようもの聞い+。彼ら言った,「あなた方ヤハ賛美せよ*+! 救い+栄光わたしたち*ものある+  その裁き真実かなっいる*からある+。[]は,その淫行よっ*腐敗娼婦*裁き執行し,ご自分奴隷たち復しゅう彼女対し行なわ+」。  そしてすぐ,彼ら再びこう言った。「あなた方ヤハ賛美せよ*+! そして,彼女から出る限りなく永久上りつづけるある+」。  すると,二十四長老*+四つ生き物+ひれ伏し,み座座っおられる+崇拝言った,「アーメン! あなた方ヤハ賛美せよ+*  また,声み座からこう言った。「[]を恐れるそのすべて奴隷たち+,小なるなる+,わたしたち賛美せよ」。  またわたしは,大群衆ような,多く*ような,そして激しいようもの聞いた。彼らこう言った。「あなた方ヤハ賛美せよ*+全能+なるわたしたち*エホバ*は,王支配始められからある+  歓び,そして喜びあふれよう。また,[]に栄光ささげよう+子羊結婚+到来+,その支度整えからある+  まさに彼女は,輝く,清い,上等亜麻装うこと許さた。上等亜麻なるたち行為表わすある+」。  そしてわたし言う,「こう書きなさい。子羊結婚晩さん*招かたち*+幸いある+」。彼またわたし言う,「これら真実ことばある+」。 10  そこでわたしは,彼足もとひれ伏し崇拝よう+。しかしわたし言う,「気つけなさい! そうしてなりませ+! わたしは,あなた,また,イエスつい証し+持つあなた兄弟たち仲間奴隷すぎません。崇拝なさい+。イエスつい証しする*こと預言霊感与えるものです*+」。 11  また,わたし開かいるた。すると,見よ,白い+が[いた]。そして,それ乗っいる忠実+また真実+となえられ*,そのもっ裁き,また戦う+ 12  彼あり+,頭多く王冠ある+。彼記さ+あるが,彼自身ほかだれそれ知らない。 13  そして,彼振り掛かっ+外衣装っおり,そのとなえられる言葉+ある。 14  また,天ある軍勢白い乗っ従っが,彼ら白く清い上等亜麻まとった。 15  そして,彼から鋭く長い突き出いる+。それよっ国民討つためある。または,鉄彼ら牧する+。また,全能なる憤り怒り+ぶどう搾り場踏む+ 16  そして,彼外衣に,実その股[のところ]に,王*また書かある+ 17  わたしまた,ひとりみ使い太陽立っいるた。彼大声叫び,中天飛ぶすべて+言った,「さあ,来なさい,大きな晩さん集まれ。 18  王たち+,軍司令*たち肉,強いたち+,馬+それ乗るたち肉,そしてすべて者,すなわち自由ならび奴隷およびなるなる食べるためある」。 19  そしてわたしは,野獣+たち+その軍勢が,馬乗っいる+その軍勢対し戦いするため集まっいる+た。 20  そして,野獣+捕らえられ,それに,[野獣]のしるし行ない+,それよって,野獣受け+その+崇拝ささげる惑わし預言+も[捕らえられた]。彼ら両方生きまま,硫黄燃える投げ込ま+ 21  しかし,そのほかたちは,馬乗っいる長い殺さ+。その[剣]はからいるものあっ+。そして,すべて+は,彼ら肉[を食べ+]満ち足り+

脚注

「あなた方ヤハ賛美せよ」。または,「ハレルヤ」。ギ語,ハッレールーイア; エ22(ヘ語),ハレルーヤーハ。詩 104:35,「賛美せよ」の脚注比較。
「わたしたち神」,シナ写,アレ写,エフ写,ウル訳,シリ訳; 公本,および幾つ筆記写本,「わたしたちなる主」; エ7,8,13,14,16,17,「わたしたちエホバ」。
「その裁き真実かなっいる」,シナ写,アレ写,ウル訳; エ7,8,「エホバかなっおり,その裁き廉直ある」。
「その淫行よって」。ギ語,エン テーイ ポルネイアーイ アウテース; ラ語,イン プロースティテューティオーネ スア; エ17,18(ヘ語),ベタズヌターハ。付録5イ参照。
「娼婦」。または,「淫婦; 売春婦」。ギ語,ポルネーン。付録5イ参照。
1,「賛美せよ」の脚注参照。
「長老」(複)。ギ語,プレスビュテロイ。
または,「アーメン! ハレルヤ!」 1,「賛美せよ」の脚注参照。
または,「大いなる」。
1,「賛美せよ」の脚注参照。
「わたしたちの」。アレ写省いいる。
付録1ニ参照。
「子羊結婚晩さん」,アレ写,ウル訳,シリ訳; シナ写,「子羊晩さん」。
「招かたち」。字義,「呼ばた(者たち)」。
「証しする」。ギ語,マルテュリア; ラ語,テスティモーニウム。
または,「預言することです」。
「真実あり」,アレ写。
または,「[多くの]王対する王; 王王」。
または,「千隊長」。1,000兵士司令官。