内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

啓示 18:1‐24

18  これら​の​こと​の​後,わたし​は,別​の​み使い​が​天​から​下っ​て​来る​の​を​見​た。彼​は​大いなる​権威​を​持っ​て​おり+,地​は​彼​の​栄光​に​よっ​て​明るく​照らさ​れ​た+  そして,彼​は​強い​声​で​叫ん​で​+言っ​た,「彼女​は​倒れ​た! 大いなる​バビロン​*は​倒れ​た+。そして,悪霊​たち​の​住みか,あらゆる​汚れ​た​呼気​*+の​こもる​場所,また​あらゆる​汚れ​た​憎ま​れる​鳥​の​潜む​場所​と​なっ​た+  彼女​の​淫行​の​怒り​の​ぶどう​酒​の​ため​に​*あらゆる​国民​が[いけにえ]に​され+,地​の​王​たち​は​彼女​と​淫行​を​犯し+,地​の​旅​商人​たち​+は​彼女​の​恥知らず​の​おごり​+の​力​で​富​を​得​た​から​で​ある」。  また,わたし​は​天​から​出る​別​の​声​が​こう​言う​の​を​聞い​た。「わたし​の​民​よ,彼女​の​罪​に​あずかる​こと​を​望ま​ず+,彼女​の​災厄​を​共​に​受ける​こと​を​望ま​ない​なら,彼女​から​出​なさい+  彼女​の​罪​は​重なり加わっ​て​天​に​達し+神​は​彼女​の[数々​の]不正​な​行為​を​思い出さ​れ​た​の​で​ある+  彼女​自身​が​返し​た​とおり​に​彼女​に​返し+,二​倍​を,つまり,彼女​が​行なっ​た​こと​の​二​倍​を​彼女​に​行ない​なさい+。彼女​が​混ぜ物​を​入れ​た​杯​+に,二​倍​の​+混ぜ物​を​彼女​の​ため​に​入れ​なさい+  彼女​が​自分​に​栄光​を​帰し,恥知らず​の​おごり​の​うち​に​暮らし​た​その​分​だけ,彼女​に​責め苦​と​嘆き​を​与え​なさい+。彼女​は​心​の​中​で,『わたし​は​女王​と​し​て​座す+。やもめ​など​で​は​ない+。嘆き​を​見る​こと​は​決して​ない+』と​言い​つづけ​て​いる​から​で​ある。  その​ため​に,彼女​の​災厄​+は​一日​の​うち​に​来る。それ​は​死​と​嘆き​と​飢きん​で​あっ​て,彼女​は​火​で​焼き尽くさ​れる​で​あろ​う+。彼女​を​裁い​た​エホバ​*神​は​強い​方​だ​から​で​ある+  「そして,彼女​の​焼か​れる​煙​+を​見る​時,彼女​と​淫行​を​犯し,恥知らず​の​おごり​の​うち​に​暮らし​た​地​の​王​たち​+は,彼女​の​こと​で​泣き,悲嘆​し​て​身​を​打ちたたく​で​あろ​う+ 10  また,彼女​の​受ける​責め苦​を​恐れる​あまり,遠く​離れ​た​ところ​に​立っ​て,こう​言う​で​あろ​う+。『気​の​毒​だ,気​の​毒​な​こと​だ,大いなる​都市​よ+,強力​な​都市​と​も​あろ​う​バビロン​よ,あなた​の​裁き​が​一時​の​うち​に​到来​し​た​と​は+!』 11  「また,地​の​旅​商人​たち​+は​彼女​の​こと​で​泣い​たり​嘆い​たり​する+。自分​たち​が​十分​に​仕入れ​た​品​を​買っ​て​くれる​者​が​もう​だれ​も​い​ない​から​で​ある。 12  それ​は,十分​に​仕入れ​た​+金​・​銀​・​宝石​・​真珠​・​上等​の​亜麻​布​・​紫[布]・​絹​・​緋[の​布]など​の​品,そして,香木​類​*の​すべて​の​もの,あらゆる​種類​の​象牙​細工,きわめて​高価​な​木材​や​銅​・​鉄​・​大理石​など​で​で​き​た​あらゆる​種類​の​品物+ 13  また,肉桂​・​インド​産​の​香料​*・​香​・​香油​・​乳香​・​ぶどう​酒​・​オリーブ​油​・​上等​の​麦粉​・​小麦​・​牛​・​羊,そして​馬​・​車​・​奴隷​*・​人間​の​魂​*で​ある+ 14  さらに,あなた​の​魂​が​欲し​た​+りっぱ​な​果物​*は​あなた​から​去り,すべて​の​優美​な​もの​と​華麗​な​もの​は​あなた​から​滅び去っ​た。そして​人々​は​二​度​と​再び​それら​を​見いださ​ない​で​あろ​う+ 15  「これら​の​物​の​旅​商人​たち​+は,彼女​に​よっ​て​富​を​得​た​の​で​ある​が,彼女​の​受ける​責め苦​を​恐れる​あまり​遠く​離れ​た​ところ​に​立っ​て​泣き,また​嘆き​ながら+ 16  こう​言う​で​あろ​う。『気​の​毒​だ,気​の​毒​な​こと​だ ― 上等​の​亜麻​布​と​紫​と​緋​を​まとい,金​の​装飾​と​宝石​と​真珠​で​着飾っ​た​+大いなる​都市​よ+ 17  これ​ほど​大きな​富​が​一時​の​うち​に​荒れ廃れ​て​しまう​と​は+!』 「そして,すべて​の​船長,また​どこ​で​あろ​う​と​航海​を​する​者​は​皆+,また,水夫​たち​や​海​で​暮らし​を​立てる​者​は​皆,遠く​離れ​た​ところ​に​立っ​て+ 18  彼女​の​焼か​れる​煙​を​見​ながら​叫ん​で​言っ​た,『どの​都市​が​この​大いなる​都市​の​よう​だろ​う​か+』。 19  そして,自分​の​頭​に​塵​を​掛け+,泣い​たり​嘆い​たり​し​ながら​叫ん​で​+言っ​た,『気​の​毒​だ,気​の​毒​な​こと​だ ― 大いなる​都市​よ,海​に​船​を​持つ​すべて​の​者​+が,彼女​の​ぜいたく​の​おかげ​で​その​中​で​富​+を​得​た​の​に。それ​が​一時​の​うち​に​荒れ廃れ​て​しまう​+と​は!』 20  「天​よ+,また​聖​なる​者​+と​使徒​+と​預言​者​たち​よ,彼女​の​こと​で​喜べ。神​は​あなた方​の​ため,彼女​に​司法​上​の​処罰​を​科し​た​から​で​ある+」。 21  また,ひとり​の​強い​み使い​が,大きな​臼石​+の​よう​な​石​を​持ち上げ,それ​を​海​に​投げ込ん​で+,こう​言っ​た。「大いなる​都市​バビロン​は​この​よう​に,速い​勢い​で​投げ落とさ​れ,二​度​と​見いださ​れる​こと​は​ない+ 22  そして,自分​の​たて琴​に​合わせ​て​歌う​歌い手​や​楽人​や​笛吹き​や​ラッパ​吹き​の​音​は,二​度​と​あなた​の​うち​で​聞か​れ​ない+。どんな​仕事​の​*職人​も​二​度​と​あなた​の​うち​に​見いださ​れ​ない。ひき臼​の​音​は​二​度​と​あなた​の​うち​で​聞か​れ​ず, 23  ともしび​の​光​は​二​度​と​あなた​の​うち​に​輝く​こと​なく,花婿​と​花嫁​の​声​も​二​度​と​あなた​の​うち​で​聞か​れ​ない​で​あろ​う+。あなた​の​旅​商人​たち​+は​地​の​高位​の​者​+だっ​た​から​で​あり,あなた​の​心霊​術​的​な​+行ない​*に​よっ​て​あらゆる​国民​が​惑わさ​れ​た​の​で​ある。 24  しかも​彼女​の​中​に​は,預言​者​+と​聖​なる​者​たち​+の[血+],そして​地上​で​ほふら​れ​た​すべて​の​者​の​血​が​見いださ​れ​た​の​で​ある+」。

脚注

ギ語,バビュローン; エ17,18,22(ヘ語),バーヴェル。
または,「汚れ​た​霊」。
または,「彼女​の​淫行​の​情欲​を​かき立てる​ぶどう​酒​の​ため​に」。アレ写,「彼女​の​淫行​の​怒り​の​ため​に」。
「エホバ」,エ7,8,13,14,16‐18,22‐24; シナ写​c,エフ写,シリ訳​(ギ語),キュリオス; アレ写,ウル訳​は​省い​て​いる。付録1ニ参照。
または,「テュイノン​材」。
または,「アモーモン」。インド​産​の​香料​植物。
字義,「体」。
または,「奴隷,すなわち​人間​の​魂」。
「あなた​の​魂​が​欲し​た……果物」。字義,「あなた​の​魂​の​欲望​の……果物」。
「どんな​仕事​の」,エフ写,ウル訳,シリ訳​; シナ写,アレ写​は​省い​て​いる。
「心霊​術​的​な​行ない」。または,「呪術」。字義,「麻薬​の​使用; 薬術」。ギ語,ファルマキアーイ。