内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

啓示 16:1‐21

16  そして,わたしなるから出る大きな+み使いこう言う聞いた。「行って,怒り+七つから注ぎ出しなさい」。  そして,第+行って,自分から+注ぎ出した。すると,害もたらす悪性かいよう+が,野獣+持ち,その崇拝たち+生じた。  また,第+そのから+注ぎ出した。すると,それ死人ようなり+,すべて生きが,[しかり,]海+あるもの死んだ。  また,第+そのから+わき出るところ注ぎ出した。すると,それらなっ+  そしてわたしは,水つかさどるみ使いこう言う聞いた。「今おられ,かつておら+,忠節+,あなた*かなっおらます。このよう決定下さからです+  彼なる預言たち注ぎ出しまし+,あなた彼ら+与え飲ませました。彼らそうれる価するです+」。  また,わたしこう言う聞いた。「そうです,+なるエホバ*,あなた司法決定真実かなっます+」。  また,第+そのから太陽注ぎ出した。すると,[太陽]に*,人*焦がす+こと許さた。  そして,人激しい焦がさが,彼らは,これら災厄対し権威+持たれる+冒とくし,悔い改めて[]に栄光帰するようならなかっ+ 10  また,第そのから野獣+注ぎ出した。すると,その王国暗くなり+,彼ら苦痛あまり自分かみはじめた。 11  しかし,そのかいようため冒とく+,自分悔い改めなかった。 12  また,第+そのから大川ユーフラテス+注ぎ出した。すると,そのかれしまっ+。日昇る[方角]から来るたち+ため備えられるためあった。 13  そしてわたしは,かえる+ように[見える]三つ汚れ霊感表現*+が,龍+から,野獣+から,偽預言*+から出るた。 14  それら悪霊霊感+よる表現あっ*しるし行ない+,また住む全地*+たち+もと行く。なる大いなる+戦争+彼ら集めるためある+ 15  「見よ,わたし*盗人よう来る+。目ざめ+自分外衣守り,裸歩い自分られることないようする+幸いある」。 16  そして,それらは[王たち]を,ヘブライハルマゲドン*呼ばれる場所*集め+ 17  また,第そのから空気+注ぎ出した。すると,大きな+なるから,み座からて,「事成った!」と言った。 18  また,稲生じ,人地上現われ以来起きことないよう+地震+起きた。非常規模地震+で,甚だ大きかった。 19  そして,大いなる都市+三つ部分裂け,諸国民の[数々の]都市倒れた。そして,いなるバビロン*+み前思い出さた。それは,[]の憤り怒りぶどう+彼女与えるためある。 20  また,すべて逃げ,山々見えなくなっ+ 21  そして,それぞれタラント*ほどある大きな+から人々*降り,人々災厄+ため冒とく+。その災厄異常大きかっからある。

脚注

「あなたは」,シナ写,アレ写,エフ写,ウル訳,シリ訳; 公本,「主よ,あなたは」; エ7,8,13,14,16,「エホバ,あなたは」。
付録1ニ参照。
字義,「それは」。
または,「人類」。
または,「汚れたち」。
「偽預言者」。ギ語,プセウドプロフェートゥー; ラ語,プセウドプロフェータエ; エ17,22(ヘ語),ネヴィー ハッシェケル。
または,「悪霊たちあって」。
「人住む……地」。字義,「住まいる[ところ]」。ギ語,オイクーメネース,女性単数形。地指す。
「わたしは」,シナ写c,アレ写,ウル訳,シリ訳; シナ写*,「彼は」。
または,「アルマゲドン」。ギ語,ハル マゲドーン; ラ語,ヘルマゲードン; エ18,22(ヘ語),ハル メギッドーン,「メギド山」。
「場所」,シナ写,ウル訳,シリ訳; アレ写,「川」。
ギ語,バビュローン; エ17,22(ヘ語),バーヴェル。
20.4㌔㌘。
または,「人類」。