内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

啓示 14:1‐20

14  またわたしが見ると,見よ,子羊+がシオンの山+に立っており,彼と共に,十四万四千人+の者が,彼の名と彼のの名+をその額に書かれて[立っていた]。  またわたしは,多くの*水の音のような+,そして大きな雷鳴のような音が天から出るのを聞いた。わたしが聞いた音は,自分で弾くたて琴+に合わせて歌う歌い手たちの[声]のようであった。  そして彼らは,み座の前および四つの生き物+と長老たち*+の前で,新しい歌+であるかのような[歌]を歌っている+。地から買い取られた+十四万四千人+の者でなければ,だれもその歌を学び取る*ことができなかった。  これらは女によって自分を汚さなかった者である+。事実,彼らは童貞である+。これらは,子羊の行くところにはどこへでも従って行く者たちである+。これらは,子羊に対する初穂+として人類の中から買い取られた+のであり,  その口に偽りは見いだされなかった+。彼らはきずのない者たちである+  また,わたしは別のみ使いが中天*+を飛んでいるのを見た。彼は,地に住む者たちに,またあらゆる国民・部族・国語・民に+喜ばしいおとずれとして宣明する永遠の良いたより+を携えており,  大声でこう言った。「を恐れ+,[]に栄光を帰せよ+。[]による裁きの時が到来した+からである。それゆえ,天と地と海と水のわき出るところとを造られた+を崇拝せよ+」。  また,別の,二人目のみ使い*がそのあとに従って,こう言った。「彼女は倒れた! 大いなるバビロン+,あらゆる国民に自分の淫行*+の怒りのぶどう酒+を飲ませた者は倒れた+!」  また,別のみ使い,三人目の者が彼らの後に従い,大声でこう言った。「野獣+とその像+を崇拝して,自分の額または手に印を受ける者がいれば+ 10  その者は,憤りの杯に薄めずに注がれたの怒りのぶどう酒を飲むことになり+,聖なるみ使いたちの見るところで,また子羊の見るところで,火と硫黄+による責め苦に遭わされる+であろう。 11  そして,彼らの責め苦の煙は限りなく永久に上り+,彼ら,すなわち,野獣とその像を崇拝する者,まただれでもその名の印+を受ける者には,昼も夜も休みがない。 12  ここが,聖なる者たち,すなわちのおきて+とイエスの信仰+を守る者たちにとって,忍耐となるところである+」。 13  またわたしは,天から出る声がこう言うのを聞いた。「こう書きなさい: 今からのち+と結ばれて死ぬ+死人+は幸いである。しかり,彼らはその労苦を休みなさい*,彼らの行なったこと*はそのまま彼らに伴って行くからである,と霊は言う」。 14  またわたしが見ると,見よ,白い雲が[あり],その雲の上には人の子のような者が座っており+,その頭には黄金の冠+があり,その手には鋭い鎌があった。 15  また,別のみ使いが神殿[の聖なる所*]から現われ出て,雲の上に座っている者に大声でこう叫んだ。「あなたの鎌を入れて刈り取ってください+。刈り取る時が来たからです。地の収穫物+はすっかり熟している*のです+」。 16  すると,雲の上に座っている者がその鎌を地に突き入れ,地は刈り取られた。 17  また,さらに別のみ使いが天にある神殿[の聖なる所*+]から現われ出たが,彼も鋭い鎌を持っていた。 18  また,さらに別のみ使いが祭壇から現われ出たが,彼は火+に対する権威を持っていた。そして,鋭い鎌を持つ者に大声で呼ばわって言った,「あなたの鋭い鎌を入れて,地+のぶどうの木の房を集めなさい。そのぶどうは熟したからである」。 19  すると,み使い+は鎌を地に突き入れて,地のぶどうの木+の取り入れを行ない,それをの怒りの大きなぶどう搾り場+に投げ込んだ。 20  そして,その搾り場は都市の外+で踏まれ,搾り場から血が出て馬+のくつわに届くほどになり,千六百ファーロング*の距離に及んだ+

脚注

または,「大いなる」。
ギ語,プレスビュテローン。
または,「十分学ぶ」。
または,「天頂; 頭上真上」。
「み使い」,シナ写c,アレ写,エフ写,シリ訳; パピ写47シナ写*省いいる。
付録5イ参照。
または,「彼ら労苦休むように」。
「彼ら行なっこと」。字義,「彼ら業」。
または,「住まい住居)」。ギ語,トゥー ナウー; エ17,18,22(ヘ語),ハーヘーカール,「宮殿神殿)」。
または,「すっかり乾いいる」。
15,「聖なる所」の脚注参照。
296㌔㍍。1ファーロング1スタディオン当たり,1ローママイル81相当し,185あった。