内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

啓示 13:1‐18

13  そして[龍]は​海​の​砂​+の​上​に​立ち止まっ​た。 また,わたし​は​一​匹​の​野獣​+が​海​+から​上っ​て​行く​の​を​見​た。十​本​の​角​+と​七つ​の​頭​+が​あり,その​角​の​上​に​は​十​の​王冠​が​あっ​た​が,その​頭​に​は​冒とく​的​な​+名​が​あっ​た。  さて,わたし​の​見​た​野獣​は​ひょう​に​似​て​い​た​が+,その​足​は​熊​+の[足]の​よう​で​あり,その​口​は​ライオン​+の​口​の​よう​で​あっ​た。そして,龍​+は​自分​の​力​と​座​と​大きな​権威​を[その​野獣]に​与え​た*+  そして​わたし​は,その​頭​の​一つ​が​ほふら​れ​て​死ん​だ​か​の​よう​に​なっ​て​いる​の​を​見​た。しかし,その​致命​的​な​打ち傷​+は​いえ​た。それで,全地​は​感服​し​て​その​野獣​に​従っ​た。  そして​彼ら​は,野獣​に​権威​を​与え​た​こと​で​龍​を​崇拝​し,また,「だれ​が​この​野獣​に​等しい​だろ​う​か。いったい​だれ​が​これ​と​戦いうる​だろ​う​か」と​言っ​て​野獣​を​崇拝​し​た。  そして,大いなる​こと​+や​冒とく​的​な​こと​を​語る​口​が​それ​に​与え​られ+,また,四十二​か月​の​あいだ​+行動​する​権威​が​与え​られ​た。  そして,それ​は​口​を​開い​て​​を​冒とく​し​た+。その​み名​と​住まい*,さらに​は​天​に​住む​者​たち​+を​冒とく​する​ため​で​あっ​た。  そして,聖​なる​者​たち​と​戦っ​て​彼ら​を​征服​する​こと​+が​許さ​れ*+,あらゆる​部族​と​民​と​国語​と​国民​に​対する​権威​が​それ​に​与え​られ​た。  そして,地​に​住む​者​は​皆​それ​を​*崇拝​する​で​あろ​う。ほふら​れ​た​+の​命​の​巻き物​+に​は,彼ら​の​うち​の​だれ​の​名​も,世​の​基​が​置か​れ​て​*以来​+書か​れ​て​い​ない。  耳​の​ある​者​が​いる​なら,聞き​なさい+ 10  捕らわれ​の​身​と​なる[はず​の]者​が​いる​なら,その​者​は​捕らわれ​の​身​と​なる+。剣​で​殺す​者​が​いる​なら,その​者​は​剣​で​殺さ​れ​なけれ​ば​なら​ない+。ここ​が​聖​なる​者​たち​+の​忍耐​+と​信仰​+を​意味​する​ところ​で​ある。 11  また,わたし​は​別​の​野獣​+が​地​+から​上っ​て​行く​の​を​見​た。それ​に​は​子羊​の​よう​な​二​本​の​角​が​あっ​た。それ​は​龍​の​よう​に​話し​はじめ​た+ 12  そして,第​一​の​野獣​+の​すべて​の​権威​を​その​前​で​行使​する。また,地​と​そこ​に​住む​者​たち​に,致命​的​な​打ち傷​の​いえ​た​第​一​の​野獣​を​崇拝​さ​せる+ 13  また,大いなる​しるし​を​行なっ​て+,人類​の​前​で​火​を​天​から​地​に​下ら​せる​こと​さえ​する。 14  そして,野獣​の​前​で​行なう​こと​を​許さ​れ​た​しるし​に​よっ​て​地​に​住む​者​たち​を​惑わし,一方​で​は,剣​の​一撃​を​受け​ながら​+生き返っ​た​野獣​の​ため​に​像​+を​作る​よう​に​と​地​に​住む​者​たち​に​言う。 15  また​それ​に​は,野獣​の​像​に​息​*を​与える​こと​が​許さ​れ​た。それ​に​よっ​て​野獣​の​像​は​話す​よう​に​なり,また,野獣​の​像​+を​どうして​も​崇拝​し​ない​者​たち​を​みな​殺さ​せる​よう​に​する​の​で​ある。 16  また​それ​は,すべて​の​人,すなわち,小​なる​者​と​大​なる​者,富ん​だ​者​と​貧しい​者,自由​な​者​と​奴隷​を​強制​し​て+,その​右手​や​額​に​印​を​受け​させ+ 17  また,その​印*,つまり​野獣​の​名​+もしくは​その​名​の​数字​+を​持つ​者​以外​に​は​だれ​も​売り買い​でき​ない​よう​に​する。 18  ここ​が​知恵​の​関係​し​て​くる​ところ​で​ある。そう明​な​者​は​野獣​の​数字​を​計算​し​なさい。それ​は​人間​+の​数字​な​の​で​ある。そして,その​数字​は​六百六十六​*+で​ある。

脚注

字義,「権威​を​それ​に​与え​た」。
または,「天幕; 幕屋」。
「そして,聖​なる​者​たち​と……許さ​れ」,シナ写,ウル訳; パピ写​47,アレ写,エフ写,アル訳​は​省い​て​いる。
または,「彼​を」。
「基​が​置か​れ​て」。字義,「[種​を]下​に​投げる​こと」。ギ語,カタボレース。
または,「霊; 活動​する​力」。ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム; エ17,18,22(ヘ語),ルーアハ。
字義,「彫り込み」。ギ語,カラグマ; エ18,22(ヘ語),ハッターウ,「タウ」,ローマ​字​の「T」に​相当​する​ヘブライ​語​の​文字。エゼ 9:4の​脚注​と​比較。
「六百六十六」,シナ写,アレ写; パピ写​47​および​小​文字​写本​046,χξς',数字​の​666​を​表わす​ギリシャ​語​の​文字。ここ​で,数字​の​6​は​三​重​に,すなわち,6​+​60​+​600​と​いう​形​で​強調​さ​れ​て​いる。