内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

啓示 11:1‐19

11  それから,杖よう*+わたし与えられ,そのこう言った。「立って,*神殿*+[のなる所]と祭壇そこで崇拝するたち測りなさい。  しかし,神殿[のなる所]の外側+ある中庭は,これまったくほっ置き,そこ測っならない。それ国民+与えられいるからある。彼らなる都市+四十二か月あいだ踏みにじるあろ+  そしてわたしは,わたし+証人に,粗布+千二百六十あいだ預言せる+」。  これらは,二オリーブ+,また二つ燭台+[によっ象徴て]おり,地*立っいる+  そして,彼損なお思ういれば,火彼らからて,そのたちむさぼり食う+。彼ら損なお思うよういれば,そのこのよう殺さならないある。  彼は,天閉ざし+,その預言するあいだ降らせない+ようする権威あり,また,水*制しそれ+変え,あらゆる種類災厄もっ望むだけ撃つ権威ある。  そして,彼自分たち証し終え時,底知れ深みから上る野獣+彼ら戦い,彼ら征服殺すあろ+  そして,彼遺体は,霊的意味ソドム+またエジプト呼ばれる大いなる都市大通りに[置かれるで]あろう。彼らそこでつけられ*ある+  そして,[もろもろの]民部族国語国民+からたち+その遺体見るが,遺体横たえること許さない。 10  また,地住むたち彼らこと喜び+,また楽しみ*,互い贈り物交わすあろ+。これら預言住むたち責め苦遭わからある。 11  それから+から彼ら入り+,彼ら自分立ち上がった。そのため,大いなる恐れ彼らいるたち臨んだ。 12  そしては,天から出る大きな+が,「ここ上っなさい+」と自分たち言う聞いた。それ彼らは,雲うちあっ上っ行き,敵たち彼らた。 13  そして,その大きな地震起こり,その都市十分+倒れた。また,七千*その地震よっ*殺され,そのほかたち恐れ驚い栄光帰し+ 14  第災い+過ぎた。見よ,第災い速やか来る。 15  また,第み使いラッパ+吹いた。すると,大きな起きこう言った。「世*王国わたしたち+そのキリスト+王国なった。彼限りなく永久支配するあろ+」。 16  すると,自分座っいる二十四長老*+ひれ伏し+崇拝+ 17  こうた。「今おら+,かつておら+なるエホバ*,わたしたちあなた感謝ます+。あなたご自分大いなる+執り,王支配始められからです+ 18  しかし,諸国民憤り,あなたご自身憤り到来ました。また,死んたち裁き,預言+なるあなた奴隷たちなるたちに,そして,あなたみ名恐れるたち,小なるなる+[その]報い+与え,地破滅いる*たち+破滅至らせる+定められが[到来ました]」。 19  また,天ある*神殿*[のなる+]が開かれ,[]の契約+その神殿[のなる+]の見えた。そして,稲妻地震大きな生じた。

脚注

「葦」。ギ語,カラモス; ラ語,カラムス; エ17,18,22(ヘ語),カーネ。エゼ 40:5,「測りざお」の脚注比較。
「神」,シナ写,アレ写,ウル訳,シリ訳; エ17,「エホバ」。
神殿」。ギ語,トン ナオン; エ17,18,22(ヘ語),ヘーカル,「の宮殿(神殿)」。
「主」,シナ写,アレ写,ウル訳,シリ訳; ウル訳1写,および文字写本1854,2053,「神」。
「(水)を」。ギ語,エピ。属格伴っいる。
または,「杭(柱)に留められた」。付録5ハ参照。
「楽しみ」。字義,「自分良い思いし」。
字義,「七千人々が」。
または,「地震さいに」。
の」。ギ語,トゥー コスムー; ラ語,ムンディー; エ17(ヘ語),ハーオーラーム
ギ語,プレスビュテロイ。
付録1ニ参照。
「破滅いる」。字義,「朽ち果てさせいる」。
「神」,シナ写,アレ写,ウル訳,シリ訳; エ17,「エホバ」。
神殿」。ギ語,ホ ナオス; エ17,18,22(ヘ語),ヘーカル,「の宮殿(神殿)」。