内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

啓示 10:1‐11

10  それから,わたし強いみ使い+から下っ来る*た。雲装い+,頭あり,顔太陽よう+,足+ようあり,  手開か小さな巻き物*持った。そして,右足据え,左[足]は据え+  ライオン+ほえるときよう大声叫んだ。そして,彼叫ん時,七つ+その発した。  さて,七つ時,わたし書き記すところあった。しかし,天から出る+が,「七つことかたく封じ*+,それ書き留めならない」と言う聞こえた。  そして,海立っいるわたしみ使いは,右手上げ+  限りなく永久+生きおら+,天そのあるもの,地+そのあるもの,またそのあるもの*創造+指しこう誓った。「もはや猶予*ない+  第み使い+吹き鳴らす*日,彼ラッパ+吹こするそのに,[]が預言なるご自分奴隷たち+宣明良いたより基づく神聖奥義*+は,確か終わり至る」。  また,天から出るわたし聞い+が,再びわたし話しこう言う。「行って,海立っいるみ使いある開か巻き物受け取りなさい+」。  それわたしそのみ使いところ行き,その小さな巻き物わたしくれるよう言った。するとわたしこう言った。「これ取っ食べしまいなさい+。それあなた苦くも,あなたよう甘いあろう」。 10  それわたしみ使いからその小さな巻き物受け取って,それ食べしまっ+。すると,それわたしよう甘かっ+。しかし,それ食べしまっ時,わたし苦くなった。 11  そして彼らわたし言う,「あなたは,もろもろ国民国語,また多くたち関し再び預言なけれならない+」。

脚注

字義,「降り来る」。
「小さな巻き物」。字義,「小さな冊子」。ギ語,ビブラリディオン。
または,「を秘めき」。
「またそのあるもの」,パピ写47,シナ写c,エフ写,ウル訳; シナ写*アレ写省いいる。
字義,「時」。ギ語,クロノス。
「吹き鳴らす」。字義,「の声」。ギ語,フォーネース。
「神聖奥義」。または,「秘義」。ギ語,ミュステーリオン。