内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

哀歌 3:1-66

א [アーレフ]* 3  わたしは[]の憤怒の杖ゆえに苦悩を見た強健な者である+   []はこのわたしを導いて,光ではなく,闇の中を歩ませられる+   まことに,[]はこのわたしに向かって一日じゅう,繰り返しみ手を向けられる+ ב [ベート]   []はわたしの肉と皮をやせ衰えさせられた+。わたしの骨を砕かれた+   []はわたしに敵して建てることをされた。毒草+と辛苦で[わたしを]取り巻く+ために。   []は,わたしを久しく死んだ者たちのように暗い場所に+座らせられた+ ג [ギメル]   []は,わたしが出て行けないように,石壁で[囲む]ようにわたしを囲まれた+。[]はわたしの銅のかせ+を重くされた。   また,わたしが援助を呼び求め,助けを叫び求めるとき,[]は実際にわたしの祈りを阻まれるのである+   []は切り石でわたしの道を囲まれた+。わたしの通り道をねじ曲げられた+ ד [ダーレト] 10  わたしにとって,[]は待ち伏せする熊+,隠れ場所にいるライオンのようだ+ 11  []はわたしの道を乱して,わたしを休閑地にさせられる*。わたしを荒れ果てた者とされた+ 12  []はその弓を踏んで+,わたしを矢の的とされる+ ה [ヘー] 13  []はその矢筒の子らをわたしの腎臓に入り込ませた+ 14  わたしは,わたしに敵するすべての民*の笑い物となり+,一日じゅう彼らの歌の主題となった+ 15  []はわたしに苦い物をたっぷりと与えられた+。わたしを苦よもぎで飽き足らせられた+ ו [ワーウ] 16  そして,砂利でわたしの歯を砕かれる+。灰の中にわたしをすくませられた+ 17  あなたはまた,捨て去ることもなさるので,わたしの魂に平安はありません。わたしは何が良いことかを忘れてしまいました+ 18  それでわたしは言いつづけます,「わたしの卓越性と,エホバからのわたしの期待は滅びうせた」と+ ז [ザイン] 19  わたしの苦悩と家のない状態+,苦よもぎと毒草+を思い起こしてください。 20  あなたの*魂は必ず思い起こしてくださり,わたしの上にかがみます+ 21  これをわたしは心に思い返します+。それゆえに,わたしは待つ態度を示すのです+ ח [ヘート] 22  わたしたちが終わりに至らなかったのは,エホバの愛ある親切+の行為*です+。その憐れみは決して終わりに至ることがないからです+ 23  それは朝ごとに新しくなります+。あなたの忠実さは豊かです+ 24  「エホバはわたしの受け分です+」と,わたしの魂は言いました,「それゆえに,わたしは[]を待つ態度を示すのです+」。 ט [テート] 25  エホバは,ご自分を待ち望む者+,ご自分を求める魂+に善良であってくださる。 26  黙って+エホバの救い+を待つ+のは良いことである。 27  強健な者にとって若い時にくびきを負うのは良いことである+ י [ヨード] 28  その人は独りで座して,沈黙しているがよい+。[]がその上に[何かを]負わせられたからである+ 29  その人は口を塵の中に入れるがよい+。あるいは望みがあるかもしれない+ 30  その人は自分を打つ者にほほを与えよ+。その人は十分そしりを受けるがよい+ כ [カフ] 31  定めのない時に至るまで,エホバ*は捨て去っては置かれないからである+ 32  悲嘆を生じさせられたが+,その豊かな愛ある親切にしたがって,必ず憐れみをも示してくださるからである+ 33  心から人*の子らを苦しめられたのでもなく,また,悲しませられるのでもないからである+ ל [ラーメド] 34  地のすべての捕らわれ人+を足の下に砕くこと+ 35  強健な者の裁きを至高者のみ顔の前からそらすこと+ 36  人*をその訴訟において曲げさせることを,エホバ*が黙視されたことはない+ מ [メーム] 37  では,エホバ*が命じられなかった[のに]何かが起こると,だれが言ったであろうか+ 38  至高者の口から,悪い事柄と善いこととが出て行くことはない+ 39  生きている人*,強健な人は,その罪のゆえに,どうして不平+を述べ立てることなどできようか+ נ [ヌーン] 40  ぜひわたしたちの道を探り出し,探究し+,ぜひエホバのもとに帰ろう+ 41  天におられる*に向かって,たなごころと共に,わたしたちの心をももたげよう+ 42  「わたしたちは違犯をおかし,反逆の振る舞いをしました+。あなたは許すことをなさいませんでした+ ס [サーメク] 43  あなたは近づくものを怒りをもって阻まれました+。そしてわたしたちを追いつづけられます+。あなたは殺して,同情を示されませんでした+ 44  あなたはご自分に近づくものを雲塊をもって阻み+,祈りが通って行けないようにされました+ 45  あなたはわたしたちをもろもろの民の中で,ただのかす,また残りくずとされます+」。 פ [ペー]* 46  わたしたちの敵は皆,わたしたちに向かって口を開けた+ 47  怖れとくぼみがわたしたちのものとなった+。荒廃と崩壊が+ 48  わたしの民の娘の崩壊ゆえに,わたしの目からは水の流れが下って行く+ ע [アイン] 49  わたしの目は注ぎ出されて,とどまることがない。そのために休みがない+ 50  エホバが天から見下ろし,ご覧になるまでは+ 51  わたしの目は,わたしの都市のすべての娘*のゆえに+,わたしの魂を厳しく扱った+ צ [ツァーデー] 52  わたしの敵は,理由もないのに+,鳥を探し求めるように断固としてわたしを狩り立てた+ 53  彼らはわたしの命を坑の中で沈黙させ+,わたしに石を投げつづけた。 54  水がわたしの頭の上にあふれた+。わたしは言った,「わたしは必ず断ち滅ぼされる!」と+ ק [コーフ] 55  エホバよ,わたしは非常に深い坑からあなたのみ名を呼ばわりました+ 56  あなたはわたしの声を聞いてくださらなければなりません+。わたしの安らぎに対して,助けを求めるわたしの叫びに対して,あなたの耳を隠さないでください+ 57  わたしがあなたを呼びつづけた日に,あなたは近づいてくださいました+。あなたは,「恐れてはならない」と言われました+ ר [レーシュ] 58  エホバ*よ,あなたはわたしの魂の論争を取り上げられました+。あなたはわたしの命を買い戻されました+ 59  エホバよ,あなたはわたしになされた不当なことをご覧になりました+。どうか,わたしのために裁きを行なってください+ 60  あなたは彼らのすべての復しゅうを,彼らのわたしに対するすべての考えをご覧になりました+ ש [スィーン]または[シーン] 61  エホバよ,あなたは彼らのそしりを,わたしに敵する彼らのすべての考えを聞かれました+ 62  わたしに向かって立ち上がる者たちの唇+と,彼らが一日じゅうわたしに敵してささやくことを+ 63  彼らが座るのと彼らが立つのを+,どうか見てください。わたしは彼らの歌の題なのです+ ת [ターウ] 64  エホバよ,あなたは彼らにその手の業にしたがって仕返しをされます+ 65  あなたは彼らに心の不遜さ+を,あなたののろいを彼らに与えられます+ 66  あなたは怒りをもって追い,エホバの天+の下から彼らを滅ぼし尽くされます+

脚注

この区分は,同一区分各行同じヘブライ字母始まっおり,その字母アルファベットなっいる; ペー区分(46‐48)はアイン区分(49‐51)のいる。
または,「わたし引き裂かれる」。
「わたし敵するすべて民」。マソ本,七十訳,ウル訳,「わたしすべて」; シリ訳,「もろもろすべて」; タル,「わたし散らすすべて」。
「あなたの」。マソ本は「わたしの」と読むようソフェリムよっ修正た; 18修正箇所一つ。付録2ロ参照。
または,「エホバ忠節愛」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「人」。ヘ語,イーシュ,単数形。しかし,集合意味用いられいる。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
31脚注参照。
31脚注参照。
または,「生きいる」。ヘ語,アーダーム ハーイ。
「神」。ヘ語,エール; ウル訳,「エホバ」。
ヘブライアルファベットは,ペーアイン来る。
または,「わたし都市依存する町々すべて」。
31脚注参照。