内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

哀歌 3:1‐66

א [アーレフ]* 3  わたし​は[]の​憤怒​の​杖​ゆえに​苦悩​を​見​た​強健​な​者​で​ある+   []は​この​わたし​を​導い​て,光​で​は​なく,闇​の​中​を​歩ま​せ​られる+   まこと​に,[]は​この​わたし​に​向かっ​て​一日​じゅう,繰り返し​み手​を​向け​られる+ ב [ベート]   []は​わたし​の​肉​と​皮​を​やせ衰え​させ​られ​た+。わたし​の​骨​を​砕か​れ​た+   []は​わたし​に​敵し​て​建てる​こと​を​され​た。毒草​+と​辛苦​で[わたし​を]取り巻く​+ため​に。   []は,わたし​を​久しく​死ん​だ​者​たち​の​よう​に​暗い​場所​に​+座ら​せ​られ​た+ ג [ギメル]   []は,わたし​が​出​て​行け​ない​よう​に,石壁​で[囲む]よう​に​わたし​を​囲ま​れ​た+。[]は​わたし​の​銅​の​かせ​+を​重く​され​た。   また,わたし​が​援助​を​呼び求め,助け​を​叫び求める​とき,[]は​実際​に​わたし​の​祈り​を​阻ま​れる​の​で​ある+   []は​切り石​で​わたし​の​道​を​囲ま​れ​た+。わたし​の​通り道​を​ねじ曲げ​られ​た+ ד [ダーレト] 10  わたし​に​とっ​て,[]は​待ち伏せ​する​熊+,隠れ場所​に​いる​ライオン​の​よう​だ+ 11  []は​わたし​の​道​を​乱し​て,わたし​を​休閑​地​に​させ​られる*。わたし​を​荒れ果て​た​者​と​され​た+ 12  []は​その​弓​を​踏ん​で+,わたし​を​矢​の​的​と​される+ ה [ヘー] 13  []は​その​矢筒​の​子​ら​を​わたし​の​腎臓​に​入り込ま​せ​た+ 14  わたし​は,わたし​に​敵する​すべて​の​民​*の​笑い物​と​なり+,一日​じゅう​彼ら​の​歌​の​主題​と​なっ​た+ 15  []は​わたし​に​苦い​物​を​たっぷり​と​与え​られ​た+。わたし​を​苦よもぎ​で​飽き足ら​せ​られ​た+ ו [ワーウ] 16  そして,砂利​で​わたし​の​歯​を​砕か​れる+。灰​の​中​に​わたし​を​すくま​せ​られ​た+ 17  あなた​は​また,捨て去る​こと​も​なさる​の​で,わたし​の​魂​に​平安​は​あり​ませ​ん。わたし​は​何​が​良い​こと​か​を​忘れ​て​しまい​まし​た+ 18  それ​で​わたし​は​言い​つづけ​ます,「わたし​の​卓越​性​と,エホバ​から​の​わたし​の​期待​は​滅びうせ​た」と+ ז [ザイン] 19  わたし​の​苦悩​と​家​の​ない​状態+,苦よもぎ​と​毒草​+を​思い起こし​て​ください。 20  あなた​の​*​は​必ず​思い起こし​て​くださり,わたし​の​上​に​かがみ​ます+ 21  これ​を​わたし​は​心​に​思い返し​ます+。それゆえに,わたし​は​待つ​態度​を​示す​の​です+ ח [ヘート] 22  わたしたち​が​終わり​に​至ら​なかっ​た​の​は,エホバ​の​愛​ある​親切​+の​行為​*です+。その​憐れみ​は​決して​終わり​に​至る​こと​が​ない​から​です+ 23  それ​は​朝​ごと​に​新しく​なり​ます+。あなた​の​忠実​さ​は​豊か​です+ 24  「エホバ​は​わたし​の​受け分​です+」と,わたし​の​魂​は​言い​まし​た,「それゆえに,わたし​は[]を​待つ​態度​を​示す​の​です+」。 ט [テート] 25  エホバ​は,ご自分​を​待ち望む​者+,ご自分​を​求める​魂​+に​善良​で​あっ​て​くださる。 26  黙っ​て​+エホバ​の​救い​+を​待つ​+の​は​良い​こと​で​ある。 27  強健​な​者​に​とっ​て​若い​時​に​くびき​を​負う​の​は​良い​こと​で​ある+ י [ヨード] 28  その​人​は​独り​で​座​し​て,沈黙​し​て​いる​が​よい+。[]が​その​上​に[何​か​を]負わ​せ​られ​た​から​で​ある+ 29  その​人​は​口​を​塵​の​中​に​入れる​が​よい+。あるいは​望み​が​ある​か​も​しれ​ない+ 30  その​人​は​自分​を​打つ​者​に​ほほ​を​与えよ+。その​人​は​十分​そしり​を​受ける​が​よい+ כ [カフ] 31  定め​の​ない​時​に​至る​まで,エホバ​*は​捨て去っ​て​は​置か​れ​ない​から​で​ある+ 32  悲嘆​を​生じ​させ​られ​た​が+,その​豊か​な​愛​ある​親切​に​したがって,必ず​憐れみ​を​も​示し​て​くださる​から​で​ある+ 33  心​から​人​*の​子​ら​を​苦しめ​られ​た​の​で​も​なく,また,悲しま​せ​られる​の​で​も​ない​から​で​ある+ ל [ラーメド] 34  地​の​すべて​の​捕らわれ​人​+を​足​の​下​に​砕く​こと+ 35  強健​な​者​の​裁き​を​​の​み顔​の​前​から​そらす​こと+ 36  人*を​その​訴訟​に​おい​て​曲げ​させる​こと​を,エホバ​*が​黙視​さ​れ​た​こと​は​ない+ מ [メーム] 37  では,エホバ​*が​命じ​られ​なかっ​た[の​に]何​か​が​起こる​と,だれ​が​言っ​た​で​あろ​う​か+ 38  ​の​口​から,悪い​事柄​と​善い​こと​と​が​出​て​行く​こと​は​ない+ 39  生き​て​いる​人*,強健​な​人​は,その​罪​の​ゆえに,どうして​不平​+を​述べ立てる​こと​など​でき​よう​か+ נ [ヌーン] 40  ぜひ​わたしたち​の​道​を​探り出し,探究​し+,ぜひ​エホバ​の​もと​に​帰ろ​う+ 41  天​に​おら​れる​*に​向かっ​て,たなごころ​と​共​に,わたしたち​の​心​を​も​もたげ​よう+ 42  「わたしたち​は​違犯​を​おかし,反逆​の​振る舞い​を​し​まし​た+。あなた​は​許す​こと​を​なさい​ませ​ん​でし​た+ ס [サーメク] 43  あなた​は​近づく​もの​を​怒り​を​もっ​て​阻ま​れ​まし​た+。そして​わたしたち​を​追い​つづけ​られ​ます+。あなた​は​殺し​て,同情​を​示さ​れ​ませ​ん​でし​た+ 44  あなた​は​ご自分​に​近づく​もの​を​雲塊​を​もっ​て​阻み+,祈り​が​通っ​て​行け​ない​よう​に​され​まし​た+ 45  あなた​は​わたしたち​を​もろもろ​の​民​の​中​で,ただ​の​かす,また​残りくず​と​され​ます+」。 פ [ペー]* 46  わたしたち​の​敵​は​皆,わたしたち​に​向かっ​て​口​を​開け​た+ 47  怖れ​と​くぼみ​が​わたしたち​の​もの​と​なっ​た+。荒廃​と​崩壊​が+ 48  わたし​の​民​の​娘​の​崩壊​ゆえ​に,わたし​の​目​から​は​水​の​流れ​が​下っ​て​行く+ ע [アイン] 49  わたし​の​目​は​注ぎ出さ​れ​て,とどまる​こと​が​ない。その​ため​に​休み​が​ない+ 50  エホバ​が​天​から​見下ろし,ご覧​に​なる​まで​は+ 51  わたし​の​目​は,わたし​の​都市​の​すべて​の​娘​*の​ゆえに+,わたし​の​魂​を​厳しく​扱っ​た+ צ [ツァーデー] 52  わたし​の​敵​は,理由​も​ない​の​に+,鳥​を​探し求める​よう​に​断固​と​し​て​わたし​を​狩り立て​た+ 53  彼ら​は​わたし​の​命​を​坑​の​中​で​沈黙​さ​せ+,わたし​に​石​を​投げ​つづけ​た。 54  水​が​わたし​の​頭​の​上​に​あふれ​た+。わたし​は​言っ​た,「わたし​は​必ず​断ち滅ぼさ​れる!」と+ ק [コーフ] 55  エホバ​よ,わたし​は​非常​に​深い​坑​から​あなた​の​み名​を​呼ばわり​まし​た+ 56  あなた​は​わたし​の​声​を​聞い​て​くださら​なけれ​ば​なり​ませ​ん+。わたし​の​安らぎ​に​対し​て,助け​を​求める​わたし​の​叫び​に​対し​て,あなた​の​耳​を​隠さ​ない​で​ください+ 57  わたし​が​あなた​を​呼び​つづけ​た​日​に,あなた​は​近づい​て​ください​まし​た+。あなた​は,「恐れ​て​は​なら​ない」と​言わ​れ​まし​た+ ר [レーシュ] 58  エホバ​*よ,あなた​は​わたし​の​魂​の​論争​を​取り上げ​られ​まし​た+。あなた​は​わたし​の​命​を​買い戻さ​れ​まし​た+ 59  エホバ​よ,あなた​は​わたし​に​なさ​れ​た​不当​な​こと​を​ご覧​に​なり​まし​た+。どうか,わたし​の​ため​に​裁き​を​行なっ​て​ください+ 60  あなた​は​彼ら​の​すべて​の​復しゅう​を,彼ら​の​わたし​に​対する​すべて​の​考え​を​ご覧​に​なり​まし​た+ ש [スィーン]または[シーン] 61  エホバ​よ,あなた​は​彼ら​の​そしり​を,わたし​に​敵する​彼ら​の​すべて​の​考え​を​聞か​れ​まし​た+ 62  わたし​に​向かっ​て​立ち上がる​者​たち​の​唇​+と,彼ら​が​一日​じゅう​わたし​に​敵し​て​ささやく​こと​を+ 63  彼ら​が​座る​の​と​彼ら​が​立つ​の​を+,どうか​見​て​ください。わたし​は​彼ら​の​歌​の​題​な​の​です+ ת [ターウ] 64  エホバ​よ,あなた​は​彼ら​に​その​手​の​業​に​したがって​仕返し​を​され​ます+ 65  あなた​は​彼ら​に​心​の​不遜​さ​+を,あなた​の​のろい​を​彼ら​に​与え​られ​ます+ 66  あなた​は​怒り​を​もっ​て​追い,エホバ​の​天​+の​下​から​彼ら​を​滅ぼし尽くさ​れ​ます+

脚注

この​章​の​各​区分​は,同一​区分​内​の​各行​が​同じ​ヘブライ​語​の​字母​で​始まっ​て​おり,その​字母​は​アルファベット​順​に​なっ​て​いる; ペー​の​区分(46‐48​節)は​アイン​の​区分(49‐51​節)の​前​に​来​て​いる。
または,「わたし​を​引き裂か​れる」。
「わたし​に​敵する​すべて​の​民」。マソ本,七十訳,ウル訳,「わたし​の​民​すべて」; シリ訳,「もろもろ​の​民​すべて」; タル,「わたし​の​民​を​散らす​者​すべて」。
「あなた​の」。マソ本​で​は「わたし​の」と​読む​よう​ソフェリム​に​よっ​て​修正​さ​れ​た; 18​の​修正​箇所​の​一つ。付録2ロ参照。
または,「エホバ​の​忠節​な​愛」。
書写​の​際​YHWH​が​アドーナーイ​に​変え​られ​た​134​箇所​の​一つ。付録1ロ参照。
「人」。ヘ語,イーシュ,単数​形。しかし,集合​的​な​意味​で​用い​られ​て​いる。
または,「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
31​節の​脚注​参照。
31​節の​脚注​参照。
または,「生き​て​いる​地​の​人」。ヘ語,アーダーム ハーイ。
「神」。ヘ語,エール; ウル訳,「エホバ」。
ヘブライ​語​の​アルファベット​で​は,ペー​は​アイン​の​次​に​来る。
または,「わたし​の​都市​に​依存​する​町々​すべて」。
31​節の​脚注​参照。