内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 8:1‐22

8  そののちノアおよび箱船いるすべて野獣すべて家畜+思い起こさ+。そして*過ぎ行かせると,水収まりはじめ+  そして深み*+水門*+ふさがれ,それよっから豪雨とどめられた。  そしてから退きはじめ,しだい退いいっ*。百五十終わり少なくなっ+  そして*,その十七箱船+アララト+とどまった。  そして*なるまでしだい減っ*いった。第月,その一日山々現われ+  それから終わりなって,ノア自分造っ箱船+開けた。  そののち渡りがらす+放っが,それずっ飛びつづけ*て,水から乾くまで行ったりたりた。  後は,水から引いどう見るために,一はと+自分ところから放った。  だが,はとそのとどめるどこ見いだせなかった。こうまだ全地あっため+,それところへ,箱船戻った。そこで出しそれ捕まえ,自分ところへ,箱船入れた。 10  そしてさらにあと待っから,もう一度そのはと箱船から放った。 11  その,はと夕方ごろところやっが,見よ,むしり取っばかりオリーブ+そのくちばしあった。それノアは,水から引い+こと知った。 12  そこでさらにあと待った。それからそのはと放っが,それもはやところ再び戻っなかっ+ 13  さて,第六百一+,第*,その一日からはけた。そこでノア箱船覆い取りのけ見ると,いま,地は[水が]はけ乾い+ 14  そして月,その二十七に,地すっかり乾い+ 15  そこでノア話しこう言わた。 16  「あなたは,そしてあなた,息子たち,息子たちに,箱船からなさい+ 17  あなたいるあらゆるなるあらゆる生き物+を,飛ぶ生き物+も,獣+も,地動くすべて動く生き物+も,あなた一緒携え出しなさい。それら群れ,子生ん多くならなけれならない+」。 18  そこでノア出,彼息子たち+,妻,息子たちに[出た]。 19  あらゆるき物,あらゆる動く生き物あらゆる飛ぶ生き物,すべて動くものは,その種族したがって箱船から+ 20  それからノアエホバため築き+,すべて清い+すべて清い飛ぶ生き物+から幾らか取って,祭壇焼燔捧げ物ささげはじめ+ 21  それエホバらぎ*香り+かぎはじめられた。そしてエホバそのこう言わ+。「二再びわたしゆえに災い呼び求めること+ない。人傾向+その年若いから悪い+からある。二再びわたし自分行なっとおりあらゆる生き物撃つことない+ 22  地存続するかぎり*,種まき収穫,寒さ暑さ,夏冬,昼決してやむことないある+」。

脚注

「風」。ヘ語,ルーアハ; これまで箇所で,「活動する力; そよ風; 霊」と訳さた。
または,「水天蓋」。7:11,「深み」の脚注参照。
または,「天窓」。
「しだい退いいった」。字義,「行って,退いて」。
「第月」。これアビブ(もしくはニサン)ので,出エジプトユダヤ宗教1なった。アビブ3後半から4前半当たる。付録8ロ参照。
「第月」。これタンムズで,出エジプトユダヤ宗教4なった。タンムズ6後半から7前半当たる。付録8ロ参照。
「しだい減って」。字義,「行って,減って」。
「外飛びつづけ」。字義,「外行きつづけ」。
「第月」。これエタニム(もしくはティシュリ)ので,出エジプトユダヤ宗教7なった。エタニム9後半から10前半当たる。付録8ロ参照。
または,「なだめの; 静める」。
字義,「地すべて日々至るまで」。