内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 7:1‐24

7  そのエホバノアこう言わた。「あなたあなたたち+みな箱船入りなさい。あなたこの世代あっわたしなるあることを,わたしからある+  あなたは,あらゆるからずつ*,雄そのつがい*自分もと取らならない+。そして,あらゆる清くないからただずつ,雄そのつがいを[取るように]。  また,天飛ぶ生き物からずつ,雄を[取っ+],全地子孫*生き長らえさせるよう+  あとうちに,わたし四十四十++降らせるからある。わたし自分造った,存在いるすべてものからぬぐい去る+」。  それノアすべてエホバからられとおりいった。  そして,ノアあっが,そのとき洪水起き*+  それノア,そして息子たち,妻,また息子たち洪水*先立っ箱船入っ+  あらゆる獣,あらゆる清くない獣,また飛ぶ生き物地面動くあらゆるものから+  二ずつ,雄ノアところへ,箱船入った。*ノア命じとおりなった。 10  それから後,大洪水*臨んだ。 11  ノア六百目,第*,その十七日,その広大深み*すべて破られ,天水門*開か+ 12  そして,地注ぐ豪雨四十四十+続いた。 13  まさにその,ノア,そしてノア息子たちセム,ハム,ヤペテ+,またノア息子たち箱船入っ+ 14  彼ら,そしてあらゆる野獣その種類したがい+,あらゆる家畜その種類したがい,地動くあらゆる動く生き物その種類したがい+,あらゆる飛ぶ生き物その種類したがい+,あらゆる鳥,翼あるあらゆる生き物が[入っ+]。 15  こうて,その活動いる*あらゆるなるもの+からずつノアところへ,箱船入っ行った。 16  そして,入行くもの,すなわちあらゆるなるものは,命じとおり入った。そののちエホバ後ろ閉じられ+ 17  そして洪水*四十続いた。水増えいっ箱船持ち上げるようなり,それより高いところ浮かんだ。 18  そして,水みなぎっ大いに増えつづけが,箱船動い行っ+ 19  そして,水大いにみなぎって,全天下高い山々ことごとく覆われるようなっ+ 20  水それら十五キュビトまでみなぎり,山々覆わ+ 21  そのため,地動くすべてなるものは,飛ぶ生き物も,家畜も,野獣も,地群れなすすべて群れも,そしてみな+息絶え+ 22  その活動*すべてもの,すなわち乾い地面すべてもの死ん+ 23  こうて[]は,地存在すべてものを,人から獣,動く生き物,天飛ぶ生き物いたるまでぬぐい去られ,それらからぬぐい去ら+。ただノア,および箱船ものだけそのまま生き残っ+ 24  そして,水百五十あいだみなぎった。

脚注

字義,「七つ,七つ」。
「雄そのつがい雌」。字義,「男その妻」。
字義,「種」。
または,「天大洋臨んだ」。17脚注; 6:17,「大洪水」の脚注; 詩 29:10脚注参照。
6脚注参照。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳; サマ五,タルエ,オ,ウル訳諸写,「エホバ」。これは,神み名使用ウル訳写本裏付けいる一例。BHKおよびBHS創 7:9関する脚注; 付録1イ1ニ参照。
6脚注参照。
「第月」。出エジプトエホバイスラエル宗教与え,以後このは,「ブル」と知られる8なった。10後半から11前半当たる。付録8ロ参照。
「水深み」。または,「逆巻く水; 水天蓋」。ヘ語,テホーム; 七十訳,「底知れ深み」; ウル訳,「大いなる底知れ深み」。1:2,「深み」の脚注参照。1:7述べる,「大空上方来る水」とこれことあっ違いない。6:17,「大洪水」の脚注比較。
「水門」。字義,「窓」。七十訳,「瀑布」。
6:17,「活動いる」の脚注参照。
6:17,「大洪水」の脚注参照。
6:17,「活動いる」の脚注参照。