内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 6:1‐22

6  さて,人増え始め,彼らたち生まれる+  そのとき[まことの]*+たち見,その器量良いこと気づくようなっ+。そして彼ら自分たちためを,すべて自分選ぶところめとっいった。  そのエホバこう言わた。「わたし+対しいつまで定めなく働くことない+。彼*やはりあるから+。したがってその日数百二十なる+」。  その時代,またそのも,ネフィリム*た。それは[まことの]たち関係持ちつづけ,その[娘]たち彼ら産んころで,それらあるたち*,名ある人々*あった。  そのためエホバは,人あふれ,その考えすべて傾向+終始*ただ向かう+ご覧なった。  そしてエホバは,地造っこと悔やみ+,その痛み覚えられ+  それエホバこう言わた。「わたしは,自分創造+からぬぐい去ろう。人から,家畜,動く生き物,天飛ぶ生き物+いたるまで。わたしこれら造っことまさに悔やむからある+」。  しかし,ノアエホバ恵みた。  これノア歴史ある。 ノアかなっあり+,同時代人々あっ*とがないなった。ノアは[まことの]歩ん+ 10  やがてノア子,セム,ハム,ヤペテなっ+ 11  そして,地は[まことの]+損なわれ,地暴虐+満ちるようなった。 12  それで,ご覧なると,見よ,それ損なわ+。肉なるものみなその損なっからある+ 13  そののちノアこう言わた。「すべてなるもの終わりわたし到来+。彼らゆえに暴虐満ちいるからある。いま,わたし彼ら滅び至らせる+ 14  あなた自身ために,やに質*箱船*造りなさい+。その箱船仕切り室*造る。それ内側外側タール+覆わならない。 15  そして,あなたそれこのよう造る。すなわち,箱船長さ三百キュビト*+,その五十キュビト,その高さ三十キュビト。 16  あなたその箱船ためツォハル[屋根,もしくは窓]*造り,それ上方*,一キュビト仕上げ,また箱船入口その側面付ける+。あなたそれの[階]と二[階]と三[階]を造る。 17  「そして,わたしいま,地洪水*+もたらして,その+活動いる*すべてなるものから滅ぼし去ろいる。地あるものすべて息絶えるあろ+ 18  そしてわたしあなた対し自分契約固く立てる。あなた箱船入らならない。あなたも,またあなた息子たち,妻,息子たちあなた+ 19  そして,あらゆるなるあらゆる生き物+うち,それぞれずつ箱船携え入れ,それあなた生き長らえさせるよう+。それらある。 20  飛ぶ生き物うちからその種類したがい,家畜うちからその種類したがい+,地面あらゆる動く生き物うちからその種類したがって*,それぞれずつ入っあなたもと行き,命長らえさせる+ 21  そしてあなたは,食べられるあらゆる食物+自分ため取りなさい。それあなたもと集めなけれならない。それあなた彼らため食物なる+」。 22  それノアすべてから命じられとおりいった。まさにそのとおり行なっ+

脚注

「神み使いたち」,七十訳アレ写
「彼」。「人」を指しおり,「わたし霊」を指しない。
または,「倒すたち」。ヘ語,ハンネフィリーム,「他倒れさせるたち」。
あるたち」。ヘ語,ハッギッボーリーム
字義,「名人々」。
「終始」。字義,「一日じゅう」。
時代人々あって」。字義,「その世代(複)ので」。ヘ語,ベドーローターウ。
「やに質材」。字義,「ゴーフェル木」。やに質木材,いとすぎしれない。
字義,「大箱」。ヘ語,テーヴァト。
または,「小室; 仕切り間; 船室」。
1キュビト44.5相当た。
または,「明かりため開き口」。ヘ語,ツォーハル。
字義,「上ほうから」。
または,「大洋」。ヘ語,ハンマッブール; ラ語,ディールウィイー(英語,diluvial[洪水の]の語源)。7:6脚注参照。
字義,「その活動する)が[ある]」。ヘ語,アシェルボー ルーアハ ハイイーム。この場合,ルーアハは「活動する力; 霊」を意味いる。1:2,「力」の脚注参照。
字義,「その種類(単)にしたがって」。ヘ語,レミーネーフー。1:11脚注参照。