創世記 6:1‐22

6  さて,人が地の表に増え始め,彼らに娘たちが生まれると+  そのとき[まことの]の子ら*+は人の娘たちを見,その器量の良いことに気づくようになった+。そして彼らは自分たちのために妻を,すべて自分の選ぶところの者をめとっていった。  その後エホバはこう言われた。「わたしの霊+が人に対していつまでも定めなく働くことはない+。彼*はやはり肉であるからだ+。したがってその日数は百二十年となる+」。  その時代,またその後にも,ネフィリム*が地にいた。それは[まことの]の子らが人の娘たちと関係を持ちつづけ,その[娘]たちが彼らに子を産んだころで,それらは昔の力ある者たち*,名ある人々*であった。  そのためエホバは,人の悪が地にあふれ,その心の考えのすべての傾向+が終始*ただ悪に向かう+のをご覧になった。  そしてエホバは,地に人を造ったことで悔やみ+,その心に痛みを覚えられた+  それでエホバはこう言われた。「わたしは,自分が創造した人+を地の表からぬぐい去ろう。人から,家畜,動く生き物,天の飛ぶ生き物+にいたるまで。わたしはこれらを造ったことでまさに悔やむからである+」。  しかし,ノアはエホバの目に恵みを得た。  これがノアの歴史である。 ノアは義にかなった人であり+,同時代の人々の中にあって*とがのない者となった。ノアは[まことの]と共に歩んだ+ 10  やがてノアは三人の子,セム,ハム,ヤペテの父となった+ 11  そして,地は[まことの]の前に+損なわれ,地は暴虐+で満ちるようになった。 12  それで,が地をご覧になると,見よ,それは損なわれていた+。肉なるものがみな地でその道を損なっていたからである+ 13  そののちはノアにこう言われた。「すべての肉なるものの終わりがわたしの前に到来した+。彼らのゆえに地は暴虐で満ちているからである。いま,わたしは彼らを地と共に滅びに至らせる+ 14  あなた自身のために,やに質の木の材*で箱船*を造りなさい+。その箱船の中には仕切り室*を造る。それを内側も外側もタール+で覆わねばならない。 15  そして,あなたはそれをこのように造る。すなわち,箱船の長さは三百キュビト*+,その幅は五十キュビト,その高さは三十キュビト。 16  あなたはその箱船のためにツォハル[屋根,もしくは窓]*を造り,それを上方*,一キュビトに仕上げ,また箱船の入口をその側面に付ける+。あなたはそれに下の[階]と二[階]と三[階]を造る。 17  「そして,わたしはいま,地に大洪水*+をもたらして,その内に命の力+が活動している*すべての肉なるものを天の下から滅ぼし去ろうとしている。地にあるものはすべて息絶えるであろう+ 18  そしてわたしはあなたに対して自分の契約を固く立てる。あなたは箱船に入らねばならない。あなたも,またあなたの息子たち,妻,息子たちの妻もあなたと共に+ 19  そして,あらゆる肉なるあらゆる生き物+のうち,それぞれ二匹ずつを箱船の中へ携え入れ,それをあなたと共に生き長らえさせるように+。それらは雄と雌である。 20  飛ぶ生き物のうちからその種類にしたがい,家畜のうちからその種類にしたがい+,地面のあらゆる動く生き物のうちからその種類にしたがって*,それぞれ二匹ずつが入ってあなたのもとに行き,命を長らえさせる+ 21  そしてあなたは,食べられるあらゆる食物+を自分のために取りなさい。それをあなたのもとに集めなければならない。それはあなたと彼らのための食物となる+」。 22  それでノアはすべてから命じられたとおりにしていった。まさにそのとおりに行なった+

脚注

「神のみ使いたち」,七十訳アレ写
「彼」。「人」を指しており,「わたしの霊」を指してはいない。
または,「倒す者たち」。ヘ語,ハンネフィリーム,「他の者を倒れさせる者たち」。
力ある者たち」。ヘ語,ハッギッボーリーム
字義,「名の人々」。
「終始」。字義,「一日じゅう」。
同時代の人々の中にあって」。字義,「その世代(複)の中で」。ヘ語,ベドーローターウ。
「やに質の木の材」。字義,「ゴーフェルの木」。やに質の木材,いとすぎかもしれない。
字義,「大箱」。ヘ語,テーヴァト。
または,「小室; 仕切り間; 船室」。
1キュビトは44.5㌢に相当した。
または,「明かりのための開き口」。ヘ語,ツォーハル。
字義,「上のほうから」。
または,「天の大洋」。ヘ語,ハンマッブール; ラ語,ディールウィイー(英語,diluvial[洪水の]の語源)。7:6の脚注参照。
字義,「その内に命の活動する力)が[ある]」。ヘ語,アシェル・ボー ルーアハ ハイイーム。この場合,ルーアハは「活動する力; 霊」を意味している。1:2,「力」の脚注参照。
字義,「その種類(単)にしたがって」。ヘ語,レミーネーフー。1:11の脚注参照。