内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 6:1‐22

6  さて,人​が​地​の​表​に​増え​始め,彼ら​に​娘​たち​が​生ま​れる​と+  その​とき[まこと​の]神​の​子​ら​*+は​人​の​娘​たち​を​見,その​器量​の​良い​こと​に​気づく​よう​に​なっ​た+。そして​彼ら​は​自分​たち​の​ため​に​妻​を,すべて​自分​の​選ぶ​ところ​の​者​を​めとっ​て​いっ​た。  その​後​エホバ​は​こう​言わ​れ​た。「わたし​の​霊​+が​人​に​対し​て​いつ​まで​も​定め​なく​働く​こと​は​ない+。彼​*は​やはり​肉​で​ある​から​だ+。したがって​その​日数​は​百二十​年​と​なる+」。  その​時代,また​その​後​に​も,ネフィリム​*が​地​に​い​た。それ​は[まこと​の]神​の​子​ら​が​人​の​娘​たち​と​関係​を​持ちつづけ,その[娘]たち​が​彼ら​に​子​を​産ん​だ​ころ​で,それら​は​昔​の​力​ある​者​たち*,名​ある​人々​*で​あっ​た。  その​ため​エホバ​は,人​の​悪​が​地​に​あふれ,その​心​の​考え​の​すべて​の​傾向​+が​終始​*ただ​悪​に​向かう​+の​を​ご覧​に​なっ​た。  そして​エホバ​は,地​に​人​を​造っ​た​こと​で​悔やみ+,その​心​に​痛み​を​覚え​られ​た+  それ​で​エホバ​は​こう​言わ​れ​た。「わたし​は,自分​が​創造​し​た​人​+を​地​の​表​から​ぬぐい去ろ​う。人​から,家畜,動く​生き物,天​の​飛ぶ​生き物​+に​いたる​まで。わたし​は​これら​を​造っ​た​こと​で​まさに​悔やむ​から​で​ある+」。  しかし,ノア​は​エホバ​の​目​に​恵み​を​得​た。  これ​が​ノア​の​歴史​で​ある。 ノア​は​義​に​かなっ​た​人​で​あり+,同​時代​の​人々​の​中​に​あっ​て​*とが​の​ない​者​と​なっ​た。ノア​は[まこと​の]神​と​共​に​歩ん​だ+ 10  やがて​ノア​は​三​人​の​子,セム,ハム,ヤペテ​の​父​と​なっ​た+ 11  そして,地​は[まこと​の]神​の​前​に​+損なわ​れ,地​は​暴虐​+で​満ちる​よう​に​なっ​た。 12  それで,神​が​地​を​ご覧​に​なる​と,見よ,それ​は​損なわ​れ​て​い​た+。肉​なる​もの​が​みな​地​で​その​道​を​損なっ​て​い​た​から​で​ある+ 13  その​のち​神​は​ノア​に​こう​言わ​れ​た。「すべて​の​肉​なる​もの​の​終わり​が​わたし​の​前​に​到来​し​た+。彼ら​の​ゆえに​地​は​暴虐​で​満ち​て​いる​から​で​ある。いま,わたし​は​彼ら​を​地​と​共​に​滅び​に​至ら​せる+ 14  あなた​自身​の​ため​に,やに質​の​木​の​材​*で​箱船​*を​造り​なさい+。その​箱船​の​中​に​は​仕切り室​*を​造る。それ​を​内側​も​外側​も​タール​+で​覆わ​ね​ば​なら​ない。 15  そして,あなた​は​それ​を​この​よう​に​造る。すなわち,箱船​の​長さ​は​三百​キュビト*+,その​幅​は​五十​キュビト,その​高さ​は​三十​キュビト。 16  あなた​は​その​箱船​の​ため​に​ツォハル[屋根,もしくは​窓]*を​造り,それ​を​上方*,一​キュビト​に​仕上げ,また​箱船​の​入口​を​その​側面​に​付ける+。あなた​は​それ​に​下​の[階]と​二[階]と​三[階]を​造る。 17  「そして,わたし​は​いま,地​に​大​洪水​*+を​もたらし​て,その​内​に​命​の​力​+が​活動​し​て​いる​*すべて​の​肉​なる​もの​を​天​の​下​から​滅ぼし去ろ​う​と​し​て​いる。地​に​ある​もの​は​すべて​息絶える​で​あろ​う+ 18  そして​わたし​は​あなた​に​対し​て​自分​の​契約​を​固く​立てる。あなた​は​箱船​に​入ら​ね​ば​なら​ない。あなた​も,また​あなた​の​息子​たち,妻,息子​たち​の​妻​も​あなた​と​共​に+ 19  そして,あらゆる​肉​なる​あらゆる​生き物​+の​うち,それぞれ​二​匹​ずつ​を​箱船​の​中​へ​携え入れ,それ​を​あなた​と​共​に​生き長らえ​させる​よう​に+。それら​は​雄​と​雌​で​ある。 20  飛ぶ​生き物​の​うち​から​その​種類​に​したがい,家畜​の​うち​から​その​種類​に​したがい+,地面​の​あらゆる​動く​生き物​の​うち​から​その​種類​に​したがって*,それぞれ​二​匹​ずつ​が​入っ​て​あなた​の​もと​に​行き,命​を​長らえ​させる+ 21  そして​あなた​は,食べ​られる​あらゆる​食物​+を​自分​の​ため​に​取り​なさい。それ​を​あなた​の​もと​に​集め​なけれ​ば​なら​ない。それ​は​あなた​と​彼ら​の​ため​の​食物​と​なる+」。 22  それ​で​ノア​は​すべて​神​から​命じ​られ​た​とおり​に​し​て​いっ​た。まさに​その​とおり​に​行なっ​た+

脚注

「神​の​み使い​たち」,七十訳​アレ写
「彼」。「人」を​指し​て​おり,「わたし​の​霊」を​指し​て​は​い​ない。
または,「倒す​者​たち」。ヘ語,ハンネフィリーム,「他​の​者​を​倒れ​させる​者​たち」。
力​ある​者​たち」。ヘ語,ハッギッボーリーム
字義,「名​の​人々」。
「終始」。字義,「一日​じゅう」。
同​時代​の​人々​の​中​に​あっ​て」。字義,「その​世代(複)の​中​で」。ヘ語,ベドーローターウ。
「やに質​の​木​の​材」。字義,「ゴーフェル​の​木」。やに質​の​木材,いとすぎ​か​も​しれ​ない。
字義,「大箱」。ヘ語,テーヴァト。
または,「小室; 仕切り​間; 船室」。
1​キュビト​は​44.5​㌢​に​相当​し​た。
または,「明かり​の​ため​の​開き口」。ヘ語,ツォーハル。
字義,「上​の​ほう​から」。
または,「天​の​大洋」。ヘ語,ハンマッブール; ラ語,ディールウィイー(英語,diluvial[洪水​の]の​語源)。7:6の​脚注​参照。
字義,「その​内​に​命​の​活動​する​力)が[ある]」。ヘ語,アシェル​・​ボー ルーアハ ハイイーム。この​場合,ルーアハ​は「活動​する​力; 霊」を​意味​し​て​いる。1:2,「力」の​脚注​参照。
字義,「その​種類(単)に​したがって」。ヘ語,レミーネーフー。1:11の​脚注​参照。