内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 44:1‐34

44  後自分つかさどる命じ+言った,「あの人々その運べるかぎり食物満たし,各人金子その入れおきなさい+  だが,わたし杯,銀を,末に,その穀類代金一緒必ず入れおくように」。それヨセフ語っその言葉とおり行なっ+  朝,明るくなっから,人々そのろば送り出さ+  一行その都市た。彼らまだ遠くまで行かないうちに,ヨセフ自分つかさどる言った,「立て! あの人々追え。必ず追いついて,こう言うだ。『どうしてお前たち対し報い+  それは,わたし主人飲む用い,それよっ巧み兆し読むものない+。悪いことお前たち行なった』」。  やがて追いついて,この言葉彼ら告げた。  しかし彼ら言った,「どうしてそのよう言葉お話しなるでしょか。僕どもそのよう行なうなど考えつかないことです。  袋見つけ金子は,カナンから持っあなたお返しではありませ+。それなのにどうしてご主人から盗み出すことなどありましょ+  この奴隷ども*うちそれ見いだされるいれば,その死なせ,わたしたち自身ご主人奴隷ならせください+」。 10  すると言った,「では今,お前たちその言葉どおりもらお+。それで,それ見いだされるわたし奴隷なる+。だが,お前たち自身潔白されよう」。 11  そこで彼ら急い各自降ろし,それぞれ自分開けた。 12  それ注意深く捜し回った。一番年上から始めて,一番年下終わった。そしてついに,杯ベニヤミン見つかっ+ 13  それ彼ら自分マント引き裂き+,それぞれ自分またろば載せ,その都市戻った。 14  そして,ユダ+その兄弟たちヨセフ入っ行くと,彼まだそこた。それ彼らそのひれ伏し+ 15  するとヨセフ彼ら言った,「お前たちこの行為どういうことか。わたしよう巧み兆し読むいうこと知らなかっ+」。 16  これ対しユダ叫ぶよう言った,「ご主人様対し私ども申し上げられましょう。何お話しできましょう。またどのよう私ども証明ましょ+。[まことの]この奴隷どもとが見いださまし+。さあ,私どもご主人様奴隷ございます+。私どもその見いださに」。 17  しかし言った,「そのようするわたし考えられないこと+。その見いださ者,そのわたし奴隷なる+。あとは,平安もと上っ行くよい+」。 18  するとユダ近づいて,こう言った。「お願いいたします。ご主人様,どうかこの奴隷ご主人様聞かれるところ一言お話しくださいますよう+。み怒り+この奴隷対し燃えることないようくださいますように。あなたファラオ同じようですから+ 19  ご主人様*その奴隷どもお尋ねなって,『お前たちいるか』と言わました。 20  それ私どもは,『はい,年老いその老年あるおります+。しかしその死にましため,ただだけそのの[子]と残さおり+,父これ大そう愛しおります』とご主人様申し上げました。 21  そのこの奴隷どもに,『その連れて,わたし一目見ることできるようせよ』と言わまし+ 22  私どもは,『あのもと離れることできません。もし離れすれば,父きっと死んしまうことございましょう』とご主人様申し上げまし+ 23  するとこの奴隷ども言わです,『末一緒下っ来るないかぎり,お前たちもはやわたし見ることない』と+ 24  「それから,私どもあなた奴隷あるもと上っ行って,ご主人様言葉伝えです。 25  後は,『また行って,少し食物わたしたちため買っ来るように』と申しまし+ 26  しかし私ども申しました,『わたしたち下っ行くことできません。末一緒なら下っまいります。末一緒なければ,わたしたちあの見ることできないからです+』。 27  すると,あなた奴隷あるわたし私ども申しました,『あなた方よく知るとおり,わたしただわたし産ん+ 28  後そのわたしもとからなくなり,わたしは,「ああ,あのきっとかき裂かしまっだ」と言っ+。そしてなるまでわたしあのない。 29  このまでわたしから連れ行って,もしも起きるすれば,あなた方は,白髪わたしきっと災いうちシェオル+下らせることなるだろう』。 30  「それ今,あなた奴隷あるわたしところこの連れ戻るようことなれば,かこの結び合っおります+ 31  必ずや[父]はこのないだけ死んしまい,この奴隷どもあなた奴隷あるわたしども白髪まさに悲嘆うちシェオル*下らせることなることございましょう。 32  実ところ,この奴隷このもとから離れおりますその保証なり+,『もしあなたもと連れ帰らないすれば,わたし対し永久*犯しことなります』と申しまし+ 33  ですから今,どうかこの奴隷ご主人様奴隷この代わりとどまらせ,このその兄弟たち一緒上っ行かくださいますよう+ 34  と申しますは,どうしてこの連れもと上っ行くことできるでしょか。私臨む災い見ること恐れるです+」。

脚注

または,「僕ども」。
または,「我主」。
シェオルに」。ヘ語,シェオーラー; ギ語,エイス ハーイドゥー; シ語,ラシウール; ラ語,アド インフェロース。付録4ロ参照。
「永久に」。字義,「すべて日々」。