内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 42:1‐38

42  やがてヤコブエジプト穀類あること知っ+。それヤコブ息子たち言った,「どうしてあなた方は[顔を]見合わばかりいるか」。  そして加え言った,「いまわたしは,エジプト穀類あること聞い+。そこ下っ行って,わたしたちためそこから買っなさい。生きつづけるため,死絶えないようするためだ」。  そこでヨセフ兄弟たち+は,エジプトから穀物買うため下っ行った。  しかしヤコブヨセフベニヤミン兄弟たち一緒行かなかっ+。「でないと,もしも*これ起きるしれない」と言うあっ+  こうイスラエルは,買い人々一緒やった。飢きんカナン起きからある+  そして,ヨセフこの対する支配持つあっ+。地すべて売り渡し行なっあっ+。そのためヨセフ兄弟たちその低くかがめ,顔つけるあっ+  その兄弟たちとき,ヨセフすぐそれ気づいが,彼ら自分こと気づかないよう+。それ彼ら厳しい話し方こう言った。「お前たちどこからか」。そこで彼ら言った,「カナンから食料買い参りまし+」。  こうヨセフ自分兄弟たちこと気づいが,彼らほう気づかなかった。  ヨセフすぐに,彼ら関し自分思い出し+。そして,さらにこう言った。「お前たち回し者だ! このあらわ様子*ようやっ+!」 10  それ彼ら言った,「いいえ,我+,僕ども+食料買うため参りました。 11  わたしどもみなで,廉直人間ございます。僕ども回し者などではございませ+」。 12  だが言った,「いや,そうない! お前たちこのあらわ様子ようやっ+!」 13  そこで彼ら言った,「僕ども十二兄弟+で,カナンございます+。そして,ご覧ください,末ただいまもとおり+,あともうおりませ+」。 14  しかしヨセフ言った,「それだ,『お前たち回し者だ』とわたし言っは。 15  お前たちこれよっ試されることなる。すなわち,ファラオ生きおられるが,末ここ来るなければ,お前たちここから出ることない+ 16  お前たちうち行かて,お前たちつながいるその連れ来るようせよ。それよっお前たち言葉は,お前たち関し真実どう試される+。そして,もし違うならば,ファラオ生きおられるが,お前たち回し者だ」。 17  こう彼ら拘禁た。 18  そのヨセフ彼ら言った,「このよう生きつづけよ。わたしも[まことの]恐れる+ 19  お前たち廉直あるなら,兄弟うちいまいる拘禁つない+,あと行って,自分たち飢きんため穀類運ぶよい+ 20  それから,末わたしところ連れて,お前たち言葉信頼できること示すだ。そうすれば,お前たち死なないすむだろ+」。それ彼らそのとおりすることなった。 21  そして彼ら互いこう言いだした。「確かわたしたちこと罪科ある+。わたしたち同情請い求めに,その苦しみながらそれ聴き入れなかっからだ。だからこの苦しみわたしたち臨んいる+」。 22  するとルベン答え言った,「『そのおかしいけない』とわたし言っないか。それなのにあなた方聴かなかっ+。だからいま関し,ここまさにその返済求められいる+」。 23  彼らは,ヨセフ聴いいること知らなかった。その通訳からある。 24  そのため[ヨセフ]は彼らから離れ行っ泣くあっ+。そのそのところ戻り,彼ら話しそのからシメオン取り+,彼らこれ縛っ+ 25  それからヨセフ命令与えると,人々彼ら入れ物穀物満たしいった。さらに,彼ら金子各人大袋戻し+,旅ため食糧与えるよういうことなっ+。それ彼ら対しそのとおり行なわた。 26  こう彼ら自分たち穀類ろば積んそこたった。 27  宿り場ろば飼い葉やろ+自分大袋開けところ,そこ見つけ自分金子あった。それが,大袋あっある+ 28  そこで兄弟たち言った,「わたしお金返さいる。しかも,見なさい,わたし入っいるだ」。それ彼ら沈み,震えながら互いに[顔を]見合わ+こう言った。「わたしたち行なわこの一体どういうことだろ+」。 29  ようやく彼らカナンヤコブもと着き,自分たち起きすべて話して,こう言った。 30  「その*たるわたしたち厳しい話し方まし+。わたしたちことを,そのうかがう回し者みなしためです+ 31  でもわたしたちその言いました,『わたしども廉直人間です+。回し者などではございません。 32  わたしたち十二兄弟+,同じです+。一もうおりませ+,末ただいまカナンもとおります+』。 33  ところそのたる言いまし+,『これよっわたしお前たち廉直いうこと知ることよう+。つまり,兄弟わたしもととどまらせよ+。そして,自分たち飢きんためもの持っ行くよい+ 34  それから連れて,お前たち回し者なく廉直あることを,わたし分かるようするだ。お前たち兄弟わたし返すあろし,お前たちこの商売よいことなろ+』」。 35  それから彼らそれぞれ大袋中身空けゆくと,見よ,各人金子包みその入っいるあった。それで,彼らその自分たち金子包み恐れ抱いた。 36  そのとき彼らヤコブ叫ん言った,「あなた方このわたしから奪い去っ+。ヨセフもうない。シメオンもうない+。そしてベニヤミンまで連れ行こする。これらみんなこのわたし及んだ」。 37  しかしルベン言った,「もしわたし連れ帰らないなら,わたし息子お渡しなっかまいませ+。彼わたしお任せください。このわたしあなたもと帰らます+」。 38  それでも言った,「わたしあなた方一緒下っ行かない。その死んで,彼ただ独り残さ+。あなた方行くもしも*あれば,白髪わたしきっと悲嘆うちシェオル+*下らせることなろう」。

脚注

字義,「いやし」。「もしも事」を意味する婉曲語法用いられいる。
または,「無防備状態」。字義,「裸」。
ヘ語,アドーネー。卓越表わす複数形。
4脚注参照。
シェオルに」。ヘ語,シェオーラー; ギ語,エイス ハーイドゥー; シ語,ラシウール; ラ語,アド インフェロース。付録4ロ参照。