内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 41:1‐57

41  それから*終わりこと,ファラオ+,見ると,自分ナイルそば立っいるあった。  そして,そこナイルから上がっは,姿美しく肉づき良い雌牛で,それらナイル草むら*はん+  また,見ると,その雌牛ナイルから上がっが,姿醜く,肉づき悪かっ+。それらナイルそば雌牛並ん立った。  そして,姿醜く肉づき悪い雌牛が,姿美しくよく肥え雌牛食い尽くしいっある+。ここファラオ覚め+  ところ再び寝入った。そして,今度穀物七つが,丸く膨れ良い[穂]であっ+  また,見ると,穀物七つ,やせ東風+焦がさものそのから伸び+  そして,そのやせが,膨らん詰まっ七つ呑み込んいっ+。ここファラオ覚めが,なんとそれあった。  そしてなると,彼騒ぎ立つあっ+。それで,人やって,魔術行なうエジプトすべて祭司+またすべて賢人たち+呼び,それからファラオ自分*彼ら話しいっ+。しかし,ファラオためそれ解き明かすなかった。  そのとき献酌ファラオ話し+こう言った。「私関し今日ここ申し上げます+ 10  ファラオご自分たち憤らまし+。そして護衛ある牢屋渡さまし+。私パン焼きふたりです。 11  その私どもは,私に,同じました。各々それなり解き明かし持つです+ 12  そして,そこは,私どもに,護衛+あるヘブライ+若者おりました。私どもそれついましところ+,彼その解き明かしくれました。各々に,その応じ解き明かしくれました。 13  そして,彼解き明かしくれとおりなっです。[ファラオ]は職務戻し+,彼を[杭に]お掛けなりまし*+」。 14  そこでファラオやっヨセフ呼び+,獄からすぐ連れ来させること+。それそり+,マント着替え+ファラオもと入った。 15  するとファラオヨセフ言った,「わたしだが,それ解き明かしくれるない。ところわたしお前つい聞いだが,お前聞いそれ解き明かすことできるいうこと+」。 16  それ対しヨセフファラオ答え言った,「私ご考慮いただくほどございません。*ファラオ幸いお告げなるもの存じます+」。 17  そこでファラオ続いヨセフこうた。「夢あっが,見ると,わたしナイル立った。 18  すると,そこナイルから上がっは,肉づき良く美しい雌牛で,ナイル草むらはみはじめ+ 19  また,見ると,そのから雌牛上がっが,貧弱はなはだ悪く,肉づき悪かっ+。醜さで,わたしエジプト全土かつてそれほどものことない。 20  ところが,そのやせこけ醜い雌牛が,初め肥え雌牛食い尽くしいっ+ 21  それで,これらその入っだが,それでもそれ入っ分からないほどあった。その姿始め同じよう醜かっから+。ここわたし覚めた。 22  「その後,夢だが,今度穀物七つた。実詰まっ良い[穂]であっ+ 23  また,見ると,しなびやせ,東風焦がさ七つ+そのから伸びた。 24  そして,そのやせ七つ良い呑み込んいっ+。それわたし魔術行なう祭司たちそのこと述べ+,わたし告げくれるなかっ+」。 25  そのヨセフファラオ言った,「ファラオただ一つことです。[まことの]その行なおおられるファラオお告げなっです+ 26  七良い雌牛ことです。そして七つ良いことです。そのただ一つことです。 27  また,後から上がっやせこけ醜い雌牛ことです。東風+焦がさた,から七つ飢きんです+ 28  私ファラオ申し上げことですが,[まことの]その行なおおられるファラオお示しなっです+ 29  「これから,エジプト全土非常豊作ます。 30  しかし,飢きん必ずその起こります。エジプトすべて豊作きっと忘れられ,飢きんこのまさになめつくすことなります+ 31  そして,このかつて豊作来るその飢きんため知らなくなります。それ必ず非常厳しいものなるからです。 32  そして,このファラオ繰り返さいうことは,それが[まことの]おい堅く定められいう意味あり+,[まことの]速やかそれ行なわれるです+ 33  「それ今,ファラオ思慮深く知恵ある見つけ,そのエジプトお立てなりますよう+ 34  ファラオ行動れ,この監督たち任命ますよう+。そして,豊作エジプトお取りならなけれなりませ+ 35  そして,それらこれから来る良いすべて食料集めさせ,ファラオ穀物食料それぞれ都市蓄えさせられますよう+。そして彼らそれ安全守らなけれなりません。 36  こうて,エジプト広がる飢きん間,その食料このため備えなり+,この飢きんよっ断たれることないようするです+」。 37  さて,これファラオおよびそのすべてたち良いこと見え+ 38  それファラオそのたち言った,「宿るこのようほか見いだすことできよう+」。 39  そのファラオヨセフ言った,「あなたこのすべて知らせられあるから+,あなたよう思慮深く知恵あるない+ 40  あなた自身わたしつかさどり+,わたしすべてあなた全面従うことなる*+。ただ王座関しのみわたしあなたより大いなるなる+」。 41  そしてファラオさらにヨセフ言った,「見なさい,わたしあなた確か据えエジプト全土つかさどらせる+」。 42  そうファラオ認印指輪+自分から外しヨセフはめ,上等亜麻*着せ,金首飾りその掛けさせ+ 43  さらに,自分持つ兵車乗ら+,そのに「アブレーク!*」と呼ばわらせ,こうエジプト全土据えた。 44  そしてファラオさらにヨセフ言った,「わたしファラオあるが,あなた認可なくは,エジプト全土おい挙げること許さない+」。 45  そのファラオヨセフザフナテパネア*呼び,オン*+祭司ポティフェラ*アセナト+与えた。こうヨセフエジプト出ることなっ+ 46  そして,エジプトファラオ立っとき,ヨセフ三十あっ+ それからヨセフファラオて,エジプト全土回った。 47  そして,豊作そのあふれるほど産出つづけ+ 48  それエジプトできそのすべて食料集めゆき,その食料それぞれ都市置くあっ+。周りから来る食料その都市置いある+ 49  こうヨセフ穀物非常多く,海よう積み上げゆき+,ついに数えるやめしまった。それ知れなかっからある+ 50  そして,飢きん到来するヨセフ息子生ま+。オン祭司ポティフェラアセナト産んある。 51  それヨセフ長子マナセ*+呼んだ。その言うところ,「*わたしすべて難儀を,またわたし全家忘れさせくださっ+」からあった。 52  そしての[子]のエフライム*+呼んだ。その言うところ,「わたし惨め味わっわたし実り多いくださっ+」からあった。 53  そしてエジプト臨ん豊作次第終わり+ 54  代わっ飢きんヨセフ述べとおり到来始め+。そしてその飢きんすべて土地及んが,エジプト全土パンあっ+ 55  だが,ついにエジプト全土飢きんなり,民ファラオパン叫び求めるようなっ+。するとファラオすべてエジプト言った,「ヨセフところ行け。何言うところ行なう+」。 56  そして飢きん全面臨ん+。そのときヨセフ人々あっすべて穀物貯蔵開い*エジプト人々*売りはじめ+。飢きんエジプト強くとらえある。 57  さらに,全地人々*ヨセフから買い求めるためエジプトやった。飢きん全地強くとらえからある+

脚注

「満年」。字義,「日々年」。
または,「それらで」。
「夢」(複),サマ五; マソ本,七十訳,ウル訳,「夢」(単)。
「彼を[杭に]お掛けなりました」,マソ本; 七十訳,「そのは[杭に]掛けられました」; ウル訳,「その苦しみ杭[ラ語,クルケ(クルクス変化形)]に掛けられました」。
「言った,『私などなしが』」,ウル訳。
字義,「あなたわたしすべて口づけする[和合する; 自ら合わせる]であろう」。
「上等亜麻の」。または,「ビュッスス織りの」。
「アブレーク!」ヘ語,アヴレーク。この表現エジプト言葉ヘブライ音訳で,その厳密意味まだ確定ない。シリ訳,「父また支配者!」; ウル訳,「すべてひざかがめよ」。
「隠さ事柄明らかする者」の意。ヘブライその語形このよう意味理解た。ラ語,サルワートーレム ムンディー,「世界救い主」。
「オン」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「ヘリオポリス」(「太陽都市」の意)。ラー表わさ太陽崇拝が,そこあっラー神殿行なわことよる。
カイロ博物は,ポティファレいう人物言及する,1935発見墓碑(石柱)がある。
「忘れやすくさせる者; 忘れさせる者」の意。ヘ語,メナッシェ。
ヘ語,エローヒーム。定冠詞付いない。
「二実り豊か; 実り地」の意。ヘ語,エフラーイム。
字義,「ヨセフ彼らあっすべてもの開いて」。七十訳,「ヨセフすべて穀物貯蔵開いて」。
または,「エジプトに」。
字義,「さらに,全地が」。しかし,「やった」という動詞複数で,人々指しいる。