内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 40:1‐23

40  さて,こうあっ後,エジプト献酌+パン焼きが,自分たちあるエジプト+対し*おかした。  そのためファラオ自分つかさ,すなわち献酌*パン焼き+対し憤っ+  そしてそのふたり護衛+ある牢屋,つまりヨセフ囚人なっ場所あるその獄屋+渡した。  そこで護衛ヨセフ割り当てこれさせ,彼そのふたり仕えるようさせ+。こう彼ら牢屋とどまった。  ときに,ふたり+。エジプト属し,獄屋あっ囚人なっ献酌パン焼き+,同じそれぞれ+,いずれそれなり解き明かし+持つを[見た]のある。  ヨセフふたりところ入っ見ると,そのふたりしょう然いるあっ+  それ主人牢屋自分いるファラオつかさたち尋ね言った,「どうして今日あなた方憂うつそうおられるです+」。  すると彼ら言った,「わたしたちですが,解き明かしくれるないです」。それヨセフふたり言った,「解き明かしよるありませ+。それどうぞわたし話しください」。  それ献酌自分ついヨセフ話しこう言った。「夢でしが,見ると,一ぶどうわたしありました。 10  そして,そのぶどう三つ小枝付いおり,さらに若枝出しいるようでし+。そのました。そのぶどう熟さました。 11  そしてファラオわたしあり,わたしそのぶどう取っファラオ搾り出しまし+。そのわたしそのファラオささげです+」。 12  するとヨセフ言った,「その解き明かしこうです+。三つ小枝ことです。 13  今からうちファラオあなた上げ,必ずあなた職務戻すでしょ+。あなたは,献酌務め以前習慣とおり,ファラオそのささげることなるです+ 14  ですが,あなたとっうまく運んだら,わたしこと覚えくださらなけれなりませ+。そして,どうかわたしある親切施しわたしことファラオ話し+,ぜひともわたしこのから出しください。 15  実ところ,わたしヘブライ土地からさらわです+。そしてここも,獄*入れられるようことませ+」。 16  彼良い事柄解き明かして,今度パン焼きヨセフ言った,「わたしでしが,見ると,白いパン入れ三つかごわたしありました。 17  一番かごは,パン焼きこしらえた,ファラオためあらゆる食べ物+入っましが,鳥たち+わたしかごからそれ食べました」。 18  するとヨセフ答え言った,「その解き明かしこうです+。三つかごことです。 19  今からうちファラオあなた上げさせね,きっとあなた*掛けるでしょ+。そしてたちあなたから食べるです+」。 20  さて,三ファラオ誕生+あった。それ自分すべてたちため催し,そのたち見る献酌パン焼き上げさせ+ 21  そして献酌献酌地位戻しため+,彼引き続きファラオささげることなった。 22  一方パン焼きは[杭に]掛けられ+,ヨセフ彼ら解き明かしとおりなっ+ 23  しかし,献酌ヨセフこと思い出さず,ずっ忘れ+

脚注

「自分たち……に対して」。ヘ語,ラアドーネーヘム。アードーン複数で,卓越表わす。39:2脚注比較。
「の長」。ヘ語,サル。12:15では複数で,「のたち」と訳さいる。
「獄穴」。字義,「水溜め」,つまり,水溜めで,獄用いられもの。
または,「材木」。字義,「木」。ギ語,クシュルー; ラ語,クルケ(クルクス変化形)。41:13脚注参照。