内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 4:1‐26

4  さて,アダムそのエバ交わり持ち,彼女妊娠+。やがて彼女カイン*+産んで,こう言った。「わたしエホバ助けひとり男子産み出し*+」。  後彼女再び産んだ。彼兄弟アベル+ある。 そしてアベル飼う+なり,カインほう地面耕す+なった。  そしてしばらく*たっからこと,カイン実り+から幾らかエホバ捧げ物+携えた。  一アベルほうも,自分群れ初子+から,そののっところ+携えた。さて,エホバアベルその捧げ物好意もっおら+  カインそのげ物少し好意もっご覧ならなかっ+。するとカイン非常怒り燃え+,その顔色沈んいった。  それエホバカインこう言わた。「なぜあなた怒り燃えいるか。なぜあなた顔色沈んいるか。  善こと行なうようなれば,高められるない+。しかし,善いこと行なうようならなければ,罪入口うずくまっおり,それ慕い求めいるあなたある+。あなたそれ制するだろ+」。  そのカイン自分兄弟アベル言った,[「さあ行こう」。]* そして,ふたりときに,カイン自分兄弟アベル襲いかかっこれ殺し+  後エホバカイン言わた,「あなた兄弟アベルどこいる+」。すると言った,「知りません。わたし自分兄弟番人でしょ+」。 10  それて[]は言わた,「あなたか。聴け*! あなた兄弟*わたし向かっ地面から叫んいる+ 11  そして,あなたのろわ地面から追わいる+。それ開いあなた兄弟あなたから受け+ 12  あなた耕しも,それ自分*あなた返し与えないあろ+。あなたあっさすらい人,また逃亡なる+」。 13  これカインエホバ言った,「わたしとが対する処罰大きく負いきれません。 14  いま,あなたこのわたしからまさに追い立ておられ,わたしみ顔から隠されるです+。わたしあっさすらい+また逃亡ならならず,だれわたし見つけるきっとわたし殺すでしょ+」。 15  それエホバ言わた,「そのゆえ*,だれカイン殺す復しゅう受けることなる+」。 それエホバカインため一つしるし設け,彼見つけるだれ討つことないようされ+ 16  こうカインエホバから離れ行き+,エデン東方の“逃亡*”の住みついた。 17  後カインその+交わり持ち,彼女妊娠エノク産んだ。それから都市建設取りかかり,その都市息子エノク呼ん+ 18  そのエノクイラド生また。そしてイラドメフヤエルなり,メフヤエルメトシャエルなり,メトシャエルレメクなった。 19  そしてレメクためめとった。第アダいい,第チラいった。 20  やがてアダヤバルだ。彼は,天幕住ん+畜類飼う+始祖なった。 21  そしてそのユバルいった。彼は,すべてたて琴+*+扱う始祖*なった。 22  一チラほうトバルカイン産んだ。これあらゆる道具+鍛造する*あった。そしてトバルカイン姉妹ナアマいった。 23  そこでレメクアダチラためこの言葉まとめ* 「レメクたち,わたし聞け。わたしことば*向けよ。わたし*殺した,わたし負わゆえに*そうだ,若者を,わたし加え殴打ゆえに* 24  カインつい復しゅうあるなら+レメクつい七十倍」。 25  それからアダム交わり持ち,それよっ彼女産み,そのセツ*呼ん+。彼女言うところは,「カインアベル殺し+その代わり*立てくださった」からあった。 26  そして,セツ生まて,彼そのエノシュ+呼んだ。そのときエホバ呼び求めること+始まっ*

脚注

「産み出さもの」の意。エバこのよう名づけ理由説明いる。
「わたしは……産み出し」。ヘ語,カーニーティー(「産み出す」を意味するカーナー変化形)。
字義,「日々」。
サマ五,七十訳,古ラ訳,シリ訳このかっこ言葉挿入いる; ウル訳,「さあ行こう」; マソ本省いいる; 幾つ写本印刷ここ空欄設けいる。
字義,「(兄弟血)の声」。
「血」(複),マソ本。「わたしに……叫んいる」はその修飾句。
または,「自分産物」。ヘ語,コーハーハ。
「そのゆえに」。ヘ語,ラーケーン; 七十訳,シリ訳,ウル訳は,この部分ヘブライ原文を,ロー ケーン読むべきもの理解て,「そうない!」と訳しいる。
または,「ノド」。
または,「フルート」。笛組み合わせものしれない。
字義,「父」。
「鍛造する者」。字義,「つち打つ者」。
「そこで……まとめた」。字義,「そして……言いだした」,未完了形。(付録3ハ参照)彼ここ述べ詩的ことばあっから,『まとめる』という動詞この場合適切ある。
または,「わたし)」。ヘ語,イムラーティー。聖書この詩的文章用いられいる。
「人」を意味するイーシュいうあるヘブライ小詞「キー」は単に導入ためあるから,これ訳す必要ない。
字義,「わたしゆえに」。
字義,「わたし殴打ゆえに」。
代わりに,または代理て「立てられた; 置かた; 据えられた」の意。
または,「子孫; 後裔」。
字義,「そのとき……始められた」。