アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

創世記 4:1-26

4  さて,アダムはその妻エバと交わりを持ち,彼女は妊娠した+。やがて彼女はカイン*+を産んで,こう言った。「わたしはエホバの助けでひとりの男子を産み出した*+」。  後に彼女は再び子を産んだ。彼の兄弟アベル+である。 そしてアベルは羊を飼う者+となり,カインのほうは地面を耕す者+となった。  そしてしばらく*たってからのこと,カインは地の実り+の中から幾らかをエホバへの捧げ物+として携えて来た。  一方アベルのほうも,自分の羊の群れの初子+の中から,その脂ののったところ+を携えて来た。さて,エホバはアベルとその捧げ物とを好意をもって見ておられたが+  カインとその捧げ物とは少しも好意をもってご覧にならなかった+。するとカインは非常な怒りに燃え+,その顔色は沈んでいった。  それに対しエホバはカインにこう言われた。「なぜあなたは怒りに燃えているのか。なぜあなたの顔色は沈んでいるのか。  善いことを行なうようになれば,高められるのではないか+。しかし,善いことを行なうようにならなければ,罪が入口にうずくまっており,それが慕い求めているのはあなたである+。あなたはそれを制するだろうか+」。  その後カインは自分の兄弟アベルに言った,[「さあ野に行こう」。]* そして,ふたりが野にいたときに,カインは自分の兄弟アベルに襲いかかってこれを殺した+  後にエホバはカインに言われた,「あなたの兄弟アベルはどこにいるのか+」。すると彼は言った,「知りません。わたしは自分の兄弟の番人なのでしょうか+」。 10  それに対して[]は言われた,「あなたは何をしたのか。聴け*! あなたの兄弟の血*がわたしに向かって地面から叫んでいる+ 11  そして今,あなたはのろわれて地面から追われている+。それは口を開いてあなたの兄弟の血をあなたの手から受けた+ 12  あなたが地面を耕しても,それは自分の力*をあなたに返し与えはしないであろう+。あなたは地にあってさすらい人,また逃亡者となる+」。 13  これに対しカインはエホバに言った,「わたしのとがに対する処罰は大きくて負いきれません。 14  いま,あなたはこの日にわたしを地の表からまさに追い立てておられ,わたしはみ顔から隠されるのです+。わたしは地にあってさすらい人+また逃亡者とならねばならず,だれでもわたしを見つける者はきっとわたしを殺すでしょう+」。 15  それに対しエホバは彼に言われた,「そのゆえに*,だれでもカインを殺す者は七倍の復しゅうを受けることになる+」。 それでエホバはカインのために一つのしるしを設け,彼を見つける者がだれも彼を討つことのないようにされた+ 16  こうしてカインはエホバの顔から離れて行き+,エデンの東方の“逃亡*”の地に住みついた。 17  後にカインはその妻+と交わりを持ち,彼女は妊娠してエノクを産んだ。それから彼は都市の建設に取りかかり,その都市の名を息子エノクの名で呼んだ+ 18  その後エノクにイラドが生まれた。そしてイラドはメフヤエルの父となり,メフヤエルはメトシャエルの父となり,メトシャエルはレメクの父となった。 19  そしてレメクは自分のために二人の妻をめとった。第一の者の名はアダといい,第二の者の名はチラといった。 20  やがてアダはヤバルを産んだ。彼は,天幕に住んで+畜類を飼う者+の始祖となった。 21  そしてその兄弟の名はユバルといった。彼は,すべてたて琴+と笛*+を扱う者の始祖*となった。 22  一方チラのほうもトバル・カインを産んだ。これは銅と鉄のあらゆる道具+を鍛造する者*であった。そしてトバル・カインの姉妹はナアマといった。 23  そこでレメクは自分の妻アダとチラのためにこの言葉をまとめた* 「レメクの妻たち,わたしの声を聞け。 わたしのことば*に耳を向けよ。 わたしは人*を殺した,わたしに負わせた傷のゆえに* そうだ,若者を,わたしに加えた殴打のゆえに* 24  カインについて七倍の復しゅうがあるなら+ レメクについては七十と七倍」。 25  それからアダムは再び妻と交わりを持ち,それによって彼女は男の子を産み,その名をセツ*と呼んだ+。彼女の言うところでは,「カインがアベルを殺したので+はその代わりに別の胤*を立ててくださった」からであった。 26  そして,セツにも男の子が生まれて,彼はその名をエノシュ+と呼んだ。そのときエホバの名を呼び求めること+が始まった*

脚注

「産み出されたもの」の意。エバはこのように名づけた理由を説明している。
「わたしは……産み出した」。ヘ語,カーニーティー(「産み出す」を意味するカーナーの変化形)。
字義,「日々」。
サマ五,七十訳,古ラ訳,シリ訳はこの角かっこ内の言葉を挿入している; ウル訳,「さあ外に行こう」; マソ本は省いている; 幾つかの写本と印刷版はここに空欄を設けている。
字義,「(兄弟の血)の声」。
「血」(複),マソ本。「わたしに……叫んでいる」はその修飾句。
または,「自分の産物」。ヘ語,コーハーハ。
「そのゆえに」。ヘ語,ラーケーン; 七十訳,シリ訳,ウル訳は,この部分のヘブライ語原文を,ロー ケーンと読むべきものと理解して,「そうではない!」と訳している。
または,「ノド」。
または,「フルート」。笛を組み合わせたものかもしれない。
字義,「父」。
「鍛造する者」。字義,「つちで打つ者」。
「そこで……まとめた」。字義,「そして……言いだした」,未完了形。(付録3ハ参照)彼がここで述べたのは詩的なことばであったから,『まとめる』という動詞はこの場合適切である。
または,「わたしの)」。ヘ語,イムラーティー。聖書の中でこの語は詩的な文章に用いられている。
「人」を意味するイーシュという語の前にあるヘブライ語の小詞「キー」は単に詩の導入のためであるから,これを訳す必要はない。
字義,「わたしの傷のゆえに」。
字義,「わたしの殴打のゆえに」。
代わりに,または代理として「立てられた; 置かれた; 据えられた」の意。
または,「子孫; 後裔」。
字義,「そのとき……始められた」。