内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 39:1‐23

39  一ヨセフエジプト連れられ+。そして,ファラオ*廷臣護衛あるエジプトポテパル+が,これそこ連れ下っイシュマエル+から買い取ることなった。  しかしエホバヨセフおらた。そのため成功なり+,エジプトある自分主人*つかさどるなった。  そしても,エホバおられ,彼行なうすべてエホバそのうち成功おられる知るようなった。  それヨセフ恵み得,絶えそのもと仕えた。そのためは[ヨセフ]を任命自分つかさどら+,自分すべてものそのゆだねた。  そして,彼任命そのつかさどらせ,そのすべてもの管理からいうもの,エホバヨセフゆえにこのエジプト祝福ゆかれ,エホバ祝福持つすべてもの臨むあっ+  ついに自分いっさいものヨセフ任せ+。そのためは,自分食べいるパンすれば,自分もとある全く知らないあった。その上,ヨセフ姿美しく,容ぼう美しいなった。  さて,こう後,主人ヨセフつけ+,「わたしなさい+」と言うようなった。  しかしそれ拒ん+は,主人こう言うあった。「ご覧ください,ご主人様は,このもとあるご存じありません。その持たれるすべてものゆだねおられるです+  このより大いなるおりません。私対しどんなもの差し控えおらません。ただしあなただけです。あなた奥様からです+。ですから,どうしてわたしこの大きな悪行犯して,まさに対しおかすことなどできるでしょ+」。 10  こうて,彼ごと言い寄っも,ヨセフ決してそれ聴き入れかたわらなったりそのもととどまったりないあっ+ 11  ところそのこと,彼そのいつもよう*自分用事果たすため入っが,家そのひとりなかっ+ 12  それは[ヨセフ]のつかん+,「わたしちょうだい+!」と言った。しかし自分彼女残しまま逃げ+ 13  それで,外逃げ出ようその残しいっ見ると, 14  彼すぐ叫びし,家たちこう言うあった。「見なさい,あのヘブライなんか連れて,わたしたち笑いものよういうわ。あのわたしようやっよ。でも,声かぎり叫んやっ+ 15  そうたら,わたし上げ叫びだし聞いものから,すぐわたしそば残しまま逃げ行っよ」。 16  そののちは,主人戻るまで自分そば置いおい+ 17  それからこのよう言葉で[主人]に話し言った。「あなた連れあのヘブライが,わたしところやっわたし笑いものようました。* 18  でも,わたし上げ叫びだしで,すぐわたしそば残し逃げ行っです+」。 19  それで,「あなたわたしこうこうた」と話す言葉聞いて,彼主人怒り燃え立つあっ+ 20  そのためヨセフ捕らえ獄屋*引き渡した。そこ囚人たち*拘置いる*あり,彼その獄屋ずっとどまっ+ 21  しかしエホバき続きヨセフおら終始ある親切差し伸べ,また獄屋*恵みられるようされるあっ+ 22  それその獄屋すべて囚人ヨセフゆだねた。彼らそこで行なうすべて事,それは[ヨセフ]が行なわいるあっ+ 23  獄そのある物事全く顧みなかった。エホバが[ヨセフ]*おられ,その行なうことエホバ成功おらからある+

脚注

12:15脚注参照。
「自分主人」。ヘ語,アドーナーウ。3,7,8,16,19,20場合同じく,アードーン複数で,卓越表わす。
「そのいつもように」。この訳し方ついVT,第2巻,1952年,85‐87ページ参照。
七十訳は,「そしては,『わたしあなた寝ることよう』とわたし言いました」を付け加えいる。
字義,「[丸い]城家」。
「囚人たち」。字義,「縛らたち」。
字義,「縛らいる」。
または,「君」。ヘ語,サル。
字義,「彼」。