内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 38:1‐30

38  さて,そのころこと,ユダたちもとから下っ行って,ある近くに[自分天幕を]張った。それアドラム+で,そのヒラいった。  そしてユダそこで,あるカナン+出会った。彼*シュアいった。それで[ユダ]は彼女めとり,それ関係持った。  こう妊娠た。しばらく彼女産み,彼そのエル呼ん+  彼再び妊娠し,やがて産んで,そのオナン呼んだ。  彼さらにもう一度産んで,そのシェラ呼んだ。さて,彼女これ産んとき,彼*アクジブ*+  やがてユダ長子エルため迎えが,彼女タマル+いった。  しかし,ユダエルエホバ悪いなっ+。そのためエホバ渡さ+  それユダオナン言った,「お前兄嫁関係持っ*,それ兄弟結婚*行ない,お前兄さんため子孫起こしなさい+」。  しかしオナンは,その自分ものならないこと知っ+。それで,兄嫁実際関係持っとき,精液ただ流し*,自分兄弟子孫させないよう+ 10  さて,彼行なっことエホバ悪いことあっ+。そのため[]は渡さ+ 11  それユダタマル言った,「わたし息子シェラ成人するまであなたやもめ住んいるよい+」。彼は,「この[子]もそのたちよう死んしまうしれない+」と自分言っある*。そこでタマル行って,ずっ自分住ん+ 12  こう重ねるうちシュアあるユダ+死んだ。それユダ期日守っ+。そののち自分刈るたちところ上っ行った。彼そのあるアドラムヒラ+ティムナ+へ[行った]のある。 13  それタマルこうられた。「ご覧なさい,あなたしゅうと刈りティムナ上っ行きます+」。 14  そこでやもめ脱い肩掛け包み,ベールかぶっエナイム入口下ろした。それティムナ至る道路ぞいある。彼女は,シェラ成人自分その与えられないある+ 15  彼見かけとき,ユダすぐそれ娼婦*思っ+。彼女その覆っからある+ 16  そればた彼女ところ寄って,「どうかお前関係持たせおくれ」と言っ+。それ息子あること知らなかっある+。しかし彼女言った,「わたし関係持つために,あなた下さいます+」。 17  そこで言った,「わたしは,群れから子やぎお前送ろう」。だが彼女言った,「それ送っくださるまで保証頂けるでしょ+」。 18  それこう続けた。「お前やれる保証だろう」。すると彼女言った,「あなた印章つき+ひも,それあなたあるを」。それそれら渡し彼女関係持った。こう彼女は[ユダ]によっ妊娠た。 19  そののち立っそこ去り,肩掛け外して,やもめまとっ+ 20  それからユダは,女からその保証取り戻すため,友あるアドラム+介し子やぎ送った。ところが,彼どうしてその見つけることできなかった。 21  それで,その人々に,「エナイムに,その道路ぞいあの神殿娼婦どこますか」と聞い回った。しかし彼らは,「ここ神殿娼婦+などことない」と言うあった。 22  ついにユダもと戻って,こう言った。「わたしどうしてその見つけられなかった。それに,あの場所たちも,『ここ神殿娼婦などことない』と言った」。 23  それユダた,「あれあの取らおいて,わたしたち卑しめられることないようよう+。とにかくわたしこの子やぎ送っだ。ただあなたどうして彼女見つけられなかっだ」。 24  ところが,およそこと,ユダもとこう告げられた。「あなた息子タマル娼婦まね+,しかも,見なさい,その淫売*よっ妊娠までいる+」。それ聞いユダ言った,「彼女引き出して,焼いしまえ+」。 25  引き出さ行くとき,当彼女しゅうともと使いやって,こう言った。「これらもの属する人,そのよっわたし妊娠いたしまし+」。そして,加え言った,「印章つきひも*杖,これらだれもの+,どうぞお調べください+」。 26  そこでユダそれ調て,こう言っ+。「彼女ほうわたしよりかなっいる+。わたし彼女息子シェラやらなかっから+」。そしてそのさらに彼女交わり持つことなかっ+ 27  さて,彼出産なっが,見ると,その双子いるあった。 28  さらに,そのさい,一方差し出しで,産婆すぐとらえその緋色布切れくくり付け,「こちら最初た」と言うあった。 29  やがてそれ引っ込めると,今度その兄弟ほうある。それ彼女叫ん言った,「これどういうことです,自分ため会陰裂けめ作るは」。そのためペレツ*+呼ばた。 30  その,手緋色布切れ付け兄弟が,そのゼラハ*+呼ばれることなった。

脚注

「彼の」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「彼女の」。
「彼」,すなわち,ユダ; 七十訳,「彼女」。
ヨシュ 15:44,ミカ 1:14の「アクジブ」と同じ場所みなさいる; マソ本,「ケジブ」。
「と関係持って」。字義,「のところ入って」。
または,「レビレート婚」。エホバモーセ律法の,申 25:5‐9これ正式承認与えた。
字義,「とき,[それを]ただ流して」。
または,「と考えある」。
または,「遊女」。ギ語,ポルネーン。コリ一 6:15脚注参照。
または,「淫行」。
「ひも」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「幾ひも」。
「会陰裂けめ」の意。
「輝き出ること; [日の]出」の意。