内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 37:1‐36

37  そしてヤコブ外国住ん土地+,すなわちカナン+そのずっ住んた。  これヤコブある。 ヨセフ+は,十七とき自分兄弟たち一緒群れその*+,まだ少年あっで,父あるビルハ+ジルパ+た。そしてヨセフ彼らついよくない報告伝え+  またイスラエルほかすべて息子+まさっヨセフ愛した。彼自分老年あっからある。そしてためしま柄の,シャツ長い作ら+  父すべて兄弟まさっ愛しいる知ると,その兄弟たち憎むようなり+,彼対し穏やか言うことできなかっ+  後ヨセフそれ兄弟たち話しため+,彼らその憎しみ一層つのらた。  だがさらにこう言った。「わたしこのついどうぞ聴いください+  こうです,わたしたち真ん中たばねましが,見ると,わたし起き上がり,しかもまっすぐ立ち,そこみんな取り囲んわたしかがめはじめです+」。  するとたち言いだした,「お前きっとわたしたちなる言う+。きっとわたしたち支配するようなるでも言う+」。こう彼らその言葉ゆえにますます憎むようなった。  そののちさらに見,それつい兄弟たち話して,こう言った。「聞いください,わたしもう一度ました。そうです,太陽十一わたしかがめです+」。 10  そして兄弟たちだけなくそれ話した。すると叱っ言っ+,「お前このどういうことか。わたしが,そしてお前兄弟たちきっとやって,お前対しかがめる言うか」。 11  それたちねたむようなっ+。といえその言葉*意中とどめ+ 12  さて,兄たちシェケム+近く群れ*養うため出かけ行った。 13  しばらくイスラエルヨセフ言った,「あなた兄弟たちシェケム近くで[群れの]番いるはずないか。さあ,彼らところ使い行っもらおう」。そこで言った,「はい,参ります+」。 14  それた,「どうか行っおくれ。あなた兄弟たち無事か,そして群れ無事どう*,わたし報告する+」。こう言っヘブロン+低地平原から送り出した。彼シェケム向かっ進ん行った。 15  後ひとり出会っが,そのときさまよっいるあった。それその尋ね言った,「あなた捜しいるか」。 16  そこでた,「わたし兄弟たち捜しいるです。どうぞ教えください,どこ群れいるでしょか」。 17  するとその続け言った,「あのたちならここから引き揚げいった。『ドタン行こう』と言っいる聞いだが」。それヨセフ兄弟たち追っ行き,ドタン彼ら見つけた。 18  ところが,彼遠くから[ヨセフ]を見かけ,彼すぐ近く来るに,彼死なしまおこうかつたくらみ始め+ 19  そう言った,「見ろ,あの夢見る+やっ来る* 20  さあ,あいつ殺しどこ水坑投げ込んろう+。そして,たち悪い野獣むさぼり食った,と言う+。こうて,あいつどうなるろうないか」。 21  これて,ルベン彼らから[ヨセフ]を救い出そ+。それこう言った。「彼撃っ死なせる*ようことよそ+」。 22  ルベンなおもた,「血流しいけない+。彼荒野この水坑投げ込むだけおけ。彼下しいけない+」。彼を[兄弟たち]のから救い出しもと帰らせることその意図あった。 23  こうて,ヨセフたちところ来ると,彼らヨセフ長い衣,そのしま柄長いはぎ取るあっ+ 24  そののちつかんで,水坑投げ込ん+。折しもそので,中なかった。 25  それからパン食べよう下ろし+。彼ら上げ見ると,ちょうどそこギレアデからイシュマエル+隊商やっ来るあった。そのらくだラダナムゴム,バルサム*,やに質樹皮運ん+,それ携えエジプト下っ行くところあった。 26  これユダ兄弟たち言った,「わたしたち兄弟殺しその覆っところなるだろ+ 27  さあ,彼あのイシュマエル売ろ+。わたしたちかけることやめよう+。やはり,彼わたしたち兄弟,わたしたち肉親ないか」。それ彼ら自分たち兄弟[のことば]を聴き入れ+ 28  そのとき,人々,つまりミディアン商人たち+そば通りかかった。そこで彼らヨセフ水坑から引っ張り上げ+,次いヨセフ二十イシュマエル売っ+。やがてその人々ヨセフエジプト連れ行った。 29  後ルベン水坑戻っみると,その水坑ヨセフなかった。そのため自分引き裂くあっ+ 30  そして,他兄弟たちところ戻るなり叫ん言った,「あのなくなっいる! わたしは,このわたし一体どこ行ったらよい+」。 31  しかしヨセフ長い取り,雄やぎほふって,その長い浸し+ 32  そのそのしま柄長い送っもと届けさせ,こう言った。「これわたしたち見つけました。あなた長いどう+,どうぞ調べください+」。 33  それそれ調べゆき,そののち叫ん言った,「これ長いだ! たち悪い野獣むさぼり食っ違いない+! ヨセフきっとかき裂か+!」 34  そうと,ヤコブ自分マント引き裂き,腰粗布着け,息子ため悼み悲しん+ 35  それで,すべて息子たち,すべてたち次々立ち上がっ慰め+,彼慰め受け入れようず,しきりこう言うあっ+。「わたし嘆きながらもとへ,シェオル*下るだ!」 こうため泣きつづけた。 36  ところで,ミディアンたちエジプトへ,ファラオ*廷臣護衛+あるポテパルもと売っ+

脚注

または,「兄弟たち交わっ群れに」。
または,「その事」。
「父群れを」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳。これら修飾するヘブライ小詞「エト」には,マソ本で,ソフェリムよっ特殊符号付けられおり,これら疑わしく,むしろ省かれるべきものあるされいる。もしそうあれば,ヨセフ兄弟たち自ら養うため出かけことなるしれない。13に「群れ」という特にないが,そこ動詞12同じ。付録2イ参照。
字義,「あなた兄弟たち平安群れ平安て」。
「あの夢見るやっ来るぞ」。字義,「夢(複)の主人,そのやっ来るぞ」。
「彼撃っ死なせる」。字義,「魂おい撃つ」。
または,「芳香樹脂」,すなわち,ギレアデの。
シェオルへ」。ヘ語,シェオーラー; ギ語,エイス ハーイドゥー; シ語,ラシウール; ラ語,イン インフェルヌム; この最初来る箇所。付録4ロ参照。
12:15脚注参照。