内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 36:1‐43

36  そして,これ​が​エサウ​すなわち​エドム​の​歴史​で​ある+  エサウ​は​カナン​の​娘​たち​の​中​から​妻​を​めとっ​た+。すなわち,ヒッタイト​人​+エロン​の​娘​アダ​+と,アナ​の​娘​で​ヒビ​人​ヂベオン​の​孫娘​*で​ある​オホリバマ+  それ​に​イシュマエル​の​娘​で​ネバヨト​+の​姉妹​の​バセマト​+で​あっ​た。  そして​アダ​は​エリパズ​を​エサウ​に​産み,バセマト​は​レウエル​を​産ん​だ。  また,オホリバマ​は​エウシュ​と​ヤラム​と​コラ​+を​産ん​だ。 これら​が​エサウ​の​息子​で​あり,カナン​の​地​で​彼​に​生ま​れ​た​者​たち​で​ある。  その​後​エサウ​は,妻​たち,息子,娘​たち,また​自分​の​家​の​すべて​の​魂,さらに​家畜​の​群れ​と,自分​の​持つ​ほか​の​すべて​の​獣​と,すべて​の​富財+,すなわち​自分​が​カナン​の​地​で​ため​た​もの​を​携え​て,その​兄弟​ヤコブ​から​離れ​た​土地​*へ​行っ​た+  これ​は,彼ら​が​一緒​に​住む​に​は​その​貨財​が​あまり​に​多く​なり,その​家畜​の​群れ​の​ゆえに,外国​人​と​し​て​とどまる​その​地​が​彼ら​を​支えきれ​なかっ​た​から​で​ある+  こう​し​て​エサウ​は​セイル​の​山地​に​住む​こと​に​なっ​た+。エサウ​と​は​すなわち​エドム​で​ある+  そして,これ​が​セイル​の​山地​+に​ある​エドム​の​父​エサウ​の​歴史​で​ある。 10  これ​が​エサウ​の​息子​たち​の​名​で​ある。すなわち,エサウ​の​妻​アダ​の​子​エリパズ,エサウ​の​妻​バセマト​の​子​レウエル+ 11  そして,エリパズ​の​子​ら​は​テマン+,オマル,ツェフォ,それ​に​ガタム​と​ケナズ​+で​あっ​た。 12  そして​ティムナ​+が​エサウ​の​子​エリパズ​の​そばめ​と​なっ​た。やがて​彼女​は​エリパズ​に​アマレク​+を​産ん​だ。これら​が​エサウ​の​妻​アダ​の​子​で​ある。 13  これ​が​レウエル​の​子​ら​で​ある。すなわち,ナハト​と​ゼラハ,シャマ​と​ミザ+。これら​が​エサウ​の​妻​バセマト​+の​子​*で​あっ​た。 14  また,これ​が,アナ​の​娘​で​ヂベオン​の​孫娘​で​ある,エサウ​の​妻​オホリバマ​の​子​ら​で​あっ​た。彼女​は​エサウ​に​エウシュ​と​ヤラム​と​コラ​を​産ん​だ​の​で​ある+ 15  これ​が​エサウ​の​子​ら​の​首長​たち​*+で​ある。エサウ​の​長子​エリパズ​の​子​ら​に​つい​て​は,首長​テマン+,首長​オマル,首長​ツェフォ,首長​ケナズ, 16  首長​コラ*,首長​ガタム,首長​アマレク。これら​が​エドム​の​地​に​おける​エリパズ​の​首長​たち​+で​ある。これら​は​アダ​に​よる​子​で​ある。 17  これ​が​エサウ​の​子​レウエル​の​子​ら​で​ある。首長​ナハト,首長​ゼラハ,首長​シャマ,首長​ミザ。これら​が​エドム​の​地​+に​おける​レウエル​の​首長​たち​で​ある。これら​は​エサウ​の​妻​バセマト​に​よる​子​で​ある。 18  最後​に,これ​が​エサウ​の​妻​オホリバマ​の​子​ら​で​ある。首長​エウシュ,首長​ヤラム,首長​コラ。これら​が,アナ​の​娘​で​ある,エサウ​の​妻​オホリバマ​の​首長​たち​で​ある。 19  これら​が​エサウ​の​子​で​あり,これら​が​その​首長​たち​で​ある。彼​は​すなわち​エドム​で​ある+ 20  これ​が,その​地​の​住民​で​あっ​た,ホリ​人​セイル​の​子​ら​で​ある+。すなわち​ロタン,ショバル,ヂベオン,アナ+ 21  ディション,エツェル,ディシャン+。これら​が,エドム​の​地​に​おける,ホリ​人​すなわち​セイル​の​子​ら​の​首長​たち​で​ある。 22  そして,ロタン​の​子​ら​は​ホリ​と​ヘマム​で​あっ​た。ロタン​の​姉妹​は​ティムナ​で​あっ​た+ 23  また,これ​が​ショバル​の​子​ら​で​ある。すなわち​アルワン​と​マナハト​と​エバル,シェフォ​と​オナム。 24  また,これ​が​ヂベオン​の​子​ら​で​ある。すなわち​アヤ​と​アナ。この​アナ​が,父​ヂベオン​の​ため​にろ​ば​の​番​を​し​て​い​た​さい​に​荒野​で​温泉​*を​見つけ​た​者​で​ある+ 25  また,これ​が​アナ​の​子供​たち​で​ある。すなわち​ディション,そして​アナ​の​娘​の​オホリバマ。 26  また,これ​が​ディション​*の​子​ら​で​ある。すなわち​ヘムダン,エシュバン,イトラン,ケラン+ 27  これ​が​エツェル​の​子​ら​で​ある。すなわち​ビルハン,ザアワン,アカン。 28  これ​が​ディシャン​の​子​ら​で​ある。すなわち​ウツ,アラン+ 29  これ​が​ホリ​人​の​首長​たち​で​ある。すなわち​首長​ロタン,首長​ショバル,首長​ヂベオン,首長​アナ, 30  首長​ディション,首長​エツェル,首長​ディシャン+。これら​が,セイル​の​地​の​その​首長​ごと​に[示し​た]ホリ​人​の​首長​たち​で​ある。 31  さて,これら​は,イスラエル​の​子​ら​を​王​が​治める​以前​に​+エドム​の​地​で​治め​た​王​たち​で​ある+ 32  つまり​ベオル​の​子​ベラ​が​エドム​で​治める​よう​に​なり+,彼​の​都市​の​名​は​ディヌハバ​と​いっ​た。 33  ベラ​が​死ぬ​と,ボツラ​+から​出​た​ゼラハ​の​子​ヨバブ​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た+ 34  ヨバブ​が​死ぬ​と,テマン​人​+の​地​から​出​た​フシャム​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た+ 35  フシャム​が​死ぬ​と,モアブ​の​野​+で​ミディアン​人​+を​撃ち破っ​た,ベダド​の​子​ハダド​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た。彼​の​都市​の​名​は​アビト​と​いっ​た+ 36  ハダド​が​死ぬ​と,マスレカ​から​出​た​サムラ​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た+ 37  サムラ​が​死ぬ​と,川​の​そば​の​レホボト​から​出​た​シャウル​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た+ 38  シャウル​が​死ぬ​と,アクボル​の​子​バアル​・​ハナン​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た+ 39  アクボル​の​子​バアル​・​ハナン​が​死ぬ​と,ハダル​が​それ​に​代わっ​て​治める​よう​に​なっ​た。彼​の​都市​の​名​は​パウ​と​いっ​た。また,その​妻​の​名​は​メヘタブエル​と​いっ​て,メザハブ​の​娘​で​ある​マトレド​の​娘​で​あっ​た+ 40  それで,これ​が,その​家族​に​したがい,場所​に​したがい,その​名​に​よっ​て[示し​た]エサウ​の​首長​たち​の​名​で​ある。すなわち​首長​ティムナ,首長​アルワ,首長​エテト+ 41  首長​オホリバマ,首長​エラ,首長​ピノン+ 42  首長​ケナズ,首長​テマン,首長​ミブツァル+ 43  首長​マグディエル,首長​イラム。これら​が​その​所有​する​土地​+で​の​居住​に​したがって[示し​た]エドム​の​首長​たち​で​ある+。これ​が​エドム​の​父​エサウ​で​ある+

脚注

字義,「娘」,マソ本; サマ五,七十訳,シリ訳,『ヂベオン​の​子​アナ​の​娘​オホリバマ』。24​節と​比較。
「土地」,マソ本; シリ訳,「セイル​の​地」。
または,「孫​たち」。
または,「長​たち」。七十訳,「長​たち; 指導​者​たち; 統治​者​たち」; ウル訳,「指導​者​たち; 君侯​たち」。ヘブライ​語​は​アッルーフェー​で,「千」を​意味​する​エレフ​から​派生​し​て​いる。したがって,アッルーフ​は​基本​的​に​は「千​人​を​指導​する​者」を​意味​し,ギリシャ​の​千​人​隊長​に​相当​する。マル 6:21の​脚注​参照。
「首長​コラ」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; サマ五​は​省い​て​いる。5,14,18​節は,彼​が​オホリバマ​に​よる​エサウ(エリパズ​で​は​なく)の​子​で​ある​こと​を​示し​て​いる。
温泉」。ヘ語,ハイエーミム; ラ語,アクウァース カリダース,「熱い​水」(複)。
「ディション」,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳​,および代​一 1:41; マソ本,ウル訳,「ディシャン」。