内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 35:1‐29

35  そののちヤコブこう言わた。「立っベテル上り,そこ住みなさい+。そして,あなた兄弟エサウから逃げ行くとき+あなた現われた[まことの]ため,そこ祭壇造りなさい」。  そこでヤコブ自分また自分一緒いるすべてこう言った。「あなた方ある異国神々*捨て去り+,身清めマント取り替えなさい+  わたしたち立って,ベテル上っ行こう。そして,わたし進んわたし+苦難わたし答えくださった[まことの]ため+,わたしそこ祭壇造ることする」。  それ彼ら自分たちあっ異国神々すべて+を,またそのあっ耳輪ヤコブ渡し,ヤコブそれシェケムすぐ近くあっ大木隠し+  そののち彼らそこたったが,その周辺都市から恐怖臨んため+,人々ヤコブ追わなかった。  やがてヤコブ,すなわちおよびすべては,カナンルズ+,つまりベテルた。  次いそこ祭壇築き,その場所エルベテル*呼ぶことた。彼自分兄弟ところから逃げ行くさい[まことの]そこでご自分現わさからあっ+  後リベカ乳母デボラ+に,ベテルふもと巨木葬らた。そのためその[木]のアッロンバクト*呼んだ。  さてパダンアラム+から帰る途中ヤコブもう一度現われて,これ祝福+ 10  そうこう言わた。「あなたヤコブある+,もはやあなたヤコブ呼ばない。あなたは,イスラエルとなえられることなる+」。こうて[]はイスラエル呼ばれるようなった。 11  そしてさらにこう言わた。「わたし全能*ある+。あなた生ん多くなるように。もろもろ国民*,もろもろ国民会衆あなたから生じ,王たちあなたから出る+ 12  わたしアブラハムイサク与え地,わたしそれあなた与え,後来るあなた*+その与える+」。 13  そののちは,彼され場所で,彼から上方去っ行か+ 14  そこでヤコブは,[]が自分されその場所すなわち据え+,その飲み物捧げ物注ぎ,またその注い+ 15  そしてヤコブは,自分されその場所そのベテル呼ん+ 16  そののち彼らベテルたった。さて,エフラト+着くまだかなりへだたりあるラケル産気づき,しかもそれ難産あっ+ 17  しかし,彼女難産苦しんときこと,産婆彼女言った,「恐れいけません。これあなたなるです+」。 18  そしてついに,その*+去り行こするとき(彼女死んある+),彼女その[子の]名ベンオニ*呼んだ。しかしそのこれベニヤミン*+呼んだ。 19  こうラケルに,エフラトつまりベツレヘム至る途中葬ら+ 20  それヤコブ彼女立てた。これ今日までラケルあるある+ 21  そのイスラエルそこたち,エデル+少し越え天幕張った。 22  そして,イスラエルその幕屋設け+ときあっが,ルベン一度,父そばめビルハもと行っそれた。そして,イスラエルそのつい聞い+ こうヤコブ十二息子生また。 23  レアよるは,ヤコブ長子ルベン+,それシメオン,レビ,ユダ,イッサカル,ゼブルン。 24  ラケルよるヨセフベニヤミン。 25  またラケルはしためビルハよるダンナフタリ。 26  そしてレアはしためジルパよるガドアシェル。これらヤコブ息子あり,パダンアラム生またちある。 27  ようやくヤコブイサクもとに,マムレに,キルヤトアルバ+すなわちヘブロン+。そこは,アブラハムが,そしてイサク外国とどまっある+ 28  そしてイサク日数百八十及ん+ 29  そのイサク息絶えに,自分もと集められた。年老いて,日数満ち足り*+。そのエサウヤコブこれ葬っ+

脚注

「の神々」。ヘ語,エローヘー。エローアハ複数で,複数神々指す。
「ベテル神」の意。
「泣き悲しみ巨木」の意。
17:1脚注参照。
「もろもろ国民」,七十訳,ウル訳; マソ本,「ひとつ国民」。
または,「子孫; 後裔」。
「その)」。ヘ語,ナフシャーハ; ギ語,プシュケーン
「わたし悲しみ子」の意。
「右手子」の意。ヘ語,ヴィンヤーミーン。
または,「日数満ちて(飽き足りて)いた」,マソ本,七十訳,ウル訳。