内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 33:1‐20

33  やがてヤコブ上げ見ると,そこエサウやっ来るところで,四百それ一緒あっ+。そこで子供たちレアラケルおよびはしためたちもと分け+  はしためその子供たち+,レアその子供たちその後ろ+,ラケルヨセフその置い+  そして自分自身彼ら進み,自分兄弟近づくまでかがめ+  するとエサウ走り寄っ迎え+,抱擁+,その抱い口づけする*あった。そしてふたり流し泣いた。  それから[エサウ]は上げ子供たちて,こう言った。「一緒いるこのたちだれか」。それ言った,「この恵み与えくださっ子供たちです+」。  するはしためたち,つまりそのたちその子供たち進み出かがめた。  次いレア,そしてその子供たち進み出かがめた。そのヨセフ,またラケル進み出かがめ+  さて[エサウ]は言った,「わたし出会っこの旅行たち宿営すべてどういう意味*+」。そこで言った,「我恵み得るためです+」。  するとエサウ言った,「兄弟よ,わたし沢山持っいる+。あなたものそのままあなたものおきなさい」。 10  しかしヤコブ言った,「いいえ,お願いです。もしあなた恵みいるでしたら+,ぜひともわたし贈り物このからお受け取りください。その望みどおり,わたしあなたを,さながら見るよういるですから。あなた喜びもっわたし受け入れくださっからです+ 11  あなたもと運ばた,私から祝福お伝えするこの贈り物どうかお受け取りなっください+わたし恵み与えくださっからですし,わたしすべて持っおります+」。こうしきり促しため[エサウ]はそれ受け取っ+ 12  後に[エサウ]は言った,「さあ出かけ行くことよう。そして,わたしあなた行かもらおう」。 13  しかし言った,「我ご承知ことですが,子供たちかよわく,乳飲ませいるもとおります+。一日あまり速く進まますと,群れ全体きっと死んしまうことでしょ+ 14  どうぞ,我よりお進みください。そしてほうは,前行く畜類足なみ合わせ+,また子供たち足なみ合わせ+ゆっくり続けまいれますように。こういずれセイル+もと参ります」。 15  するとエサウ言った,「よければ,わたしもといるあなた好きなるようあげよう」。これ対し言った,「どうしてそのようことを。我恵みさせいただくだけよろしいです+」。 16  こうそのエサウセイル引き返し行った。 17  そしてヤコブスコト*+向け旅立ち,その自分ため建て,また自分群れため仮小屋作っ+。彼その場所スコト呼んそのためあった。 18  やがてヤコブは,パダンアラム+から帰途,無事カナン+あるシェケム+た。そして,その都市宿営張った。 19  次いは,自分天幕張っ一画を,シェケムハモルから金子*取得+ 20  そののちそこ祭壇設け,それを“イスラエルなる*”と呼ん+

脚注

「口づけする」,マソ本,サマ五,七十訳バグスター,ウル訳。マソ本この表現ソフェリムよっ特殊符号付けられおり,ソフェリムこの省くべきものみなしこと示しいる。BHKBHS脚注は,この本文付け足さこと示唆いる。付録2イ参照。
字義,「すべてあなたとっだれか」。
「仮小屋; 覆いある畜舎」の意。
「金子枚」。字義,「百ケスィーター」。貨幣単位あるが,価格不明。
「イスラエルなる神」。または,「神イスラエル神」。ヘ語,エール エローヘー イスラーエール。