内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 32:1‐32

32  そしてヤコブほう行った。すると今度み使いたち*出会っ+  彼ヤコブすぐ言った,「これ宿営+!」 ゆえにその場所マハナイム*+呼んだ。  そのヤコブ自分兄弟エサウもとへ,すなわちセイル+,エドム+向け自分先立っ使いたち送り+  それこう言った。「あなた方わたし+に,エサウこう言うです。『あなたヤコブこのよう申しました。「私ラバンもと外国住み,これまで長く滞在まいりまし+  そしてろば下男はしためたち持つ至りまし+,使い送っお知らせたい存じます。あなた恵み得るためです+」』と」。  やがて使たちヤコブもと戻って,こう言った。「わたしどもあなたご兄弟エサウところ参りましが,あのあなた会お進んられます。そして四百人々一緒です+」。  それヤコブ恐れ,また心配なっ+。そこで自分一緒またらくだ二つ宿営分け+  こうた。「仮にエサウ一方宿営襲撃も,それ免れ残るほう宿営必ずあることなる+」。  そのヤコブ言った,「わたしアブラハム,父イサク+,エホバ,『あなた土地に,あなた親族もと帰れ。あなた良いことあるようよう』と言っおられる+ 10  私は,あなたこのお示しくださっすべてある親切忠実*値しないです+。ただ自分だけ携えこのヨルダン渡りましに,今わたし二つ宿営なっいるです+ 11  お願致します。わたし兄弟から,エサウから救い出しください+。わたし恐れいるです。やって,きっとわたしを,母とも襲うない+ 12  ですあなたご自は,『わたし必ずあなた良いことあるようし,あなた*ようする。それ多く数えつくせない』と言わです+」。 13  そしてその,彼そのままそことどまった。次い自分入っものから自分兄弟エサウため贈り物取っ+ 14  すなわちやぎ二百雄やぎ二十頭,雌羊二百雄羊二十頭, 15  乳飲ませいるらくだ三十そのら,雌牛四十雄牛頭,雌ろば二十雄ろば成獣ある+ 16  それから群れずつたち渡し,そのたち繰り返しこう言った。「わたし先立っ渡りなさい。そしてあなた方群れ群れあいだ間隔置くよう+」。 17  さらに,先命じこう言った。「わたし兄弟エサウあなた会って,『あなただれ属するか,どこ行くか,これらあなた行くだれものか』と尋ねなら, 18  そのときあなたこうなさい。『あなたヤコブものですが,贈り物+で,我に,エサウ送らものです+。そして,ご覧ください,当人わたしども後ろおります』と」。 19  次も,第も,また群れ行く[他の]すべて命じこう言った。「あなた方エサウ出会っこの言葉とおり話すよう+ 20  そして,『あなたヤコブわたしども後ろおります』と言いなさい+」。彼自らこう言うあった。「わたし進む贈り物よっ多分和められるだろ+。こうその見るだ。あるいは親切迎えくれるしれない+」。 21  それり物渡っ行き,彼自身その宿営とどまっ+ 22  後に,そのに,彼立っ自分+はしため+,それ十一息子たち+連れ,ヤボク+渡り場渡った。 23  そして,そのたち連れ行っ奔流*+渡らせ,また自分所有するもの渡らた。 24  最ヤコブ自分ひとり残った。ときに,ひとり組み打ち始めて,夜明けるころまで及ん+ 25  そのは,自分が[ヤコブ]に対し優勢ない+,彼関節くぼみ触れ*。すると,その組み打ちいるヤコブ関節くぼみところ外れ+ 26  そのその言った,「わたし行かほしい*。夜明けから」。すると言った,「まずわたし祝福くださらないうち行かませ+」。 27  それその言った,「あなたいうか」。そこで言った,「ヤコブです」。 28  するとその言った,「あなたもはやヤコブなく,イスラエル*呼ばれる+。あなたまた闘っ*+,ついに優勢なっからだ」。 29  それヤコブ尋ね言った,「どうかあなたお名前教えください」。しかしその言った,「わたし聞こするどうして+」。そう言っそこで[ヤコブ]を祝福た。 30  ゆえにヤコブそのペニエル*+呼んだ。彼言うところは,「顔合わせに,わたし救い出さ+」からあった。 31  そして,ペヌエルぎる太陽照りだしが,彼ところびっこ引い+ 32  このゆえに,イスラエルは,今日至るまで,股関節くぼみある神経*食べない習わしなっいる。そのヤコブ関節くぼみに,股神経+触れからある。

脚注

「み使いたち」。または,3,6同じように「使いたち」。
「二つ宿営」の意。
または,「真実」。ヘ語,ハーエメト
または,「子孫; 後裔」。
「奔流谷」。または,「ワディ; 涸れ谷; 流れ[水流れいるワディ]」。
または,「彼へこみ触れた」。
字義,「わたし送り出しほしい」。
「神闘う; 神闘う者; 神対しねばり強い者」の意。ヘ語,イスラーエール。
「と闘って」。または,「に対し不屈で; に対し奮闘て; に対しねばり強く行動し」,BDB,975ページよる。
顔」の意。ヘ語,ペニーエール
または,「股血管」。