内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 31:1‐55

31  やがてラバン息子たち言葉聞いた。「ヤコブ我々ものみな取った。我々ものからこれだけ富財こしらえた」と言うあっ+  ヤコブラバン見ると,いまそれ対し以前ようなかっ+  ついにエホバヤコブこう言わた。「あなたたち土地に,あなた親族もと*帰りなさい+。わたし引き続きあなたいる+」。  そこでヤコブ使いやっラケルレアに,自分群れいるところ呼び寄せ,  彼女たちこう言った。 「わたしあなた方いるが,[父]はわたし対し以前同じない+。しかしわたしわたしくださっ+  そしてあなた方自身も,わたしつく仕えこと知っいるはず+  それなのにわたし軽くあしらい*,わたし報酬変えた。それでも*は,[父]がわたしもたらすこと許さなかっ+  『ぶちものあなた報酬なる』と[父]が言えば,群れ全体ぶちもの産み出し,一方『しまあるものあなた報酬なる』と言えば,群れ全体しまあるもの産み出し+  こうあなた方家畜群れ取り去って,それわたしたち与えこら+ 10  とうとう,群れ盛り付いときことが,夢+わたし上げるひとつ光景見え,そこで群れ跳び掛かっいる雄やぎしまあるもの,ぶちもの,はん点あるものだっ+ 11  そのとき[まことの]み使いわたし向かって『ヤコブよ』と言い,わたしは『はい,ここおります+』と言った。 12  するとこう続けた。『どうかあなた上げて,群れ跳び掛かっいる雄やぎすべてしまあるもの,ぶちもの,はん点あるものあるなさい。わたしは,ラバンあなた行なっいることすべてある+ 13  わたしベテルの[まことの]*+ある。あなたそこでそそぎ+,そこでわたし誓約立て+。今,身起こしこの去り,あなた生ま土地*帰りなさい+』」。 14  するとラケルレア答え言った,「わたしたちに,わたしたち受ける相続*まだあるでしょ+ 15  [父]はわたしたちもう売っで,実際ところわたしたちは[父]にとっ異国ようみなさいるありませか。ですから[父]はわたしたち代価払わそのお金ずっ食べいるです+ 16  *から取り去らわたしたちもの,そしてわたしたち子供たちものです+。ですから今,あなた言わことすべてなさっください+」。 17  そこでヤコブ起こし,自分子供たちらくだ乗せ+ 18  そして,自分すべて家畜自分ためすべて貨財+,パダンアラム増やし自分取得家畜群れ進ま行った。自分イサクもとへ,カナン行くためあっ+ 19  さて,ラバン自分刈り行っあった。そのラケル自分属するテラフィム*+盗み出した。 20  こうヤコブシリアラバンかい*。自分逃げ行くこと告げないおいある。 21  そして彼,つまりそれ属するすべてもの逃げ行き,身起こし+渡った。そののちギレアデ+山地向けた。 22  後に,三なって,ヤコブ逃げ行っことラバン告げられた。 23  そこで自分兄弟たち連れ,その追っ+道のり行き,ギレアデ山地で[ヤコブ]に追いついた。 24  そのとき+シリア+ラバンもとて,こう言わた。「ヤコブ対し良く悪く*言うことないようつけなさい+」。 25  それラバンヤコブ近づいが,そのときヤコブ自分天幕張り,ラバン自分兄弟たちギレアデ山地野営* 26  そのラバンヤコブ言った,「あなたいうことか。わたしかき,わたしたちを,剣捕らえとりこよう追い立て行く+ 27  どうしてこっそり逃げ行き,わたしかい告げに[行か]なけれならなかっか。わたし歓びもっ+,タンバリンたて琴もっ+あなた送り出しあろに。 28  それなのにあなたは,わたし子供*たち口づけするいとまさえ与えくれなかっ+。今あなた愚かことた。 29  あなた方加えることわたしうちあるだが+,あなた方昨夜わたし語られ,『ヤコブ対し良く悪く言うことないようつけよ』と言わ+ 30  あなた自分慕い求めためこうた。だが,それにしても,どうしてわたし神々*盗ん+」。 31  それ答えヤコブラバン言った,「わたし恐れです+。わたし自分言いました,『あなた自分たちわたしから引き離ししまうしれない』と。 32  だれあなた神々*見いだされるいれば,その生かしおかないください+。わたしところあるか,兄弟たちご自身調べ,それご自分お取りなっください+」。ヤコブは,ラケルそれ盗み出しこと知らなかっある+ 33  それラバンヤコブ天幕に,レア天幕に,二奴隷+天幕入っが,それ見いだせなかった。最後レア天幕ラケル天幕入っ行った。 34  ところラケルそのテラフィムすでに取っらくだある婦人鞍かご入れ,自分その座った。そのためラバン天幕じゅう探り回っも,それ見いだすことできなかった。 35  そのとき彼女言った,「我*+怒りひらめくことありませように。わたしみ前立ち上がることできないです。女起きいるものですから+」。それなおも注意深く捜しが,テラフィム+見つからなかった。 36  それヤコブ怒り+,ラバン言い争い始めた。そしてヤコブラバン答えこう言った。「あなたわたし激しく追っまし+,わたしどんな違背+,わたしどんなあるいうですか。 37  わたし貨財残らず探り回っ今,あなたすべて貨財うち見つけでしょ+。それここに,わたし兄弟たちあなた兄弟たち+出して,わたしたち裁決もらいましょ+ 38  この二十わたしあなたもと過ごしました。あなた雌羊雌やぎ流産することなく+,あなた群れ雄羊食べることわたし決してませでした。 39  引き裂か動物あなたところ持っ行か+,わたし自身その損失負いました。昼間盗ま盗まも,あなたそれわたし要求まし+ 40  昼暑さ寒ささいなまれること,それわたし経験なっました。眠りさえわたしから消え去っものでし+ 41  これあなたわたし二十です。わたし*あなたため十四年,そしてあなた家畜群れため仕えましが,あなたわたし報酬変えまし+ 42  もしわたし+,アブラハムイサク怖れかしこん+わたしくださらなかっなら,あなた今ごろわたしむなし手去らことでしょう。わたし惨めわたし労苦ご覧なり,そのため昨夜あなた戒められ*です+」。 43  するとラバン答えヤコブ言った,「娘わたしたち,子供わたし子供たち,群れわたし群れ,すべてあなたいるものわたしもの,そしてわたしたちものだ。わたし今日これら敵し,また[娘]たち産んその子供たち敵し行なえよう。 44  だから今,さあ,わたしたち,わたしあなた契約結ぶことよう+。それわたしあなた証しなる*+」。 45  そこでヤコブひとつ取り,それ立て+ 46  それからヤコブ自分兄弟たち言った,「石拾っください!」 それ彼ら拾い取って,小山作っいっ+。そののち一同そこで,その小山食事た。 47  そしてラバンそれエガルサハドタ*呼ぶことが,ヤコブほうそれガルエド*呼んだ。 48  それからラバン言った,「今日この小山わたしあなた証しなる」。そのゆえにそのガルエド+呼んある。 49  また,“物見*”とも[呼んだ]。こう言っある。「わたしたち互い見ることできないいるとき*エホバわたしあなた見守っくださるよう+ 50  もしあなたわたしたち苦しめたり+,わたしたちほかめとったりすることあれば,人わたしたちいるない。見なさい*わたしあなた証人なっおられる+」。 51  ラバンなおもヤコブ言った,「こここの小山ある。またここわたし自分あなた立てある。 52  この小山証しあり,柱証しなるもの+。すなわち,わたしこの小山越えあなた損なわず,あなたこの小山この越えわたし損なうことない+ 53  アブラハム*+,ナホル+,その*が,わたしたち裁かれるよう*」。しかしヤコブ自分イサク怖れかしこん+さして誓った。 54  そのヤコブその犠牲ささげ,次いパン食べるよう自分兄弟たち招い+。それ彼らパン食べ,その過ごし* 55  しかしラバン朝早く起き,自分子供*たち口づけ+これ祝福+。そのラバン自分+帰るため去っ行っ*

脚注

「親族もとに」。または,「故郷に」。字義,「生まに」。
または,「わたし欺き」。
「神」,マソ本,七十訳,ウル訳; サマ五,「エホバ」。
「ベテルの[まことの]」。ヘ語,ハーエール ベートエール; 七十訳,「神場所あなた現われ神」。付録1ト参照。
「生ま土地」。または,「故郷; 親族」。
「受ける相続分」。字義,「受け分相続(所有)物」。二詞一意表現法。3:16脚注比較。
「神」,マソ本,七十訳,ウル訳; サマ五,「エホバ」。
「テラフィム」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「偶像」(複); シリ訳,「像」(複)。
字義,「の盗んだ」。
「良く悪くも」。字義,「良いことから悪いことまで」。
ここは,「ラバン自分天幕ギレアデ山地張った」と読むべきあろう。当初は,「自分兄弟たち」という表現なく,それよくた「自分天幕」というヘブライあっ思われる。
または,「息子たち」。
「わたし神々」。ヘ語,エローハーイ,複数形。偽り神々指す; ギ語,テウース; ラ語,デオース
「あなた神々」。ヘ語,エローヘイカー,複数形。偽り神々指す。
「我」。ヘ語,アドーニー;「主; 主人」(単)を意味するアードーンいうに,「わたしの」を意味する人称接尾辞「イー」が付い形。
「こう二十わたしあなたで」,ウル訳。
または,「そのため昨夜,決定下さた」。
または,「それまさしくわたしあなた証しなるためだ」。
アラム語(シリア語)の表現で,「証し小山」という意味。
「証し小山」という意味ヘブライ表現。
「また,“物見”(“見張り”)」。ヘ語,ウェハンミツパー
字義,「わたしたち互い隠さいるときも」。
「見なさい,人わたしたちいるない」,七十訳諸写
または,「神々」。ヘ語,エローヘー,複数形; シリアラバンテラフィム信じで,複数意味用いしれない。
または,「神々」。ヘ語,エローヘー,複数形。動詞「裁かれるように」も複数なっいるで,エホバだけ言及するないしれない。サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳は,ただひとり指して『裁く』を単数用いいる。
「裁かれるように」。この動詞ここ複数なっいる。20:13,「ならせた」の脚注比較。
マソ本七十訳ここ31終わり,54だけなっいる。
または,「息子たち」。
シリ訳ウル訳31この55終わり,32マソ本より1短くなっいる。