内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 3:1-24

3  さて,エホバが造られた野のすべての野獣+のうち蛇+が最も用心深かった+。それで[蛇]が女にこう言いはじめた+。「あなた方は園のすべての木からは食べてはならない,とが言われた+のは本当ですか」。  それに対して女は蛇に言った,「園の木*の実をわたしたちは食べてよいのです+  でも,園の真ん中にある木+の実を[食べること]について,は,『あなた方はそれから食べてはならない。いや,それに触れてもならない。あなた方が死ぬことのないためだ+』と言われました」。  それに対して蛇は女に言った,「あなた方は決して死ぬようなことはありません*+  その[木]から食べる日には,あなた方の目が必ず開け,あなた方が必ずのように*なって善悪を知るようになる+ことを,は知っているのです」。  そこで女は見て,その木が食物として良く,目に慕わしいものであるのを知った。たしかに,その木は眺めて*好ましいものであった+。それで彼女はその実を取って食べはじめた。その後,共にいたときに夫に*も与え,彼もそれを食べはじめた+  すると,その二人の目は開け,ふたりは自分たちが裸+であることに気づくようになった。そのため,彼らはいちじくの葉をつづり合わせて自分たちのために腰覆いを作った+  後に,日のそよ風のころ*に園の中を歩かれるエホバの声*が聞こえ+,人*とその妻はエホバの顔を避けて園の木々の間に隠れようとした+  それでエホバは人に呼びかけて,「あなたはどこにいるのか」と繰り返し言われた+ 10  ついに彼は言った,「あなたの声が園の中で聞こえました。ですが,自分が裸なので怖くなり,そのために身を隠したのです+」。 11  それに対して[]は言われた,「あなたが裸である+と,だれがあなたに告げたのか。食べてはいけないとわたしが命じた木からあなたは食べたのか+」。 12  すると人はさらに言った,「わたしと一緒にいるようにと与えてくださった*女,その女がその木から[実を]くれたので,わたしは食べました+」。 13  そこでエホバは女に言われた,「あなたがしたこの事はどういうことなのか」。これに対して女は言った,「蛇です,それがわたしを欺いたので,そのためにわたしは食べたのです+」。 14  それからエホバ*は蛇+に言われた,「この事を行なったゆえに,お前はすべての家畜のうち,また野のすべての野獣のうちののろわれたものである*。お前は腹ばいになって進み,命の日のかぎり塵がお前の食らう*ところとなろう+ 15  そしてわたしは+,お前+と女+との間,またお前の胤*+と女の胤+との間に敵意+を置く。彼*+はお前の頭+を砕き*+,お前+は彼*のかかと+を砕く+であろう」。 16  女に対してはこう言われた。「わたしはあなたの妊娠の苦痛+を大いに増す*。あなたは産みの苦しみをもって子を産む+。あなたが慕い求めるのはあなたの夫であり,彼はあなたを支配するであろう+」。 17  また,アダムに対してこう言われた。「あなたが妻の声に従い,わたしが命じて+,『それから食べてはならない』と言っておいたその木から食べるようになったため,地面はあなたのゆえにのろわれた+。あなたは,命の日のかぎり,その産物を苦痛のうちに食べるであろう+ 18  そして,それはいばらとあざみをあなたのために生えさせ+,あなたは野の草木を食べなければならない。 19  あなたは顔に汗してパンを食べ,ついには地面に帰る。あなたはそこから取られた+からである。あなたは塵だから塵に帰る+」。 20  この後,アダムは自分の妻をエバ*と名づけた+。彼女は生きているすべての者の母となる+からであった。 21  それからエホバは,アダムとその妻のために皮の長い衣を作って,ふたりにお着せになった+ 22  次いでエホバはこう言われた。「さあ,人は善悪を知る点でわたしたちのひとりのようになった+。今,彼が手を出してまさに命の木+からも[実を]取って食べ,定めのない時まで生きることのないように ―」。 23  そうしてエホバ*は彼をエデンの園+から出し,彼が取られたその地面を耕させた+ 24  こうして[]は人を追い出し,エデンの園の東+にケルブたち+と自ら回転しつづける剣の燃える刃とを配置して*命の木への道を守らせた。

脚注

「木」。マソ本単数が,集合意味用いられおり,木立ない指しいる。
「あなた方決して死ぬようことありません」。字義,「死なない,あなた方死な[ない]」。ヘ語,ローモート ムトゥーン。2:17比較。
ように」。ヘ語,ケーローヒーム(kEʼ·lo·him')。定冠詞付いない。この称号は,威光もしくは卓越表わす複数形。
「眺めて」,七十訳,シリ訳,ウル訳。字義,「知恵(そう明さ,慎重さ)を授ける」。
または,「自分に」。ヘ語,レイーシャーハ。
「のそよ風ころ」。ヘ語,レルーアハ1:2で「活動する力」と訳さいる同じ語。
または,「音」。
または,「」。ヘ語,ハーアーダーム; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「そしてアダム」。
または,「置いくださった」。
ヘ語,エホーワー。BHKおよびBHSで,神み名母音符号「オー」が追加て「ホー」と読むよう指示かなり多く箇所うち最初例。2:4,「エホバ」の脚注; 付録1イ参照。
または,「お前どんな家畜よりも,また……うちどれよりのろわいる」。
または,「かむ」。
または,「子孫; 後裔」。
「彼」,マソ本(ヘ語,フー),七十訳,シリ訳,ウル訳諸写
このよう訳すことは,神この発言言及いるロマ 16:20一致する。そこは,「砕く」という意味ギリシャ用いられいる。
「彼」,マソ本,七十訳,シリ訳; つまり,女の「胤」,男性形。
「あなた妊娠苦痛を……増す」。字義,「あなた苦痛あなた妊娠を……増す」。これ二詞一意表現で,二つが「と」で結び付けられも,ただ一つこと意味いる。
「生ける者」の意,女性名詞。ヘ語,ハッワー; ギ語,ゾーエー,「命」; ウル訳(ラ語),ヘーウァ。
2:4,「神」の脚注参照。
「配置て」。字義,「住まわて」。詩 7:5; 78:55; エゼ 32:4参照。