内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 3:1‐24

3  さて,エホバ造らすべて野獣+うち+最も用心深かっ+。それで[蛇]がこう言いはじめ+。「あなた方すべてから食べならない,と言わ+本当ですか」。  それ対し言った,「園*わたしたち食べです+  でも,園真ん中ある+を[食べること]について,は,『あなた方それから食べならない。いや,それ触れならない。あなた方死ぬことないため+』と言わました」。  それ対し言った,「あなた方決して死ぬようことありませ*+  その[木]から食べるは,あなた方必ず開け,あなた方必ずよう*なっ善悪知るようなる+ことを,知っいるです」。  そこでて,その食物良く,目慕わしいものある知った。たしかに,その眺め*好ましいものあっ+。それ彼女その取っ食べはじめた。その後,共とき*与え,彼それ食べはじめ+  すると,その開け,ふたり自分たち+あること気づくようなった。そのため,彼らいちじくつづり合わせ自分たちため腰覆い作っ+  後に,日そよ風ころ*歩かれるエホバ*聞こえ+,人*そのエホバ避け木々隠れよう+  それエホバ呼びかけて,「あなたどこいるか」と繰り返し言わ+ 10  ついに言った,「あなた聞こえました。ですが,自分怖くなり,そのため隠しです+」。 11  それて[]は言わた,「あなたある+と,だれあなた告げか。食べいけないわたし命じからあなた食べ+」。 12  するとさらに言った,「わたし一緒いるよう与えくださっ*女,そのそのから[実を]くれで,わたし食べまし+」。 13  そこでエホバ言わた,「あなたこのどういうことか」。これ対し言った,「蛇です,それわたし欺いで,そのためわたし食べです+」。 14  それからエホバ*+言わた,「この行なっゆえに,お前すべて家畜うち,またすべて野獣うちのろわものある*。お前腹ばいなっ進み,命かぎりお前食らう*ところなろ+ 15  そしてわたし+,お前++間,またお前*++敵意+置く。彼*+お前+砕き*+,お前+*かかと+砕く+あろう」。 16  女対しこう言わた。「わたしあなた妊娠苦痛+大いに増す*。あなた産み苦しみもっ産む+。あなた慕い求めるあなたあり,彼あなた支配するあろ+」。 17  また,アダム対しこう言わた。「あなた従い,わたし命じ+,『それから食べならない』と言っおいそのから食べるようなっため,地面あなたゆえにのろわ+。あなたは,命かぎり,その産物苦痛うち食べるあろ+ 18  そして,それいばらあざみあなたため生えさせ+,あなた草木食べなけれならない。 19  あなた汗しパン食べ,ついに地面帰る。あなたそこから取ら+からある。あなたから帰る+」。 20  この後,アダム自分エバ*名づけ+。彼女生きいるすべてなる+からあった。 21  それからエホバは,アダムそのため長い作って,ふたりお着せなっ+ 22  次いエホバこう言わた。「さあ,人善悪知るわたしたちひとりようなっ+。今,彼出しまさに+からも[実を]取っ食べ,定めないまで生きることないように ―」。 23  そうエホバ*エデン+から出し,彼取らその地面耕さ+ 24  こうて[]は追い出し,エデン+ケルブたち+自ら回転つづける燃える配置*守らた。

脚注

「木」。マソ本単数が,集合意味用いられおり,木立ない指しいる。
「あなた方決して死ぬようことありません」。字義,「死なない,あなた方死な[ない]」。ヘ語,ローモート ムトゥーン。2:17比較。
ように」。ヘ語,ケーローヒーム(kEʼ·lo·him')。定冠詞付いない。この称号は,威光もしくは卓越表わす複数形。
「眺めて」,七十訳,シリ訳,ウル訳。字義,「知恵(そう明さ,慎重さ)を授ける」。
または,「自分に」。ヘ語,レイーシャーハ。
「のそよ風ころ」。ヘ語,レルーアハ1:2で「活動する力」と訳さいる同じ語。
または,「音」。
または,「」。ヘ語,ハーアーダーム; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「そしてアダム」。
または,「置いくださった」。
ヘ語,エホーワー。BHKおよびBHSで,神み名母音符号「オー」が追加て「ホー」と読むよう指示かなり多く箇所うち最初例。2:4,「エホバ」の脚注; 付録1イ参照。
または,「お前どんな家畜よりも,また……うちどれよりのろわいる」。
または,「かむ」。
または,「子孫; 後裔」。
「彼」,マソ本(ヘ語,フー),七十訳,シリ訳,ウル訳諸写
このよう訳すことは,神この発言言及いるロマ 16:20一致する。そこは,「砕く」という意味ギリシャ用いられいる。
「彼」,マソ本,七十訳,シリ訳; つまり,女の「胤」,男性形。
「あなた妊娠苦痛を……増す」。字義,「あなた苦痛あなた妊娠を……増す」。これ二詞一意表現で,二つが「と」で結び付けられも,ただ一つこと意味いる。
「生ける者」の意,女性名詞。ヘ語,ハッワー; ギ語,ゾーエー,「命」; ウル訳(ラ語),ヘーウァ。
2:4,「神」の脚注参照。
「配置て」。字義,「住まわて」。詩 7:5; 78:55; エゼ 32:4参照。