内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 25:1‐34

25  後また,アブラハム再び迎えが,そのケトラいっ+  やがては,ジムラン,ヨクシャン,メダン,ミディアン+,イシュバク,シュアハ+産んだ。  そしてヨクシャンシェバ+デダン+なった。 そしてデダンアシュリム,レトシム,レウミム*なった。  またミディアンは,エファ+,エフェル,ハノク,アビダ,エルダア+あった。 これらケトラあった。  後アブラハム自分持つすべてものイサク与え+  一方,アブラハムそばめたち対して,アブラハム贈り物与え+。次いで,自分なお生きいるに,彼ら息子イサクそばから去ら+,東方へ,行か+  そして,これアブラハム日数ある。すなわち百七十五あった。  そのアブラハム息絶え,良い達し死んだ。年老い満ち足り*,こう自分もと集められ+  それで,息子イサクイシュマエルは,ヒッタイトツォハルエフロン畑地あるマクペラ洞くつ葬った。それマムレあり+ 10  そのアブラハムヘトから買い取っものあった。そこアブラハム葬られ,そのサラまた[葬らある+]。 11  そして,アブラハムに,そのイサク引き続き祝福れるあっ+。イサクベエルラハイロイ+すぐ近く住んた。 12  そして,これアブラハムイシュマエル+,すなわちサラはしためあっエジプトハガルアブラハム産ん歴史ある+ 13  さて,これらイシュマエルで,そのより,その家系とおりある。イシュマエル長子ネバヨト+,ケダル+,アドベエル,ミブサム+ 14  ミシュマ,ドマ,マサ, 15  ハダド+テマ+,エトル,ナフィシュケドマ+ 16  これらイシュマエルあり,これらその中庭ごと,また囲ま宿営ごと+挙げ彼ら名,すなわちその氏族したがって示し十二ある+ 17  そして,これイシュマエルある。すなわち百三十七あった。そののち息絶えに,自分もと集められ+ 18  そして,彼幕屋住んで,エジプト*シュル+近いハビラ+からアッシリアまで及んだ。彼そのすべて兄弟たち住み着い*ある+ 19  そして,これアブラハムイサク歴史ある+ アブラハムイサクなった。 20  そしてイサクは,パダンアラム*シリア*+ベトエル+シリアラバンあるリベカ迎えとき,四十あった。 21  そしてイサク自分ためしきりエホバ懇願+。彼女うまずめあっからある+。それエホバため懇願聞き入れられ+,そのリベカ妊娠た。 22  ところで,彼体内互いもがき合うようなっ+。そのため彼女言った,「こんなことなら,一体ためわたし生き*いるでしょう」。そう彼女エホバ尋ね行っ+ 23  するとエホバこう言わた。「二つ国民あなたあり+,二つ国たみあなたから分かれ出る+。一方国たみ他方国たみより強く+,年上年下*仕えるあろ+」。 24  ようやく出産ため日数満ちが,見よ,双子そのあっ+ 25  やがてが,その全身でき職服+よう赤かった。それ彼らそのエサウ*呼ん+ 26  またそのが,そのエサウかかとつかん+。それそのヤコブ*呼ん+。そして,彼女そのふたり産んとき,イサク六十あった。 27  さて,男たち大きくなっゆき,エサウ狩り仕方知る+,野*なっが,ヤコブとがめない+天幕住ん+ 28  そしてイサクエサウた。その獲物もたらし*からあった。しかしリベカヤコブ愛するあっ+ 29  あるときヤコブ*いると,そこエサウからやった。彼疲れた。 30  それエサウヤコブた,「どうか早く,その赤いの,そこある赤いもの*少しわたし食わせくれ。わたし疲れいるだ」。このためエドム*呼ばある+ 31  それヤコブ言った,「あなた長子権利+まずわたし売っください!」 32  するとエサウさらにこうた。「見くれ,わたしすぐそういうに,長子*などわたしとっなろう」。 33  そこでヤコブ言った,「まずわたし誓っください+!」 すると[エサウ]は誓い,長子権利ヤコブ売っ+ 34  それヤコブパンひら豆煮物エサウ与え,彼食べたり飲んだりはじめ+。そのあと立っ出かけ行った。こうエサウ長子軽んじ+

脚注

ヘブライこれら三ついずれ複数語尾イーム付いいるから,これら部族民族表わすもの理解れる。
「満ち足り」。七十訳,シリ訳,ウル訳,「日数満ち」。
または,「東」。
「住み着いた」。字義,「倒れた」,マソ本; 七十訳,「住んだ(定住た)」; ウル訳,「死んだ」。
「アラム(シリア)の平原(平地)」の意; メソポタミア一部。28:2参照。
字義,「アラム人」。
「生きて」,シリ訳一致挿入。27:46比較。
または,「小さいほう者」。
「毛深い」の意。ヘ語,エーサーウ。
「かかととらえる; 押しのける者」の意。ヘ語,ヤアコーヴ。
または,「野育ち人」。
「その獲物もたらした」。字義,「獲物あった」。
または,「ポタージュ」。
赤いもの」。ヘ語,ハーアードーム
「赤い; 赤みがかった」の意。ヘ語,エドーム。
または,「長子権利」。