内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 25:1‐34

25  後​に​また,アブラハム​は​再び​妻​を​迎え​た​が,その​名​は​ケトラ​と​いっ​た+  やがて​彼女​は,ジムラン,ヨクシャン,メダン,ミディアン+,イシュバク,シュアハ​+を​彼​に​産ん​だ。  そして​ヨクシャン​は​シェバ​+と​デダン​+の​父​と​なっ​た。 そして​デダン​の​子​ら​は​アシュリム,レトシム,レウミム​*と​なっ​た。  また​ミディアン​の​子​ら​は,エファ+,エフェル,ハノク,アビダ,エルダア​+で​あっ​た。 これら​は​皆​ケトラ​の​子​で​あっ​た。  後​に​アブラハム​は​自分​の​持つ​すべて​の​もの​を​イサク​に​与え​た+  一方,アブラハム​に​い​た​そばめ​たち​の​子​ら​に​対し​て,アブラハム​は​贈り物​を​与え​た+。次い​で,自分​が​なお​生き​て​いる​間​に,彼ら​を​息子​イサク​の​そば​から​去ら​せ+,東方​へ,東​の​地​へ​行か​せ​た+  そして,これ​が​アブラハム​の​生き​た​命​の​年​の​日数​で​ある。すなわち​百七十五​年​で​あっ​た。  その​後​アブラハム​は​息絶え,良い​齢​に​達し​て​死ん​だ。年老い​て​満ち足り*,こう​し​て​自分​の​民​の​もと​に​集め​られ​た+  それで,息子​の​イサク​と​イシュマエル​は,ヒッタイト​人​ツォハル​の​子​エフロン​の​畑地​に​ある​マクペラ​の​洞くつ​に​彼​を​葬っ​た。それ​は​マムレ​の​前​に​あり+ 10  その​畑地​は​アブラハム​が​ヘト​の​子​ら​から​買い取っ​た​もの​で​あっ​た。そこ​に​アブラハム​は​葬ら​れ,その​妻​サラ​も​また[葬ら​れ​た​の​で​ある+]。 11  そして,アブラハム​の​死後​に,神​は​その​子​イサク​を​引き続き​祝福​さ​れる​の​で​あっ​た+。イサク​は​ベエル​・​ラハイ​・​ロイ​+の​すぐ​近く​に​住ん​で​い​た。 12  そして,これ​が​アブラハム​の​子​イシュマエル+,すなわち​サラ​の​はしため​で​あっ​た​エジプト​人​ハガル​が​アブラハム​に​産ん​だ​者​の​歴史​で​ある+ 13  さて,これら​は​イシュマエル​の​子​ら​の​名​で,その​名​に​より,その​家系​に​し​た​が​え​ば​次​の​とおり​で​ある。イシュマエル​の​長子​ネバヨト+,ケダル+,アドベエル,ミブサム+ 14  ミシュマ,ドマ,マサ, 15  ハダド​+と​テマ+,エトル,ナフィシュ​と​ケドマ+ 16  これら​は​イシュマエル​の​子​ら​で​あり,これら​は​その​中庭​ごと,また​壁​で​囲ま​れ​た​宿営​ごと​に​+挙げ​た​彼ら​の​名,すなわち​その​氏族​に​したがって​示し​た​十二​人​の​長​で​ある+ 17  そして,これ​が​イシュマエル​の​命​の​年​で​ある。すなわち​百三十七​年​で​あっ​た。その​のち​彼​は​息絶え​て​死​に,自分​の​民​の​もと​に​集め​られ​た+ 18  そして,彼ら​は​幕屋​に​住ん​で,エジプト​の​前​*の​シュル​+に​近い​ハビラ​+から​アッシリア​に​まで​及ん​だ。彼​は​その​すべて​の​兄弟​たち​の​前​に​住み着い​た​*の​で​ある+ 19  そして,これ​が​アブラハム​の​子​イサク​の​歴史​で​ある+ アブラハム​は​イサク​の​父​と​なっ​た。 20  そして​イサク​は,パダン​・​アラム​*の​シリア​人​*+ベトエル​+の​娘​で​シリア​人​ラバン​の​妹​で​ある​リベカ​を​妻​に​迎え​た​とき,四十​歳​で​あっ​た。 21  そして​イサク​は​特に​自分​の​妻​の​ため​しきり​に​エホバ​に​懇願​し​た+。彼女​が​うまずめ​で​あっ​た​から​で​ある+。それ​で​エホバ​は​彼​の​ため​に​懇願​を​聞き入れ​られ+,その​妻​リベカ​は​妊娠​し​た。 22  ところで,彼女​の​体内​の​子​ら​は​互い​に​もがき​合う​よう​に​なっ​た+。その​ため​彼女​は​言っ​た,「こんな​こと​なら,一体​何​の​ため​に​わたし​は​生き​て​*いる​の​でしょ​う」。そう​し​て​彼女​は​エホバ​に​尋ね​に​行っ​た+ 23  すると​エホバ​は​彼女​に​こう​言わ​れ​た。「二つ​の​国民​が​あなた​の​腹​に​あり+,二つ​の​国たみ​が​あなた​の​内​から​分かれ出る+。一方​の​国たみ​は​他方​の​国たみ​より​強く+,年上​の​者​が​年下​の​者​*に​仕える​で​あろ​う+」。 24  ようやく​彼女​の​出産​の​ため​の​日数​が​満ち​た​が,見よ,双子​が​その​腹​に​あっ​た+ 25  やがて​初め​の​者​が​出​て​来​た​が,その​全身​は​毛​で​でき​た​職服​+の​よう​で​赤かっ​た。それ​で​彼ら​は​その​名​を​エサウ​*と​呼ん​だ+ 26  また​その​後​に​彼​の​弟​が​出​て​来​た​が,その​手​は​エサウ​の​かかと​を​つかん​で​い​た+。それ​で​彼​は​その​名​を​ヤコブ​*と​呼ん​だ+。そして,彼女​が​その​ふたり​を​産ん​だ​とき,イサク​は​六十​歳​で​あっ​た。 27  さて,男​の​子​たち​は​大きく​なっ​て​ゆき,エサウ​は​狩り​の​仕方​を​知る​人+,野​の​人​*と​なっ​た​が,ヤコブ​は​とがめ​の​ない​人​+で​天幕​に​住ん​で​い​た+ 28  そして​イサク​は​エサウ​を​愛し​て​い​た。その​口​に​獲物​を​もたらし​た​*から​で​あっ​た。しかし​リベカ​は​ヤコブ​を​愛する​者​で​あっ​た+ 29  ある​とき​ヤコブ​が​煮物​*を​煮​て​いる​と,そこ​へ​エサウ​が​野​から​やっ​て​来​た。彼​は​疲れ​て​い​た。 30  それ​で​エサウ​は​ヤコブ​に​言っ​た,「どうか​早く,その​赤い​の,そこ​に​ある​赤い​もの​*を​少し​わたし​に​食わせ​て​くれ。わたし​は​疲れ​て​いる​の​だ」。この​ため​に​彼​の​名​は​エドム​*と​呼ば​れ​た​の​で​ある+ 31  それ​に​対し​て​ヤコブ​は​言っ​た,「あなた​の​長子​と​し​て​の​権利​+を​まず​わたし​に​売っ​て​ください!」 32  すると​エサウ​は​さらに​こう​言っ​た。「見​て​くれ,わたし​は​すぐ​に​も​死​に​そう​だ​と​いう​の​に,長子​の​権​*など​わたし​に​とっ​て​何​に​なろ​う」。 33  そこで​ヤコブ​は​加え​て​言っ​た,「まず​わたし​に​誓っ​て​ください+!」 すると[エサウ]は​彼​に​誓い,長子​と​し​て​の​権利​を​ヤコブ​に​売っ​た+ 34  それ​で​ヤコブ​は​パン​と​ひら豆​の​煮物​を​エサウ​に​与え,彼​は​食べ​たり​飲ん​だり​し​はじめ​た+。その​あと​彼​は​立っ​て​出かけ​て​行っ​た。こう​し​て​エサウ​は​長子​の​権​を​軽んじ​た+

脚注

ヘブライ​語​の​これら​三つ​の​名​に​は​いずれ​も​複数​語尾​イーム​が​付い​て​いる​から,これら​の​名​は​部族​や​民族​を​表わす​もの​と​理解​さ​れる。
「満ち足り」。七十訳,シリ訳,ウル訳,「日数​に​満ち」。
または,「東」。
「住み着い​た」。字義,「倒れ​た」,マソ本; 七十訳,「住ん​だ(定住​し​た)」; ウル訳,「死ん​だ」。
「アラム(シリア)の​平原(平地)」の​意; メソポタミア​の​一部。28:2参照。
字義,「アラム​人」。
「生き​て」,シリ訳​と​一致​さ​せ​て​挿入。27:46と​比較。
または,「小さい​ほう​の​者」。
「毛深い」の​意。ヘ語,エーサーウ。
「かかと​を​とらえる; 押しのける​者」の​意。ヘ語,ヤアコーヴ。
または,「野育ち​の​人」。
「その​口​に​獲物​を​もたらし​た」。字義,「獲物​が​彼​の​口​に​あっ​た」。
または,「ポタージュ」。
赤い​もの」。ヘ語,ハーアードーム
「赤い; 赤みがかっ​た」の​意。ヘ語,エドーム。
または,「長子​と​し​て​の​権利」。