内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 24:1‐67

24  さて,アブラハム老い高齢なっ*た。エホバすべてアブラハム祝福+  それアブラハム自分僕,すなわちうち年長持つすべてもの管理*+こう言った。「どうか,あなたわたし当てるよう+  天またあるエホバかけ誓っもらわなけれならない+。すなわち,あなたわたし息子ためわたしその住むカナンたちから迎え+  わたし国,わたし親族+もと行っぜひともわたし息子イサクため迎えるように」。  しかし言った,「もしそのわたし一緒この土地来ること望まなけれどう致しましょか。ご子息あなたられ土地+戻らせるようなけれいけないでしょか」。  それ対しアブラハム言った,「わたし息子そこ戻らせることないよう注意なさい+  わたしから,また親族*土地から召さエホバ+は,わたし語り,わたし誓っ+,『あなた+この与える+』と言わだから,あなた先立っご自分使い送っくださり+,あなた必ずやわたし息子ためそこ+から迎えることなるあろう。  だが,もしもそのあなた一緒来ること望まないすれば,そのときあなたまたわたしこの誓いから解かことなる+。ただ,わたし息子そこ戻らせることだけならない」。  そこで自分主人アブラハム当て,このこと関し誓い+ 10  それ自分主人らくだかららくだ取り,主人あらゆる良いその携え行くことなっ+。こう立って,メソポタミア*へ,ナホル都市出かけ行った。 11  ついには,夕刻,水くむたちいつも来る時分+,その都市外,水井戸ところらくだ伏さ+ 12  そしてこう言った。「わたし主人アブラハムエホバ+,どうかこのわたしそれ果たし,わたし主人アブラハムある親切+お示しください+ 13  いまところ立っおり,この都市人々たちくみ来るところです+ 14  ぜひともこうなりますように。つまり,若いで,『どうかあなた水がめ下ろし飲ませください』とわたし言うときに,『お飲みください。そしてあなたらくだ上げましょう』と言う者,そのあなた僕,イサクためぜひ選び定めくださいますよう+。そのようて,わたし主人忠節お示しなっことを,わたし知らせくださいますよう+」。 15  ところで,彼まだ語り終えないうち+,そこリベカ来るあった。それは,アブラハム兄弟ナホル+ミルカ+ベトエル+生まあった。そして,彼女水がめそのあっ+ 16  さて,そのおとめ*非常容姿良く+,処女*あって,これ性的交わり持っまだなかっ+。彼女下り行っ水がめ満たしゆき,そののち[また]上った。 17  すぐさま彼女会うため走っ行って,こう言った。「どうかあなたかめからほんの少し飲ませください+」。 18  すると彼女言った,「お飲みください,我よ」。そうすぐかめ自分降ろし飲ませ+ 19  彼飲ませ終えると,彼女続いこう言った。「あなたらくだたちためも,全部飲み終えるまでくんまいりましょ+」。 20  そして彼女かめ[の水]を急い飲みおけ空け,水くむため井戸走り+,こうすべてらくだためにくみ続けた。 21  そのずっその驚嘆ながら彼女見つめ,エホバ自分成功くださっどう知ろずっ沈黙+ 22  それで,らくだ飲み終えると,そのは,重さシェケル*鼻輪+を,また彼女ため二つ腕輪+,重さシェケルもの取り, 23  そのこう言った。「あなたどなたさんでしょか。どうかわたし言っください。あなたお父さんわたしたち過ごせるようあるでしょ+」。 24  すると彼女言った,「私ミルカベトエル+,[ミルカ]がナホル+産んございます」。 25  そして彼女さらにこう言った。「わたしどもところは,わら沢山飼い葉あり,夜お過ごしなれる場所ございます+」。 26  それそのかがめ,エホバ平伏+ 27  こう言った。「わたし主人アブラハムエホバほめたたえられますよう+。わたし主人対しある親切信頼お捨てならなかっです。わたし参りましが,エホバわたし主人兄弟たち導いくださいまし+」。 28  それおとめ走っ行き,これらついそのたち告げた。 29  ところリベカ兄弟おり,そのラバン+いった。それラバンところいるそのもと走っ行った。 30  そして,鼻輪両手ある腕輪+,妹リベカの,「そのわたしこのよう話しました」という言葉聞いみると,そのそば,らくだかたわら立っいるあった。 31  直ちに言った,「エホバ祝福+,おいでください。どうしてこんな立っおられるですか。わたしほうらくだため場所整えましに」。 32  そこでその入っが,彼らくだ装具外しわら飼い葉らくだ与えゆき,またそのおよびそれ人々洗うを[用意+]。 33  そののち食べる出されると,そのこう言った。「わたし自分用件ついお話ししまうまで頂きません」。そこでは,「お話しください!」と言っ+ 34  それその続けこう言った。「わたしアブラハムです+ 35  そしてエホバわたし主人大いに祝福ました。これ大いなるゆかれ,羊下男はしためらくだろば与えおらます+ 36  さらに,わたし主人サラは,年老いから,わたし主人産みまし+。[主人]は自分持つすべてものこれ与えるです+ 37  それ主人わたし誓いさせて,こう申しました。『あなたは,わたし息子ために,わたし住んいるカナンから迎えならない+ 38  いや,あなたわたしへ,わたし家族ところ行く+。こうわたし息子ため迎える+』。 39  しかしわたし主人申しました,『もしそのわたし一緒ようなけれどう致しましょ+』。 40  するとこ申しました。『わたしそのみ前歩ん+エホバは,み使いあなた遣わし+,あなた行く必ず成功くださるあろ+。あなたわたし息子ためどうしてわたし家族から,わたしから迎えなけれならない+ 41  あなたわたし家族もと行っとき,そのあなた誓い*よるわたし務めから解かれる。もしそのたちその[娘]をあなた渡さないあれば,そのときあなた誓いよるわたし務めから自由なる+』。 42  「今日,泉ところ着いとき,わたしこう申しました。『わたし主人アブラハムエホバ,もしわたし進むこのほんとう成功くださっいるでしたら+ 43  いまわたし立っおりますが,是非こうなりますように。つまり,水くみ来る乙女*+で,わたしが「どうかあなたかめから少しばかり飲ませください」と言うときに, 44  「あなたお飲みなり,またらくだたちためくんまいりましょう」と言う人,そのこそエホバわたし主人子息ため選び定められです+』。 45  「わたし+語り終えないうち+,そこリベカが,肩かめ載せです。彼女下り行って,水くみはじめまし+。そこでわたし言いました,『どうかわたし飲ませください+』。 46  すると彼女すぐかめ降ろし,『お飲みください+。あなたらくだたち上げましょう』と言っです。それわたし飲み,彼女らくだやっくれました。 47  そのわたし尋ねて,『あなたどなたさんですか』と言います+,彼女言いました,『ナホルベトエル,ミルカが[ナホル]に産んございます』。そこでわたし彼女鼻輪を,両手腕輪着けさせまし+ 48  そうわたしかがめエホバ平伏し,わたし主人アブラハムエホバほめたたえまし+。わたし主人子息ためその兄弟迎えるようわたしまこと導いくださっからです+ 49  ですから今,もしあなた方わたし主人対しある親切信頼確か示しくださるでしたら+,そのことわたし話しください。また,もしそうないなら,そのようおっしゃっください。それよっわたし参ります+」。 50  するとラバンベトエル答え言った,「エホバからこのます+。わたしたち善し悪しあなた言うことなどできませ+ 51  さあ,リベカあなたます。彼女連れ行って,エホバ語らとおり,あなたご主人子息ならせください+」。 52  こう彼ら言葉聞くと,アブラハムすぐさまに,エホバみ前平伏するあっ+ 53  そして品物,金品物,種々取り出しそれリベカ与え,またえり抜き品々その与え+ 54  そののち彼らつまりおよび人々食べたり飲んだりし,そこで過ごし,朝なっ起きた。 それから言った,「わたし主人ところ去らください+」。 55  すると彼女言った,「この*わたしたちもとせめて*とどまらください。そのでしたら行っよろしいです」。 56  しかし言った,「わたし引きとどめないください。エホバわたし成功くださっです+。わたし去らて,主人もと行かください+」。 57  それ彼ら言った,「娘呼ん当人から聞いましょ+」。 58  そこで彼らリベカ呼んこう言った。「あなたこの一緒行きますか」。すると彼女言った,「参りたい思います+」。 59  そこで彼ら自分たち姉妹リベカ+その乳母+,またアブラハムその一行送り出すことた。 60  そして彼らリベカ祝福こう言った。「わたしたち姉妹よ,あなた幾千*なるように。あなたそれ*憎む*入れるよう+」。 61  そのリベカその侍女たち*+立ち,らくだ乗っ+その従った。僕リベカ連れ去っ行った。 62  さて,イサクベエルラハイロイ+通ずるところあった。彼ネゲブ+住んある。 63  そしてイサク夕方なるころ静か思い巡らす*+ため歩いた。彼上げ見ると,そこらくだ[の隊]がやっ来るあった。 64  リベカ上げとき,イサク姿見え,彼女さっらくだから降りた。 65  そしてこう言った。「野歩いわたしたち迎え来るあのどなたですか」。すると言った,「あのわたし主人です」。それ彼女頭きん取っ覆っ+ 66  そしては,自分行なっすべて事柄イサク細か話しいった。 67  そのイサク彼女自分サラ天幕連れ入っ+。こうリベカめとり,彼女そのなっ+。そしてイサク彼女愛するようなり+,母亡くし*慰め+

脚注

「高齢なって」。字義,「日々おい進んで」。
管理者」。字義,「支配いる者」。ヘ語,ハンモーシェール。つまり,家令,家たち管理仕えいる者。ルカ 12:42脚注参照。
または,「故郷」。
「メソポタミア」(「川間[の地]」の意),七十訳,ウル訳; ヘ語,アラム ナハライム,「二つアラム」の意。
「さて,そのおとめは」。ヘ語,ウェハンナアラー
「処女」。ヘ語,ベトゥーラー; ギ語,パルテノス; ラ語,ウィルゴ。
1シェケル重さ11.4㌘。
「誓い」。または,「のろい」,つまり,誓約誓い違犯場合自分課する事柄。
乙女処女)」。ヘ語,ハーアルマー; ギ語,パルテノス; ラ語,ウィルゴイザ 7:14,「乙女」の脚注参照。
「この少女; 処女)」。ヘ語,ハンナアラー; ギ語,パルテノス
字義,「わたしたちもと日々,あるいは[それを]十」。シリ訳,「わたしたちもと日々月」。29:14比較。
「万幾千倍」。字義,「幾万幾千」。
または,「彼らを」,すなわち,その胤,子孫,後裔を。
「門」,すなわち,都市門。
または,「その少女たち」。
「静か思い巡らす」,七十訳,ウル訳; すなわち,自分自身語る。
字義,「彼の」。七十訳,「そのサラ関して」; ウル訳この終わり部分を,「彼は[彼女を]大いに愛し,こうて[自分の]母よる悲嘆和らげるあった」といる。