内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 23:1‐20

23  さて​サラ​の​命​は​百二十七​年​に​及ん​だ。これ​が​サラ​の​命​の​年数​で​あっ​た+  こう​し​て​サラ​は​カナン​の​地+の​キルヤト​・​アルバ​+すなわち​ヘブロン​+で​死ん​だ。アブラハム​は​そば​に​来​て​サラ[の​死]を​嘆き,泣い​て​悲しん​だ。  ようやく​アブラハム​は​死者​の​前​から​立ち上がり,その​後​ヘト​の​子​ら​*+に​話しかけ​て​こう​言っ​た。  「わたし​は​あなた方​の​間​で​外人​居留​者,また​移住​者​です+。あなた方​の​間​に​あっ​て​わたし​に​埋葬​地​を​所有​さ​せ,わたし​の​ところ​の​死ん​だ​者​を​見え​ない​ところ​に​葬る​こと​が​できる​よう​に​し​て​ください+」。  すると​ヘト​の​子​ら​は​アブラハム​に​答え​て​言っ​た,  「我​が​主​よ*+,お聞き​ください。わたしたち​の​中​に​あっ​て​あなた​は​​から​の​長​*と​なっ​て​い​ます+。わたしたち​の​埋葬​地​の​うち​の​より抜き​の​所​*に,亡くなら​れ​た​方​の​埋葬​を​なさっ​て​ください+。わたしたち​の​だれ​も,自分​の​埋葬​地​を​差し出さ​ない​よう​に​し​て​あなた​が​その​亡くなら​れ​た​方​を​葬れ​ない​よう​な​こと​は​致し​ませ​ん+」。  そこで​すぐ​アブラハム​は​立っ​て​その​土地​の​人々*,ヘト​+の​子​ら​の​前​に​身​を​かがめ+  その​人々​に​話し​て​こう​言っ​た。「死ん​だ​者​を​わたし​の​前​から​葬る​こと​に​あなた方​の​魂​が​同意​し​て​くださる​*の​でし​たら,わたし[の​願い]を​聴い​て,わたし​の​ため​に​ツォハル​の​子​エフロン​に​勧め+  彼​が​マクペラ​*の​洞くつ​を​わたし​に​譲っ​て​くれる​よう​に​し​て​ください+。それ​は​彼​の​もの​です​が,彼​の​畑地​の​端​に​あり​ます。十分​な​量​の​銀​と​引き換え​に​彼​が​あなた方​の​中​で​わたし​に​それ​を​譲り,埋葬​地​と​し​て​所有​さ​せ​て​くれる​よう​に​し​て​いただき​たい​の​です+」。 10  ところ​で​エフロン​は​ヘト​の​子​ら​の​中​に​座し​て​い​た。それ​で​ヒッタイト​人​エフロン​+は,ヘト​の​子​ら​の​聞く​ところ*,その​都市​の​門​を​入っ​て​来る​すべて​の​人​の​前​で​アブラハム​に​答え​て​こう​言っ​た+ 11  「いいえ,我​が​主​よ! お聴き​ください。その​畑地​は​確か​に​差し上げ​ます。その​中​に​ある​洞くつ​も​もちろん​あなた​に​差し上げ​ます。わたし​の​民​の​子​ら​の​目​の​前​で​わたし​は​それ​を​確か​に​差し上げる​の​です+。亡くなら​れ​た​方​の​埋葬​を​なさっ​て​ください」。 12  それ​を​聞い​て​アブラハム​は​その​土地​の​人々​の​前​に​身​を​かがめ, 13  土地​の​人々​の​聞く​ところ​で​エフロン​に​話し​て​こう​言っ​た。「ただ​もし​あなた​が ― いえ,どうか​聴い​て​ください。わたし​は​その​畑地​に​見合う​だけ​の​銀​を​お渡し​し​ます。それ​を​受け取っ​て+,わたし​の​ところ​の​死ん​だ​者​を​そこ​に​葬れる​よう​に​し​て​ください」。 14  すると​エフロン​は​アブラハム​に​答え​て​言っ​た, 15  「我​が​主​よ,お聴き​ください。銀​四百​シェケル​*の​地所,それ​が​わたし​と​あなた​と​の​間​で​何​ほど​の​こと​が​ある​でしょ​う。ですから,亡くなら​れ​た​方​の​埋葬​を​なさっ​て​ください+」。 16  そこで​アブラハム​は​エフロン[の​言葉]を​聴き入れ​た。アブラハム​は​エフロン​が​ヘト​の​子​ら​の​聞く​ところ​で​言っ​た​量​の​銀,すなわち​商人​たち​に​通用​する​銀​四百​シェケル​を​量っ​て​彼​に​渡し​た+ 17  こう​し​て,マクペラ​に​あっ​た​エフロン​の​畑地,それ​は​マムレ​の​前​に​ある​が,その​畑地​と​その​中​の​洞くつ​および​その​畑地​に​あっ​た​すべて​の​樹木+,すなわち​周囲​の​その​全​境界​内​に​あっ​た​もの​で​ある​が, 18  それ​が,ヘト​の​子​ら​の​目​の​前,その​都市​の​門​を​入っ​て​来る​すべて​の​人々​の​中​で+,アブラハム​の​買い取っ​た​資産​と​し​て​固く​定め​られ​た+ 19  その​後​に,アブラハム​は,カナン​の​地​の​マムレ​つまり​ヘブロン​の​前​に​ある​マクペラ​の​畑地​の​洞くつ​に​その​妻​サラ​を​葬っ​た+ 20  こう​し​て​その​畑地​と​そこ​に​ある​洞くつ​と​は,ヘト​の​子​ら​の​手​に​より​アブラハム​の​所有​する​埋葬​地​と​し​て​固く​定め​られ​た+

脚注

「ヘト​の​子​ら」。ヘ語,ヴェネー​・​ヘート。または,「ヒッタイト​人」。
「我​が​主​よ」。ヘ語,アドーニー,「主; 主人」(単)を​意味​する​アードーン​と​いう​語​に,「わたし​の」を​意味​する​人称​接尾辞「イー」が​付い​た​形。
または,「あなた​は​力​ある​長」。
字義,「選ば​れ​た​もの」。
字義,「その​地​の​民​に」。ヘ語,レアム​・​ハーアーレツ
字義,「あなた方​の​(単)が​共​に​ある」。集合​的​に​用い​られ​て​いる。ヘ語,エト​・​ナフシェケム; ギ語,プシュケーイ
字義,「重なり」。二​重​の​入口​の​ため​か,二つ​の​くぼみ​ない​し​は​入れ​場​の​ため​で​あろ​う。ヘ語,ハンマクペーラー
字義,「子​ら​の​耳​の​ところ」。
価格​の​算定​は​付録8イ参照。