内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 22:1‐24

22  さて,こうあっからあるが,[まことの]アブラハム試みられ+。そしてに,「アブラハムよ」と言わた。それ対しは,「はい,私ここおります!」と言っ+  すると,続こう言わた。「どうか,あなた子,あなた深く愛するひとり子+イサク+連れモリヤ+し,そこおいて,わたしあなた指定する一つで,これ焼燔捧げ物ささげるよう+」。  それアブラハム早く起き,自分ろば置き,従者*息子イサク伴っ+。そして焼燔捧げ物ためまき割った。それから起こし,[まことの]指定場所向け旅立った。  三なっから,アブラハム上げるその場所遠くから見えるようなった。  そこでアブラハムたち+言った,「あなた方ろばこことどまっなさい。わたしこのは,あそこまで進ん行っ崇拝ささげ+,それからあなた方ところ戻っよう思うだ」。  そのアブラハム焼燔捧げ物ためまき取っ息子イサク負わ+,自分屠殺短刀取った。そして,二進ん行っ+  やがてイサクそのアブラハム語りかけて,「父上+!」と言った。彼それ答えて,「わたしここいる,我よ!」と言っ+。それで[イサク]は続け言った,「ここまきありますが,焼燔捧げ物ためどこいるです+」。  これアブラハム言った,「我よ,自ら焼燔捧げ物ため備えくださるあろ+」。こう歩きつづけた。  ついには[まことの]指定場所着いた。それアブラハムそこ祭壇築き+,まき並べ,息子イサク縛って,祭壇上,そのまき寝かせ+ 10  次アブラハム伸ばし,屠殺短刀取り,自分殺そ+ 11  ところが,エホバみ使から呼びかけ+,「アブラハム,アブラハムよ!」と言った。それ対しは,「はい,私ここおります!」と答えた。 12  すると[み使い]はさらに言った,「あなたその少年下しならない。これ行なっならない+。わたし今,あなた自分子,あなたひとり子さえわたし与えること差し控えなかっで,あなた恐れるある*ことよく知っ+」。 13  そこでアブラハム上げ見ると,ずっ前方に,一雄羊やぶ絡め動けなくなっいるあった。それアブラハム行っその雄羊捕まえ,自分代わりそれ焼燔捧げ物ささげ+ 14  そしてアブラハムそのエホバイルエ*呼ぶようなった。それゆえに今日も,「エホバそれ備えられるあろ*+」と言い習わさいるある。 15  次エホバみ使い再度からアブラハム呼びかけ 16  こうた。「『わたし自らかけまさに誓う』と,エホバお告げなる+,『あなたこのこと行ない,あなた子,あなたひとり子さえ与えること差し控えなかっ+ゆえに, 17  わたしあなた祝福し,あなた確か殖やしように,海辺ようする+。あなたその*入れるあろ+ 18  そして,あなた+よっすべて必ず自ら祝福するあろ*。あなたわたし聴き従っからある+』」。 19  そのアブラハム自分従者たちところ戻り,一行立っベエルシェバ+向かった。そしてアブラハムそのベエルシェバ住んだ。 20  さて,こうあっからこと,このよう知らせアブラハムもと届いた。「ご覧なさい,ミルカ+あなた兄弟ナホル+息子たち産みました。 21  そのウツ,その兄弟ブズ+,アラムケムエル, 22  それケセド,ハゾ,ピルダシュ,イドラフ,ベトエル+です」。 23  そしてベトエルリベカ+なった。ミルカこれらアブラハム兄弟ナホル産んだ。 24  またそばめて,そのレウマいった。やがて彼女テバハ,ガハム,タハシュ,マアカ+産んだ。

脚注

または,「少年」。
または,「あなた恐れいる」。
「エホバは[それを]見届けられる; エホバ備えくださる」の意。ヘ語,エフワー イルエ。
「エホバそれ備えられるあろう」。ヘ語,ベハル エフワー エーラーエ; 七十訳,「山られた(受身)」; シリ訳,「このご覧なるあろう」; ウル訳,「山ご覧なるあろう」。この全体わずか修正て,「エホバ現われる今日呼ばれるとおりある」と読むいる。
「門」,すなわち,都市門。
「必ず自ら祝福するあろう」。このヘブライ動詞再帰つまりヒトパエールで,12:3後半ある同じ動詞ニフアル異なっいる。ニフアル受動意味持つが,そこで訳さいるとおり,再帰意味持つこと多い。七十訳,シリ訳,ウル訳は,「祝福れるあろう」とおり,12:3後半同様ある。申 29:19比較。