内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 21:1‐34

21  そして​エホバ​は​ご自分​の​言わ​れ​た​とおり​サラ​に​注意​を​向け​られ​た。エホバ​は​いま​サラ​に​対し​て​その​語ら​れ​た​とおり​に​行なわ​れ​た​の​で​ある+  それ​で​サラ​は​妊娠​し+,やがて​神​が​語ら​れ​た​その​定め​の​時​に,老齢​の​アブラハム​に​男​の​子​を​産ん​だ+  そこで​アブラハム​は,自分​に​生ま​れ​た​子,サラ​が​彼​に​産ん​だ​子​の​名​を​イサク​と​呼ん​だ+  次い​で​アブラハム​は,神​に​命じ​られ​た​とおり,生後​八​日​目​に​その​子​イサク​に​割礼​を​施し​た+  そして,その​子​イサク​が​生ま​れ​た​とき,アブラハム​は​百​歳​で​あっ​た。  その​とき​サラ​は​言っ​た,「神​は​わたし​の​ため​に​笑い​を​備え​て​ください​まし​た。だれ​で​も​これ​に​つい​て​聞く​人​は​わたし​の​こと​で​笑う​でしょ​う+」。  加え​て​彼女​は​言っ​た,「『サラ​は​必ず​子供​ら​に​乳​を​飲ませる​よう​に​なる』など​と,だれ​が​アブラハム​に​言え​た​でしょ​う。それなのに​わたし​は​あの​人​の​老年​に​なっ​て​男​の​子​を​産み​まし​た」。  さて,子供​は​成長​を​続け​て​乳離れ​する​こと​に​なっ​た+。そこで​アブラハム​は​イサク​の​乳離れ​する​日​に​大きな​宴​を​催し​た。  ところ​で​サラ​は,エジプト​人​ハガル​の​子+,すなわち​その​女​が​アブラハム​に​産ん​だ​者​が​からかっ​て​いる​+の​に​ずっ​と​気づい​て​い​た。 10  それ​で​彼女​は​アブラハム​に​こう​言い​はじめ​た。「この​奴隷​女​と​その​子​を​追い出し​て​ください! この​奴隷​女​の​子​が​わたし​の​子​と,イサク​と​一緒​に​相続​人​と​なる​こと​は​ない​の​ですから+」。 11  しかし​これ​は,自分​の​息子​に​関する​こと​で​も​あり,アブラハム​に​とっ​て​は​非常​に​不快​で​あっ​た+ 12  その​とき​神​は​アブラハム​に​こう​言わ​れ​た。「その​少年​と​あなた​の​奴隷​女​と​に​つい​て​サラ​が​言い​つづけ​て​いる​こと​を​何事​も​不快​に​思っ​て​は​いけ​ない。その​声​を​聴き入れ​よ。あなた​の​胤​と​呼ば​れる​もの​は​イサク​を​通し​て​来る​から​で​ある+ 13  そして​この​奴隷​女​の​子​+に​つい​て​も,わたし​は​これ​を​一つ​の​国民​と​する。彼​も​あなた​の​子孫​だ​から​で​ある+」。 14  それ​で​アブラハム​は​朝早く​起き,パン​と​水​の​皮袋​を​取っ​て​ハガル​に​与え+,それ​を​彼女​の​肩​に​載せ,また​その​子供​を[渡し​て+]彼女​を​去ら​せ​た。それ​で​彼女​は​出​て​行っ​て​ベエル​・​シェバ​*+の​荒野​を​さまよっ​た。 15  ついに​皮袋​の​中​の​水​は​尽き+,彼女​は​その​子供​を​一つ​の​茂み​の​下​に​投げ出し​た+ 16  それ​から​自分​は​進ん​で​行っ​て,弓​を​射れ​ば​届く​ほど​の​所​に​独り​で​座っ​た。「この​子​が​死ぬ​の​を​見​ない​で​よい​よう​に」と​言う​の​で​あっ​た+。こう​し​て​彼女​は​少し​離れ​た​所​に​座り,声​を​上げ​て​泣き​はじめ​た*+ 17  すると​神​は​その​少年​の​声​を​聞き+神​の​み使い​が​天​から​ハガル​に​呼びかけ​て​こう​言っ​た+。「ハガル​よ,どう​し​た​の​か。恐れ​て​は​いけ​ない。神​は​少年​の​いる​その​所​で​彼​の​声​を​聴か​れ​た​から​で​ある。 18  立っ​て​少年​を​抱え上げ,あなた​の​手​で​支え​なさい。わたし​は​彼​を​大いなる​国民​と​する​から​で​ある+」。 19  その​のち​神​が​彼女​の​目​を​開け​られ​た​ため,彼女​は​水​の​井戸​を​見つけ​た+。それ​で​彼女​は​行っ​て​皮袋​に​水​を​満たし,また​少年​に​も​飲ませ​た。 20  そして​神​は​引き続き​少年​と​共​に​おら​れ+,彼​は​成長​し​て​ゆき,ずっ​と​荒野​に​住ん​で​い​た。彼​は​弓​を​射る​者​と​なっ​た*+ 21  そして​彼​は​パラン​の​荒野​+に​住む​よう​に​なり,その​のち​母​は​彼​の​ため​に​エジプト​の​地​から​妻​を​迎え​た。 22  さて,その​ころ​の​こと​で​ある​が,アビメレク​が​その​軍​の​長​フィコル​と​共​に​アブラハム​に​こう​言っ​た。「神​*は​あなた​の​し​て​いる​すべて​の​事​に​おい​て​あなた​と​共​に​おら​れ​ます+ 23  ですから​今​ここ​で,わたし​と​わたし​の​子孫​また​後裔​に​対し​て​偽り​と​なる​こと​は​し​ない​と+神​に​かけ​て​わたし​に​誓っ​て​ください+。すなわち,わたし​が​あなた​に​対し​忠節​な​愛​を​もっ​て​行動​し​て​き​た​よう​に+,あなた​も​わたし​に​対し,また​あなた​が​外国​人​と​し​て​住ん​で​き​た​この​土地​に​対し​て​その​よう​に​行動​する​と+」。 24  それ​で​アブラハム​は,「わたし​は​誓い​ます」と​言っ​た+ 25  アビメレク​の​僕​たち​が​力ずく​で​奪っ​た​水​の​井戸​+の​こと​で​アブラハム​が​アビメレク​を​厳しく​批判​する​と, 26  その​とき​アビメレク​は​こう​言っ​た。「わたし​は​だれ​が​その​よう​な​事​を​し​た​の​か​知り​ませ​ん。あなた​の​ほう​で​も​それ​を​わたし​に​話し​て​くれ​ませ​ん​でし​た​し,わたし​の​ほう​も​今日​まで​その​件​に​つい​て​聞か​なかっ​た​の​です+」。 27  そこで​アブラハム​は​羊​と​牛​を​取っ​て​アビメレク​に​与え+,次い​で​その​両人​は​契約​を​結ん​だ*+ 28  アブラハム​が​群れ​の​うち​雌​の​子羊​七​匹​を​別​に​する​と, 29  アビメレク​は​アブラハム​に​さらに​言っ​た,「ここ​に​あなた​の​別​に​し​た​これら​七​匹​の​雌​の​子羊​が​い​ます​が,どう​いう​意味​です​か」。 30  それ​で​彼​は​言っ​た,「あなた​が​この​七​匹​の​雌​の​子羊​を​わたし​の​手​から​受け取り,それ​を​わたし​の​ため,わたし​が​この​井戸​を​掘っ​た​と​いう​証し​+と​する​の​です」。 31  このゆえに​彼​は​その​場所​を​ベエル​・​シェバ​と​呼ん​だ+。そこ​に​おい​て​その​両人​が​誓い​を​立て​た​から​で​あっ​た。 32  こう​し​て​彼ら​は​ベエル​・​シェバ​で​契約​を​結び+,その​後​アビメレク​は​軍​の​長​フィコル​と​共​に​立っ​て​フィリスティア​人​の​地​+に​帰っ​て​行っ​た。 33  その​のち​彼​は​ベエル​・​シェバ​に​ぎょりゅう​の​木​を​植え,その​所​で,定め​なく​存在​さ​れる​神​*+エホバ​の​名​を​呼び求め​た+ 34  そして​アブラハム​は​フィリスティア​人​の​地​に​ずっ​と​外国​人​と​し​て​とどまっ​て​多く​の​日​に​及ん​だ+

脚注

「誓い​の[または,七つ​の]井戸」の​意。ヘ語,ベエール シャーヴァ。
「声​を​上げ​て​幼子​は​泣い​た」,七十訳。
字義,「弓​を​射る​者,弓​を​持つ​者​と​なっ​た」。
ヘ語,エローヒーム。卓越​を​表わす​複数​形​で,定冠詞​は​付い​て​い​ない。
「結ん​だ」。または,「切っ​た」。
または,「定め​の​ない​時​に​至る​神」。ヘ語,エール オーラーム,「とこしえ​の​神」。