内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 21:1‐34

21  そしてエホバご自分言わとおりサラ注意向けられた。エホバいまサラ対しその語らとおり行なわある+  それサラ妊娠+,やがて語らその定めに,老齢アブラハム産ん+  そこでアブラハムは,自分生ま子,サラ産んイサク呼ん+  次いアブラハムは,命じられとおり,生後そのイサク割礼施し+  そして,そのイサク生まとき,アブラハムあった。  そのときサラ言った,「わたしため笑い備えくださいました。だれこれつい聞くわたしこと笑うでしょ+」。  加え彼女言った,「『サラ必ず子供飲ませるようなる』などと,だれアブラハム言えでしょう。それなのにわたしあの老年なっ産みました」。  さて,子供成長続け乳離れすることなっ+。そこでアブラハムイサク乳離れする大きな催した。  ところサラは,エジプトハガル+,すなわちそのアブラハム産んからかっいる+ずっ気づいた。 10  それ彼女アブラハムこう言いはじめた。「この奴隷その追い出しください! この奴隷わたしと,イサク一緒相続なることないですから+」。 11  しかしこれは,自分息子関することあり,アブラハムとっ非常不快あっ+ 12  そのときアブラハムこう言わた。「その少年あなた奴隷ついサラ言いつづけいること何事不快思っいけない。その聴き入れよ。あなた呼ばれるものイサク通し来るからある+ 13  そしてこの奴隷+ついも,わたしこれ一つ国民する。彼あなた子孫からある+」。 14  それアブラハム朝早く起き,パン皮袋取っハガル与え+,それ彼女載せ,またその子供を[渡し+]彼女去らた。それ彼女行っベエルシェバ*+荒野さまよった。 15  ついに皮袋尽き+,彼女その子供一つ茂み投げ出し+ 16  それから自分進ん行って,弓射れ届くほど独り座った。「この死ぬないよいように」と言うあっ+。こう彼女少し離れ座り,声上げ泣きはじめ*+ 17  するとその少年聞き+み使いからハガル呼びかけこう言っ+。「ハガルよ,どうか。恐れいけない。少年いるその聴かからある。 18  立っ少年抱え上げ,あなた支えなさい。わたし大いなる国民するからある+」。 19  そののち彼女開けられため,彼女井戸見つけ+。それ彼女行っ皮袋満たし,また少年飲ませた。 20  そして引き続き少年おら+,彼成長ゆき,ずっ荒野住んた。彼射るなっ*+ 21  そしてパラン荒野+住むようなり,そののちためエジプトから迎えた。 22  さて,そのころことあるが,アビメレクそのフィコルアブラハムこう言った。「*あなたいるすべておいあなたおらます+ 23  ですからここで,わたしわたし子孫また後裔対し偽りなることない+かけわたし誓っください+。すなわち,わたしあなた対し忠節もっ行動よう+,あなたわたし対し,またあなた外国住んこの土地対しそのよう行動する+」。 24  それアブラハムは,「わたし誓います」と言っ+ 25  アビメレクたち力ずく奪っ井戸+ことアブラハムアビメレク厳しく批判すると, 26  そのときアビメレクこう言った。「わたしだれそのよう知りません。あなたほうそれわたし話しくれませでしし,わたしほう今日までそのつい聞かなかっです+」。 27  そこでアブラハム取っアビメレク与え+,次いその両人契約結ん*+ 28  アブラハム群れうち子羊すると, 29  アビメレクアブラハムさらに言った,「ここあなたこれら子羊ますが,どういう意味ですか」。 30  それ言った,「あなたこの子羊わたしから受け取り,それわたしため,わたしこの井戸掘っいう証し+するです」。 31  このゆえにその場所ベエルシェバ呼ん+。そこおいその両人誓い立てからあった。 32  こう彼らベエルシェバ契約結び+,そのアビメレクフィコル立っフィリスティア+帰っ行った。 33  そののちベエルシェバぎょりゅう植え,そので,定めなく存在れる*+エホバ呼び求め+ 34  そしてアブラハムフィリスティアずっ外国とどまっ多く及ん+

脚注

「誓いの[または,七つの]井戸」の意。ヘ語,ベエール シャーヴァ。
「声上げ幼子泣いた」,七十訳。
字義,「弓射る者,弓持つなった」。
ヘ語,エローヒーム。卓越表わす複数で,定冠詞付いない。
「結んだ」。または,「切った」。
または,「定めない至る神」。ヘ語,エール オーラーム,「とこしえ神」。