内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 20:1‐18

20  さて,アブラハムそこ+からネゲブ宿営移し,カデシュ+シュル+住まい設け,ゲラル+外国住むようなった。  そしてアブラハム自分サラついて,「これわたしです+」と繰り返し言った。そこでゲラルアビメレク*遣わしサラ召し入れ+  そののちアビメレクところて,こう言わた。「見よ,あなた自分召し入れゆえにすでに死ん同然ある+。彼女所有その所有いるからある+」。  ところアビメレクまだ彼女近づいなかっ+。そのため言った,「エホバ*よ,あなた全くかなっ国民殺されるです+  あのわたしに,『これわたしです』と言っではありませか。そして彼女ほうまた,『これわたしです』と言いませでしか。わたし正直心,潔白これ行なっです+」。  すると[まことの]言わた,「わたしも,あなた正直これ行なっこと知っ+。だからこのわたしも,あなたとどめわたし対しおかさないよう+。そのためあなた彼女触れること許さなかっある+  だが今,その返しなさい。彼預言*あり+,あなたため祈願くれるあろ+。そのよう生き続けなさい。しかし,もし彼女返さないなら,あなたは,すなわちあなたあなた属するすべて必ず至るいうこと知りなさい+」。  それアビメレク朝早く起き,自分すべてたち呼んで,これらことつき残らずその話した。すると人々非常恐れるあった。  それからアビメレクアブラハム呼んこう言った。「あなたわたしたちいうことか。わたしあなたどんな犯しいうで,わたしわたし王国このよう大きなもたらし+。しならない行為を,あなたわたし対し行なっ+」。 10  アビメレクなおもアブラハム言った,「あなたもくろんこのようこと+」。 11  これ対しアブラハム言った,「わたし自分こう言っです。『この場所*恐れなどない違いない+。彼らわたしゆえにきっとわたし殺すだろ+』と。 12  しかも彼女ほんとうわたしで,わたしあり,ただわたしないだけです。それわたしなっです+ 13  そして,わたしからさすらいならせ*ときことです+,わたしそのとき彼女こう言っです。『これあなたある親切*+もらうことが,どこわたしたち行くは,わたしことを,「これわたしです」と言っおくれ+』」。 14  そのアビメレク下男はしため連れアブラハム与え,そのサラ返し+ 15  さらにアビメレク言った,「さあ,わたし土地あなた用い*。あなた良い思える住みなさい+」。 16  そしてサラ向かっこう言った。「さあ,わたし銀子*あなた+確か差し上げます。ご覧なさい,これ*いるすべて対し,またあらゆるで,あなたためその覆うもの*あり+,あなた非難すすがいるです*」。 17  それアブラハムは[まことの]祈願ささげはじめ+。次い*アビメレクその奴隷たちいやし,そのたち産むようなった。 18  エホバアブラハムサラことアビメレクすべて固く閉ざしおらある+

脚注

「アビメレク」。多分,公式称号あろう。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「預言者」。ヘ語,ナーヴィー; この最初来る箇所。
ヘ語,エローヒーム,複数形。アブラハム卓越表わす。
「さすらいならせた」。ここ用いられいる動詞は,エローヒーム(「神」)と対応複数形; サマ五,「さすらいならせた」,単数形。
または,「あなた忠節」。ヘ語,ハスデーク。
または,「土地あなた対し開かいる」。字義,「土地あなたある」。
「銀子」,すなわち,銀シェケル。ヘ語,ケセフ。
または,「彼」。ヘ語,フー,男性形。
「その覆うもの」。ヘブライ慣用で,女性名誉損なわないこと法的宣言し,他人々彼女対する言いがかり晴らすこと表わす。
または,「『その覆うものです』。こう彼女[サラ]はあかし立てられた」。
ヘ語,エローヒーム。定冠詞「ハー」は付いない。