アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

創世記 20:1-18

20  さて,アブラハムはそこ+からネゲブの地に宿営を移し,カデシュ+とシュル+の間に住まいを設け,ゲラル+に外国人として住むようになった。  そしてアブラハムは自分の妻サラについて,「これはわたしの妹です+」と繰り返し言った。そこでゲラルの王アビメレク*は人を遣わしてサラを召し入れた+  そののちは夜の夢の中でアビメレクのところに来て,こう言われた。「見よ,あなたは自分の召し入れた女のゆえにすでに死んだも同然である+。彼女は別の所有者にその妻として所有されているからである+」。  ところでアビメレクはまだ彼女に近づいてはいなかった+。そのため彼は言った,「エホバ*よ,あなたは全く義にかなった国民をも殺されるのですか+  あの人はわたしに,『これはわたしの妹です』と言ったではありませんか。そして彼女のほうもまた,『これはわたしの兄です』と言いませんでしたか。わたしは正直な心,潔白な手でこれを行なったのです+」。  すると[まことの]は夢の中で彼に言われた,「わたしとしても,あなたが正直な心でこれを行なったことを知っていた+。だからこのわたしも,あなたをとどめてわたしに対し罪をおかさせないようにしていた+。そのためあなたが彼女に触れることを許さなかったのである+  だが今,その人の妻を返しなさい。彼は預言者*であり+,あなたのために祈願をしてくれるであろう+。そのようにして生き続けなさい。しかし,もし彼女を返さないなら,あなたは,すなわちあなたもあなたに属するすべての者も必ず死に至るということを知りなさい+」。  それでアビメレクは朝早く起き,自分のすべての僕たちを呼んで,これらのことにつき残らずその耳に話した。すると人々は非常に恐れるのであった。  それからアビメレクはアブラハムを呼んでこう言った。「あなたはわたしたちに何ということをしたのか。わたしがあなたにどんな罪を犯したというので,わたしとわたしの王国とにこのように大きな罪をもたらしたのか+。してはならない行為を,あなたはわたしに対して行なったのだ+」。 10  アビメレクはなおもアブラハムに言った,「あなたは何をもくろんでこのようなことをしたのか+」。 11  これに対してアブラハムは言った,「わたしは自分にこう言ったのです。『この場所には*への恐れなどないに違いない+。彼らはわたしの妻のゆえにきっとわたしを殺すだろう+』と。 12  しかも彼女はほんとうにわたしの妹で,わたしの父の娘であり,ただわたしの母の娘ではないだけです。それがわたしの妻となったのです+ 13  そして,がわたしを父の家からさすらいの身とならせた*ときのことですが+,わたしはそのとき彼女にこう言ったのです。『これはあなたの愛ある親切*+としてしてもらうことなのだが,どこでもわたしたちの行く所では,わたしのことを,「これはわたしの兄です」と言っておくれ+』」。 14  その後アビメレクは羊・牛・下男・はしためを連れて来てアブラハムに与え,その妻サラを彼に返した+ 15  さらにアビメレクは言った,「さあ,わたしの土地はあなたが用いてよい*。あなたの目に良いと思える所に住みなさい+」。 16  そしてサラに向かってこう言った。「さあ,わたしは銀子*千枚をあなたの兄上+に確かに差し上げます。ご覧なさい,これ*は共にいるすべての人に対し,またあらゆる人の前で,あなたのためにその目を覆うもの*であり+,あなたは非難をすすがれているのです*」。 17  それでアブラハムは[まことの]に祈願をささげはじめた+。次いで*はアビメレクとその妻と奴隷女たちをいやし,その女たちは子を産むようになった。 18  エホバはアブラハムの妻サラのことでアビメレクの家のすべての胎を固く閉ざしておられたのである+

脚注

「アビメレク」。多分,公式の称号であろう。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「預言者」。ヘ語,ナーヴィー; この語が最初に出て来る箇所。
ヘ語,エローヒーム,複数形。アブラハムの神の卓越を表わす。
「さすらいの身とならせた」。ここで用いられている動詞は,エローヒーム(「神」)と対応して複数形; サマ五,「さすらいの身とならせた」,単数形。
または,「あなたの忠節な愛」。ヘ語,ハスデーク。
または,「土地はあなたに対して開かれている」。字義,「土地はあなたの前にある」。
「銀子」,すなわち,銀のシェケル。ヘ語,ケセフ。
または,「彼」。ヘ語,フー,男性形。
「その目を覆うもの」。ヘブライ語の慣用句で,女性としての名誉が損なわれていないことを法的に宣言し,他の人々の目の前で彼女に対する言いがかりを晴らすことを表わす。
または,「『その目を覆うものです』。こうして彼女[サラ]は身のあかしを立てられた」。
ヘ語,エローヒーム。定冠詞「ハー」は付いていない。