内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 2:1‐25

2  こうおよびその全軍完成+  そして,七までその行なわ完了し,次いに,行なわすべて休ま*+  それから祝福それ神聖され*。その[日]に,造る*ため創造行なっそのすべて休んおられる*ある+  これは,天創造とき,エホバ**造らおけるその歴史ある*+  さて,野茂みまだられず,野草木まだ生え出なかった。エホバ降らせ+おらず,地面耕すなかっからある。  ただ,霧+*から立ち上っ全面潤し+  それからエホバ地面*+形造り+,その鼻孔*吹き入れられ+。すると生き+*なった。  さらに,エホバ*エデン+に,そのほう**設け,ご自分形造っ+そこ置かた。  そうエホバは,見好ましく食物良いあらゆる地面から生えさせ,また真ん中+を,そして善悪知識+を[生えさせた]。 10  さて,川エデンから発し*潤し,そこから分かれ出て,いわば四つなった。 11  第ものピションいう。それハビラ+全土巡るもので,そこある。 12  そしてその良質ある+。そこブデリウム樹脂+しまめのう+ある。 13  またギホンいう。それクシュ*全土巡るものある。 14  また,第ヒデケル*+いう。それアッシリア*+行くものある。そして,第ユーフラテス*+ある。 15  それからエホバ取っエデン+住ませ,それ耕させ,またその世話させ+ 16  また,エホバ命令与えこう言わた。「園すべてから,あなた満ち足りるまで食べ+ 17  しかし,善悪知識ついは,あなたそれから食べならない。それから食べるあなた必ず死ぬ*からある+」。 18  次いエホバ*言わた,「人独りままいる良くない。わたしために,彼補うもの*なる助け手造ろ+」。 19  さて,エホバあらゆる野獣あらゆる飛ぶ生き物地面から形造っおら*が,人それぞれ呼ぶ見るため,それらところ連れられるようなった。そして,人それを,すなわちそれぞれ生き+どのよう呼んも,それすべてそのなっ+ 20  それは,すべて家畜飛ぶ生き物あらゆる野獣付けが,人ためは,これ補うものなる助け手見いださなかっ* 21  そこでエホバ深い眠り+臨ませ,彼眠っいるに,そのあばら骨一つ取り,次いそこふさがた。 22  それからエホバ*は,人から取っあばら骨造り上げ,それところ連れられ+ 23  すると言った,「これこそついにわたし骨,わたし+これは“女*”と呼ばよう。から*取らだから+」。 24  それゆえに,男その離れ+自分*堅く付き,ふたり一体なるある+ 25  そしてそのふたりは,すなわちその+ままあっが,それでも恥ずかしく思わなかっ+

脚注

「次いで……休また」。ヘ語,ワイイシュボート。ここ動詞完了あり,完成ない,もしくは継続行為,ないし進行行為表わしいる。付録3ハ参照。
「それ神聖され」。または,「それ神聖ものされ(それなるもの扱わ)」。ヘ語,ワイカッデーシュ オートー; ラ語,エト サンクティフィカーウィト イッルム。出 31:13脚注参照。
「造る」,つまり,天すべて限定ものを。
または,「まさしく休まれる(やめられる)」。ヘ語,シャーヴァト,完了態。これは,神の,創造おける特色示しいる。シャーヴァトこのよう訳すことは,ヘブ 4:3‐11の,霊感受け筆者論議一致する。2脚注参照。
「エホバ」。ヘ語,יְהוָה(YHWH,ここは,エフワー読むよう母音符号打たいる),「彼ならせる」の意(ヘ語,הָוָה[ハーワー,「なる」]の変化形); 七十訳アレ写(ギ語),キュリオス; シ語,マールヤー; ラ語,ドミヌス。神ご自身独特名,יהוה(YHWH)が来る最初箇所; ヘブライこの文字テトラグラマトン呼ばれる。神このみ名は,エホバ目的もっ行動するあること示しいる。まことだけ正当に,また真実意味この帯びることできる。付録1イ参照。
「エホバ神」。ヘ語,エフワー エローヒーム。この表現で,エローヒームヘブライ定冠詞「ハー」が付いないものは,創 1‐320用いられいる。エフワー ハーエローヒームいう表現最初来る一 22:1で,その箇所で,そのは,「[まことの]神エホバ」と訳さいる。付録1イ参照。
または,「これらは……その歴史起源ある」。ヘ語,エーッレ トーレドート,「これらは……生み出しものある」; ギ語,ハウテー ヘー ビブロス ゲネセオース,「これは……起源(起こり)のある」。ラ語,イスタエ ゲネラーティオーネース,「これらは……世代ある」。マタ 1:1脚注比較。
または,「ただ,蒸気が」。ヘ語,ウェエード; 七十訳(ギ語,ペーゲー),ウル訳(ラ語,フォンス),シリ訳,「泉」,地下真水流れ暗示いる; タル,「雲」。
「塵」。または,後期おけるこのヘブライ製陶関係用法よれば,「粘土」。ヘ語,アーファール。
「命」。ヘ語,ニシュマト(ネシャーマー変化形)ハイイーム。
「生き[呼吸する生き物]に」。ヘ語,レネフェシュ ハイヤー; ギ語,ψυχὴν ζῶσαν(プシュケーン ゾーサン,「生き」); ラ語,アニマム ウィーウェンテム。1:20,21,30; コリ一 15:45; 付録4イ参照。
「エホバ」。ヘ語,エフワー; 七十訳パピ写,オクシ,VII,1007。西暦3世紀この皮紙断片は,818ある名「エホバ」を,その最初文字ヨードを“Z”と記し二つ続け,その二つ文字真ん中水平まっすぐ引い表わしいる。付録1ハ§6参照。
「そのほうに」。ウル訳,「初めから」。
エデンに……園[または,庭園]を」。ヘ語,ガンエーデン(「エデン」は「楽しみ; 喜び」を意味する); 七十訳バグスター(ギ語),パラデイソン エン エデム; ラ語,パラディースム ウォルプターティス,「楽しみ楽園<パラダイス>を」。
この部分ヘブライ分詞で,継続流れあること示しいる。
ヘ語,クーシュ; 七十訳,ウル訳,「エチオピア」。
ヘ語,ヒッデケル; 七十訳,ウル訳,「チグリス」。
「アッシリア」。ヘ語,アッシュール; 七十訳,ウル訳,「アッシリアたち」。
「ユーフラテス」,七十訳,ウル訳; ヘ語,フェラート。
「あなた必ず死ぬ」。字義,「死ぬ,あなた死ぬ」。ヘ語,モート タームート; 聖書つい述べる最初箇所。エゼ 3:18脚注参照。
付録1ハ§6参照。
「彼補うもの」。または,「彼なるもの」,彼適合するもの。
は,これなお創造日。ここ用いられいる「形造る」という動詞完了は,継続する進行行為表わしいる。付録3ハ参照。
字義,「これ補うものなる助け手見いださなかった」。
ヘ語,エフワー。
字義,「女性人」。ヘ語,イッシャー。
から」。ヘ語,メーイーシュ
または,「女」。